『マーダーライドショー』を2から見てしまうことの是非について悩む

 9月28日。

 多摩川のメインターゲットであるナマズを見失って久しい。
 何か掴んだと思っても、一時的なものでパターンにはなっていない。
 この日も、釣果よりも根本的な原因を探ろうとフィールドへ赴く。
 釣れないからやめたり、釣れてるから行くという程度の姿勢では、経験の蓄積が明日のゲームの役には立たないので、続行、一時休止の判断はそれなりのものを見つけてからにしたい。

 そんな中、バギーのおっちゃんぢょんは、昨日は津久井湖で、この日は亀山湖でブラックを得ていた。
 この釣果に理を求めてはいけない。メイクミラクルが特技の、朕とはまた違ったタイプのフィッシャーマンなのだ。当然、当たり外れの落差の大きいスタイルである。

 この日はカレーも食わず登戸へ向かった。
 小物、ナマズ共に不調だが、ここをメインフィールドとしている以上、移り変わりの様子を把握しておくことも必要だ。
 偶然の釣果をして一喜一憂するのではなく、偶然を必然へのきっかけにする、という姿勢である。
 現地には師匠の姿。
 昨日もスモールマウスをキャッチしたとのこと。
 回遊範囲の線が太くなってきていることが感じられる。
 次回の釣行は、秋の動きに入ったと仮定してスモールマウスを意識してみるべきか、きっかけとなる偶然を求めてナマズを追うべきかを考えつつエサ釣りを始める。
 今回は小物ついでに偶然のフナを期待するのではなく、最初からフナを意識して、タナ取りから寄せまでじっくりとやってみたが、釣果はモロコのみという残念な結果に終わってしまった。

 師匠から『マーダーライドショー2』を受け取り、師匠が帰り支度を始める頃、李立到着。
 今日の展望について論じ合うも、確信めいたものは生まれず、その間にゼルのトップウォータースペシャルを近くにいたガキに踏まれるというアクシデント発生。
 幸い近くに親が居たので、破損があればそいつに賠償請求はできる。しかし、このロッドは今や金を積んだからといって簡単に手に入るものではない。
 慎重かつ、厳密に破損の度合いをチェックしたところ、傷は付いたがブランクス本体に異常は無く、ガキと親は命拾い。
 とはいえ、このような事態を黙って通り過ごされたのはひどく腹が立った。こちらが注意を促したにも関わらず、黙って去って行ってしまうガキ、それを見過す親…親からして躾が成っていないのだ。
 こんな奴でも人の親になれるのだから恐れ入る。
 “立派な大人”の基準がいかにいい加減なものであるかを示すものであり、住みにくい世の中が進行するのも道理というものだと思い知る。

 状況が見えていないから、再び探りからというところだが、まったくの当てずっぽうというわけでもない。
 朝晩の冷え込み。浅瀬のアユ。流れとベートフィッシュ。周りよりも高めで安定する水温。風向き。
 見るべきものは色々あるが、風向きがアングラー側にとって都合が悪すぎた。他のプラス要素とは絡まず、表層の水温を下げるマイナス要因も含んでいた。
 以上のことから、常時、泉からの湧水が供給される第一ワンドがマイナス寄りの変化から守られるポイントではないか、ということで第一ワンド入り決定。

 第一ワンドに入ってみたところ、水質は思っていたより良く、ナマズの姿も確認できた。
 ベートフィッシュの姿は、歩いてきた至る所で確認できたので重要な要素ではなかった。
 遂に正解の場所を見つけたのか、と様子を見てみたが、やはり違う。魚の姿は見えたが、本当のところは見えてこない。
 魚釣りではなく、ゲームがしたい朕は見込みのない場所で、気合だ根性だ、と無駄に粘ることの無意味を知っている。魚を釣ることが第一目的なのだから。
 打つだけ無駄だと判断されたので、この日は潮止まりを迎える前に納竿。

 同日、同流域でスモールマウスを追っていた秦明はスモールマウスをキャッチしていた。
 線が太くなった、或いは線から面に動きが変わったと示す結果だ。
 線だの面だのという表現は抽象的なものかもしれないが、釣れないこともない程度に生息しているブラックを狙う上では重要な感覚である。
 たまには目先を変えて、朕もスモールマウスを狙ってみようという気分になった。
スポンサーサイト

テーマ : どうなってんだよ。
ジャンル : 就職・お仕事

tag : ルアーフィッシング 多摩川 バスフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード