吟河詠遊伝説

 8月5日。

 不幸にも、連休最終日が長潮と重なってしまった。ソルトゲームでの長潮ほど絶望的ではないにしても、釣果が期待できない日である。

 この日もカレクックとなり、昼食後登戸へ向かった。
 既に師匠は来ていて、またしてもルアーのみでのチャレンジ。
 先ほど30クラスのスモールマウスをキャッチしたという。年齢的に、足を使って魚を追っていくのは苦手とするが、そこに来てさえいれば釣ってしまうのはさすがである。
 朕は既に、多摩川でのバス狙いは捨てているので、あくまで小物狙い。
 流芯側を攻められる、グリップ部分がかっこよくカスタムされた長尺の竿を師匠よりかたじけのうし、朕は小物釣りに専念。
 駄菓子菓子、長竿に慣れていないことと、強風のダブルパンチで、この日も小物釣果は不振。またしても二桁越えを果たせず。
 朕が不振の間に、師匠は20クラスのスモールマウスをキャッチされていた。
 李立到着。
 朕は、風の強さに思うようにコントロールできない小物釣りを諦め、師匠のハンドメイドルアーを吟味。
 アイウェーバーもどき、小型のジョイクロ辺りはウエイト調整を突き詰めていけば釣れるルアーになること間違いなしだが、自信作だというバルタン星人は造形こそ面白いが、動きは全試作品中最低だった…。

 師匠帰宅を機に、朕と李立は中野島堰下エリアへ。
 現地に着いてみたところ、河原の方から唱声が流れてくる…もしやと思い河原へ向かう小路に入ってみれば、それはまさに吟爺だった!既に召されていたかと思っていたが、この通り健在だったことを喜ぶ。

 風は強く、水面は波立ち、明るいうちからコイを騙すには良好な条件かと思われたが、この日はきわめて追いが悪かった。前回の長潮の日は割と追いが良かったので、潮回りの悪い日こそがコイ科に吉、という仮説を立ててみたが、やはりこいつらには法則性というものが無いのかというような感触。

 やがて光量も落ち、ナマズを意識してみるが、案の定、反応自体少なく、バイトも浅く、持てる手のすべてを尽くしてみたが、結局ノーフィッシュに終わる。
 「アライくんのじたばたは虚しかった」という菅原正志のナレーションが聞こえてきた気がした。
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード