死すべき者への祈り

 雨と共に、登戸エリア死亡の報が舞い込んでくる。マフィアの作り出した咎が、遂に川の水そのものに影響を与え始めたのだ。
 このエリアのアユの産卵は阻害され、その影響は稚アユの遡上数が示すだろう。アユを増やすために放流をすればいいというものではない。
 再生産の場を維持することが重要なのだ。
 アユが減るのは他の生き物のせいだと思っている頭の悪い連中にはどうでもいいことなのかもしれないが。
 銭も遠出の足も無い朕は居場所を失った気分である。無明の業火は燃え上るばかり。蓄積され続ける怨嗟の念が病となって己を蝕まぬよう願うばかりである。

 11月12日。

 ホームは惨状に見舞われているが、行を怠るわけにはゆかぬ。今日も釣り場を求めて川に向かう。
 登戸エリアを捨て、マフィア作業場より上流へ。

 現地到着。
 下流側の惨状たるや、五本松エリアからの流れが第二、第一ワンドへ突き抜けている。その様は川ではなく、作りの粗い側溝というものだった。
 登戸エリアのナマズの産卵場が完全に消えてしまったようだ。
 サタンが実在するかどうかは怪しいところだが、自らが地球上の生き物であるという自覚の無い畜生どもは実在する。

 この日は、久しぶりに多摩川へ来たという青年と話す機会があり、彼もまた重機によって蹂躙されるゲームフィールドの荒廃を嘆いていた。
 ダウンショットにナマズをヒットさせ、バス持ちし、ナマズはバス持ちしてはいけないということを身をもって学んでいた少年がいたが、フィールド破壊のショックが大きく、朕は彼らに感けている精神的ゆとりはなかった。
 李立も到着し、登戸からここに至るまでの川の様子を語ってくれた。来年、登戸に師匠が現れることはあるのだろうか、おおいに不安が生じる。
 その後、魚の動きは感じられず、朕は天殺星の降臨を祈りつつノーフィッシュのまま撤退とした。
スポンサーサイト

テーマ : 働くママ
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

土曜日に五本松に出向きましたが終了のお知らせでした(笑)
前週に一本捻り出していただけに残念です。
水抜いてアウトサイドにテトラを埋めるようですが流れの当たらないアウトサイドには無用の長物ですね。
来年、魚の付き場になれば幸いですが…

その後移動して水道橋のテトラで4バイト1バラシ
流れが変わりましたが魚の付き場は何となく見えた気がしました。

Re: タイトルなし

魚の産卵場を作り、その他の動物が生活できる環境を作る工事なら、文明的な工事といえますが、今の工事は単なるドカティズムの野蛮な所業としかいいようが無い。
市民不在の民主主義、人類そのものの益がスポイルされた目先の経済至上主義を感じる憤懣ものの事態ですよ。

来年のスモールマウスの産卵が大成功に終わることを祈るばかりです。
プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード