ヌキの友を得る

 11月18日。

 ホットナイフを買った。
 多摩川でプラグでの釣りの成功率を高めようとするならば、邪魔になってくるのが“バスに強烈にアピールする”ラトルサウンドである。甲高く重複する内部反響音は最悪で、魚を遠ざけていると感じられている。
 さあ、今日はヌキまくるぞ、と玉屋へ行き、スーパースプークJrを購入。最初にヌくのはこいつだ。
 広大なオープンウォーターで釣りをするならオリジナルサイズのスーパースプークを使えばいいと思っている朕に、スーパースプークJrのラトルサウンドは無用のもの。
 多摩川でこのルアーの使うべき場面を心得ているので過度のアトラクターは不要になってくるのだ。
 スーパースプークJrの他、CB100、中途半端なラトル抜きでそのままになっていたXJ100といった、釣れそうなのに実績を残せていないルアーの手術にも着手。

 術後、宇奈根エリアに向かう。
 潮が動き始めるまで、キャロライナリグで流芯周りにフィネスワームを打ち込んでみたが、案の定何の手応えも得られず。
 風向きも下流側のシャローフラットに向いている以上、ここで粘っても無駄だろう。
 下げの時間帯に入る頃、FGノットを組み、巻きの釣りのナマズ狙いに絞ろうとしていたところ施恩よりメール着信あり。
 宿河原堰下エリアで関東巨鯉倶楽部を達成していた。
 これからこちらに向かうという。

 まずは先日買った発泡素材使用、ARCシステム搭載のエクスセンスミノーの吟味を行う。
 ただ巻きの泳ぎは平凡なミノープラグ。ジャークではダートし、淡水でもフローティングになっている。しかし、飛びは固定重心のシュマリ11Fとの差を感じない。この程度なら、泳ぎの良い大型のトラウトミノーを使ったほうがいいというのが正直なところ。
 ラトル抜きを施したCB100はというと、そもそもこのルアーが強い流れの中で使えるルアーではなかったことが判明。ここでクランクベートを使うならDTやファットラップのほうがいい。

 施恩と李立が到着。
 この場所からはっきりしないプロダクティブゾーンをトレースするにはやはりリップレスクランクが適している。
 どうしても定番と化しているレンジバイブ、レアリスバイブといった、キャスタビリティに優れ、流れに強く、レンジコントロールが容易なベイトの使用頻度が高くなる。
 下げの効き始める時間帯を打ち、一尾キャッチできたが結局単発。
 タイミングがシビアであるうえ、魚の数も少ないと感じられる中、次の時合まで待つ気にもならず、次回について話し合い、この日は終了とした。
スポンサーサイト

テーマ : 仕事のヒント☆
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード