奥義近気

 11月9日。

 昨晩、週末の探求者、武松、バギーのおっちゃんぢょんに李立が加わり、メバルの様子を探りに発勁へ赴いていた。
 メバル釣果は上々のようで、武松、李立ともに二桁釣果を叩き出していた。
 ぢょんはメバルはさっぱりだったらしいが、シーをキャッチしていた。
 平潟湾はアフタースポーンのシーがいち早く入ってくるし、周辺にはタチウオや青物がやってくる一帯もある。
 アクセスが容易ではないため、ドブ、多摩川が厳しい冬期のメバル釣り場という割り切りで訪れる発勁だが、ソルトゲームのフィールドとして魅力的な地でもあるのだ。

 さて、朕が現実的に探索可能なのは多摩川
 今日も北からの風。宇奈根エリアへ向かう。
 おととい釣れたから今日もここで、というのは冗談だが、風向きと気候がこのエリアに適していると思われたのだ。

 現地到着。
 一帯の様子を見たところ、小型のスモールマウスと良型のナマズが視認されたが、これらは手の施しようがない魚なので、目には見えない回遊個体を狙うことに専念。
 秦明も現れ、これでより成功率が高まった、と言いたいところだが、打ち続けたところでまるで反応を得られない。原因は不明だが、魚が動いていないという気配。
 まだ機が来ていないというだけのことなのか、と粘ってみたが、結局停滞の時間帯に入ってしまった。
 完敗である。

 一方、この日、登戸エリアに入っていた李立と施恩は、本命ナマズ、スモールマウスを得られなかったようだが、アユ、コイ、ニゴイを釣ってノーフィッシュを免れていた。
 アユの魚影がまだ濃いのなら、登戸エリアの方が望みはあるということか。
 ウォーターマフィアの所業という懸念事項はあるが、明日は登戸エリア入りに決定。
スポンサーサイト

テーマ : 仕事の話あれこれ♪
ジャンル : 就職・お仕事

tag : ルアーフィッシング シーバスフィッシング 多摩川

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード