GETTの季節到来

 10月10日。

 潮回りは今日も良好。
 場所を外さなければ、水温低下の下り坂にあってもナマズの釣れる確率は上がるはずである。先日、反転流の生じていた狛江側がポイントになるだろう。
 また、流れが落ち着いていれば流れの相にもめりはりが生じ、スモールマウスを狙うべき変化も見えてくるはずだ。

 今回はナマズ、バスの狙うエリアが違うので、移動の身軽さを考えれば1タックルでまとめたいところではあるが、用いるメソッドの性格がバスとナマズではまったく違うものであるため、やむなく2タックルで行くことにした。
 ナマズはビッグベイトやプラグでの釣りになるため、キャスティングタックルで。スモールマウスは根掛りに対処するため、軽めのシンカーを使用したキャロライナリグがメインになるのでスピニングタックルで、という具合。

 登戸入り。
 流れは相変わらず強く、濁りも薄まったとはいえ残っている。
 対岸には今日も反転流があり、ベイトフィッシュが跳ねているのが見える。コイ仕掛けを出す者、投網を打つ者もいる。
 ナマズを狙うなら、間違いなく狛江人妻ヶ浜だ。

 まずはスモールマウス狙いから。
 テトラ帯の流れの筋は相変わらず一本調子に見えるため、通すべき線、点ともに絞れず、わかりやすい変化の複合する場所を求め流していく。
 流れが当りつつ、緩みと二つのカバーが重なるスポットで、スモールスモールのストライクを得たがバラしてしまう。
 単発であり、しかも小型であったことから、何かが違っていると判断。

 対岸のベイトの動きが一層目立つようになる。
 重要な流れのファクターも絡んでいるのだから間違いないだろう。
 対岸の釣り師が引き上げた後、対岸へ移動。
 ナマズ狙いの開始である。
 予想通り、ナマズは現れ、反応を得てはいたが、「釣れましたか?」「アタリはあるよ」状態が続く。
 場所は合っているが、マッチするベイトのタイプが絞れない。
 いよいよここから、ルアーだのメソッドだのについて考えるべき時である。
 そして、この場面でナマズに有効なアクションを突き止め、深いバイトを得るが、ナマズは力の掛かる方向に進んでくる。
 ASR・JIG/FROGモデルは強い抵抗をねじ伏せる性能は十分だが、力と同化する動きを制御することはできない。緩めればフックアウトが心配。ナマズの泳ぎがリーリングスピードより速く、あれよあれよという間にブッシュの中へ。
 ウエイクベイトには枯れ草だけが付いていた。更に、ルアーが壊されたのか、浸水。
 ベイトのタイプにシビアな状況でこれではお手上げである。成功を手にしかけての失敗。
 前回とは真逆の、涙を呑んでの撤退となった。
スポンサーサイト

テーマ : 起業
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード