スポーツエンターテイメントの伝統と権威を汚し、団体名を強引に変更させたWWFの傲慢を憎む

 10月3日。

 休日に長潮とはツイてないわい、というところだが気温は上昇気味。小さいがこれはプラス要素。
 フィールドへ行くべきか行かざるべきか、それが問題だ。
 とりあえずレンジバイブ貯蓄とお買い得品を漁りに玉屋まで行ってみた。
 タロンが特売だったので迷わず購入。
 ナマズに噛まれたらどうなるのか大いに興味が湧き、迷わず登戸行き。
 今登戸はブラックもナマズも狙える状況になっている。となれば、ブラックを狙うならあっち、ナマズを狙うならこっち、と大きくポイント移動することも無いから、2タックルで行っても邪魔にならないだろうということで、キャロライナリグ用とビッグベイト用の2タックルを用意した。

 現地には李俊とシャッドマンの姿。
 李俊は二本、シャッドマンは一本のスモールマウスをキャッチしたという。
 長潮だからといって捨てたものではないのか、と朕もスモールマウスを狙ってボトム攻め。
 その後スモールマウスの反応を得る者は無かったが、シャッドマンがンボなナマズをバラしていた。
 カバー打ちをしていたら食ってきたとのこと。
 カバーに張り付いていたのは潮汐の停滞からか、光量の問題かは不明だが、この一帯でナマズをよく見るようになっている。
 ナマズ狙いのエリアもここで間違いないようだ。

 陽が傾きだす頃、李立到着。
 今日も引き続きJOYルアーの調整をメインにキャスト。朕はタロンを吟味。そして案の定ノーバイト。
 次の潮回りに期待、ということで粘らず撤退とした。

 ※マーのようによく肥え、丈もある様
スポンサーサイト

テーマ : スキルアップ
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード