ルアーフィッシングでオクラホマ

 8月26日。

 朕のフィーディングスポットは損なわれ、アルゼンチンキッドには出会えず、釣果も得られず、難波浩章が山口組傘下に入ったと知り、愕然となって終了した沼津遠征。
 打ちひしがれている間も無く、今日も始まる千円釣行。
 遠征が失敗に終わっても、朕にはゲーム成立可能なホームフィールドがある。
 カレクックを済ませ、小雨交じりの中、登戸へ向かった。

 平日の雨である。
 フィッシングプレッシャーは皆無状態。
 そそくさと準備を済ませ、小物釣り開始。
 二桁を余裕で達成したが、オイカワよりモロコの方が多く釣れた。10~15センチのオイカワをたくさん釣るのが理想だが、こちらから仕掛けていくスタイルの釣りではないので、これはこれでありだ、と続けていくが、やがて風が強まりだす。
 強い風にリグの安定を意識した組み方をしたところ、偶然にも手頃なサイズのコイとフナが釣れた。
 まぐれとはいえ、エサでフナを釣ったのはこれが初めて。小物釣りは満足のうちに終了。

 李立、施恩到着。
 何と、施恩はおっちゃんぢょんから引き継いだというグランダーロッドで来ていた。本気でミラクルステージを目指しているようだ。
 中途半端な雨、上がりきらぬ水位、下がっているであろう表水温…どこが一級ポイントになるのか決めかねていたが、この天候は本筋の流れを大きく変えるものではないと判断し、行くまでは面倒だが、これまでの一級ポイントがある中野島堰下エリアに入ることにした。

 現地到着。
 湿気が関節に障るのか、プライムタイムにあって吟爺の姿は無かった。一抹の寂しさを感じつつ、ショビレーヌになりながらポイント入り。
 既に偏光グラスが効かない光量になっていたが、裸眼でもベイトフィッシュの濃い薄いは計り知れる。どうも、ベイトは薄いという印象。表水温が下がりポジションが変わったということが十分考えられる。だからといって悲観することもない。ナマズ狙いに於いて重要なのは水の流れが示す通り道だからだ。
 それでも何かが足りず、どこか見落としがあったというのも事実。入ってくるナマズが明らかに少ないという感触。
 そんな状況にあって、李立がキャッチ成功。
 次いで施恩がグランダーロッドをしならせる。
 シー、ナマズは平らげた。あとはブラックを釣ればミラクルステージだ。
 しかし、それでもあまりにも魚の気配が希薄。朕の帰宅予定時刻も大幅に過ぎていたこともあり、朕はノーフィッシュであったが「オクラホマ!」を宣言。
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード