修行するぞ、修行するぞ、修行するぞ、出来るだけハードな修行をするぞ的境地

 12月2日。

 予報を見れば、今日からいよいよ冬に入るような気配。
 しかし、ムーンマジックが使える潮汐の曲線と休日。暖かくはないが、釣りのしやすい陽気。出家修行者としてこんな日に怠るわけにはいくまい。

 風は北から。
 今日入るべきは、宇奈根エリアか、五本松上流エリアか。いずれも北風の際にポイントを絞りやすいエリアだ。
 府中の温排水流れ出し下流周辺も地形が変わっているのを確認しているので気にはなっていたが、近場で釣りができるに越したことはことはない。
 結局、移動の手軽さを優先し、ポイントは狭いが、手間取らずにナマズにもスモールマウスにも振れる五本松上流側に決定。
 流芯はスモールマウスの通り道、ウインディサイドはナマズのフィーディング場所という具合で、その両方が手の届く範囲にまとまっているのがこのエリアだ。

 準備を済ませ、午前中に現地入り。
 風は予報通り下流側に吹きつけ、本流は濁り気味。水路の水はクリアだが、こちらの水温は低いのか、進入するコイの姿は見えない。本流と水路の水が交わる付近に小魚の群れと単体で泳ぐ大型のアユの姿が見える。
 どうやら本流の水温の方が高いようだ。
 
 上げ止まりの時間帯に入るまで流れの筋にキャロライナリグを打ち、スモールマウスの回遊を待ち、ウインディサイドのシャローフラットにはリップレスクランクを打ち、動いているナマズを探す、という感覚でポイントを交互する。
 そして三度目のフラット打ちでナマズのバイトを得るが、途中ばれ、ラトル抜きしたレアリスバイブを失う。
 何故?と見れば結び目が解けていた…こんな低次元のミスを犯すとは、と大いに気勢を挫かれる。

 冷静さを取り戻すため、一度帰宅し、昼食がてらレアリスバイブのサイレント化手術を施す。
 エポキシ硬化を待って、再び月の魔法が効き始める時間帯に再出発。
 午後は釣り人の数も増え、スモールマウスを窺うポイントには先客。
 風向きは変わっていなかったのでナマズのみに狙いを絞る。
 ちょうどその頃、水面を観察していた、コイ師だというおじさんにロッドの値段を尋ねられたのをきっかけに会話が弾む。
 話しただけで、わかってらっしゃる方だということが伝わってくる。ただの話好きの釣り師も中にはいるが、上手い釣り師はルアー、エサ問わず会話をしていれば察しがつく。

 さて実釣のほうはというと、この日、この場所で最も確率が高いであろうというタイミングでキャストを続けてみたところ、生き物たちの息遣いは活発になってきたが、ナマズからの回答は得られず。

 釣れる状況にあって取りこぼしてしまったことが悔やまれた。
スポンサーサイト

テーマ : 足立区の社長
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード