魚食鳥の動きに鼯樵橤拳習得のヒントを探る

 10月29日。

 一日空けて川の様子はどう変わっているのか。
 昨日の冷え込みで表情はまた変わっているだろうが、先日までの様子を見た限りでは、まだアユが消えてしまうような感じではなかった。
 アユの大群が居る限り、登戸エリアで釣りが成立するだろう、と考え一寝入りしていたところ、施恩よりメール着信あり。
 どうやらアユに狂う魚たちの動きは活発なようで、バラしはあったものの、順当にキャッチできていたようだ。この報に、ろくに眠ることもできず準備開始。
 下げ止まりまでに間に合うかと焦りつつもナンだけを食し、朕も現地へ向かう。
 今回は世界一小さなタックルボックスを諦め、ビッグベイト対応のキャスティングタックル。ナマズのサイトフィッシング用にと根魚用のラバージグを新たに加えたぐらいで、無駄にモノを持ち歩かないということは心掛けている。

 現地到着。
 下げ止まり前に間に合った。
 師匠と李俊はスモールマウス狙い。施恩は7フィートのヘビーアクションのロッドで完全にナマ師と化していた。
 朕も早速サイトフィッシング、ビッグベートと試みるがフッキングにまで持ち込めず、確実に魚をキャッチしていたのは施恩だった。
 ナマ師の座を奪われてしまった気分だ。
 そして予想通り潮止まりの時間帯に入るとナマズの姿は見えなくなっていた。

 夕刻を迎える頃、施恩、師匠が撤退した後、何とか一尾キャッチ。
 関東巨鯉倶楽部でノーフィッシュだけは回避できた。

 李立到着。
 上流側にアユを追い詰めていったかのような動きを見せていた鵜の一団は、一帯の魚にどんな影響を与えるのか。ポイントとなるのは上流側か、流れ、水塊、シャローフラットの絡む狛江側か。
 やはり安定して変化が重なるポイントの方がいいだろう、ということで狛江側に入る。
 しかし、一帯を探り続けてみたものの気配が薄い。タイミングの問題か、エリア違いか。流芯を打っていた李立が1バイトを引き出すことにより、水温の安定する流芯と待ち伏せに適した地形が重なる上流側が正解だったのか、と推測してみるが確信に値するインフォメーションは得られない。
 何はともあれ、ここはエリア違いだったと悟り敗退。
スポンサーサイト

テーマ : キャリアを考える
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード