K・Dコンフィデンシャル

 10月9日。

 秋の平日。
 L&Gな世の中にあっては、物の値が円天であるため、クルマを丸一日借りるのも困難である。よって、霞水系遠征は諦めなければならなかった。
 日本にスカラー波が蔓延してくれていれば、朕もここまで苦境に陥ることはなかっただろうに。白装束め、余計なことをしてくれたものだ…確かフジテレビだか産経が関連していたような…いずれにせよ碌なものではない。失禁モノだ。
 朕は天子であっても、範馬勇次郎ほどの武は無いし、宋江のように天兵を従えているわけでもない。トラビスのようにキレたところで何も変わらない。
 敗北感に苛まれつつ、レンタカーを半日借りての川崎ドブ釣行の日である。
 大潮下げを狙っての出発。

 現地入りしたところ、水は以前来た時よりはるかに澄んでおり、水の状態が良いことを示していた。
 開始直後から反応を得られる。
 目に見えるベイトは居なかったが、シーの盛んな動きが見て取れることから、ベイトのレンジは深めに下がったことと、バイトを得られるルアーの傾向から、メインベイトのサイズは10センチ以下であることが推測できた。
 
 攻め方としては、通り道はロングビルミノーやシンキングミノーでやや深めを、フィーディングスポットと思われる場所は表層寄りにジャークベイトを通し好反応を得る。
 ドブのような超ロングキャストを必要とせず、光量の多い条件下では7フィート以下で、張りと粘りのあるバスロッドと、バス、トラウト用の繊細かつトリッキーな演出が可能なルアーの使用が有利である。
 結果、朕は7本のうち2本のフッコとカマスをキャッチ。
 李立は9本のうち4本のフッコを得る。
 また、セイゴクラスもすべて30センチ以上あり、ランディングをもっと丁寧に行っていれば、一人二桁も可能な状況であった。

 秋のドブシーズン本格化を喜び、満腹状態となった我々は下げ止まり付近にスポットが生じる、ケミカルドブワンドをスルーして撤退。
 龍盛菜館本店のラストオーダーに余裕で間に合い、美味い飯を食って締めることができた。
スポンサーサイト

テーマ : スキルアップ
ジャンル : 就職・お仕事

tag : シーバスフィッシング ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード