登戸ホーリーマウンテン

 8月28日。

 気候の移り変わりの期間。
 ナマズを見失いやすい時だ。
 このようなあからさまな時は追っても徒に疲れることが予測されるため、今回のルアータックルは流芯周りを通るかもしれないスモールマウスを意識したものを用意して登戸へ向かった。

 現地入りしたところ、既に師匠が到着していた。
 そして師匠は、先日もらったスピニングリールの礼だということで、朕にスゴイバイブを賜れた。
 小物釣りは順調に数を伸ばして行ったが、師匠と施恩の小バス発見報告を聞いているうちに、朕もバスを狙いたくなり、ルアー釣りにシフト。
 確かに小バスはしばしば見えたが、ルアーで釣るには厳しいサイズ。ブルーギーが一度ルアーにバイトしたが、一度ニセモノだと見破られたら二度と反応しなくなってしまった。
 意外に釣れない小バスやギルは早々に諦め、本流筋を回遊する良型を意識して、ボトム&トップの釣りに移行。
 可能性が低いのは承知の上だが、それにしてもあまりにも気配が無い。師匠、施恩も音沙汰なしの様子。
 しばらくすると上流側を打っていた釣りウマ風のルアーマンが魚を掛けていた。見ればそれはワームをがっつり食った巨ゴイ。
 やがて武松、李立が現れ、これまたブラック狙いにチャレンジしていたが、やはりという感じ。
 見える魚はいるが、魚のモードがまるで見えない。
 そんな停滞した空気を打ち破ったのがこのところステージの上がっている施恩だった。
 ナマズらしき魚影を発見し、ルアーを打ち込んだら食ってきたのはこの魚だったという。この川ではスモールマウス、シーと同等の価値のある魚だった。

 とりあえず魚の顔を拝めたということに安堵したところ急に眠気が強まり、朕はオクラホマ。
 帰宅しようと小黒王で走り出したところ、向かいからおっちゃんぢょんがバギーでやって来た。これからスモールマウスにちょっかいを出しに行くのだという。
 おっちゃんに状況を説明したところで、馬耳東風だろう。
 朕は何も言わず帰路に就いた。

 その後彼らがどうなったかというと…実はまだ二階にいるのです。
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング バスフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード