喜びの再会

 8月4日。

 この日予定されていた沼津行きは、残念ながら流れてしまった。アルゼンチンキッド未見のまま、次の機会は八月下旬に延びる。
 しかし、この日は長潮前の小潮。釣果を望むなら、行かぬのが賢明ともいえる。
 というわけで、この日は、昨日のおっちゃんぢょんの苦戦ぶりを見て、朕が師匠の代わりに良い釣り場を作らねばなるまいと思い、小物釣りをやることにした。
 大ごいも残り少なくなったので、玉屋で仕入れる。小物が寄る環境がまだ出来ていないので、流芯寄りを攻められる長尺の竿も購入。
 師匠の遺志は朕が継ぐ!とばかりに登戸に向かう。

 現地に着いたところ、見覚えのある後姿…師匠だ!!
 この、打開の一手が思い浮かばぬ小物釣りに光明が射すかと期待したのも束の間。
 何と師匠、ルアータックルしか持って来ていない。先日様子見に来たが、小物は良くない状況なので、今日はルアーしかやらないとのこと。
 師匠が投げ出すような状況なら、師匠頼みの朕の望みは薄い。
 しかし、そこは大ベテランの師匠である。対応策は示してくれて、二桁超えは成らずとも何匹かの小物を釣ることはできた。
 師匠復活の報を受け、李立も駆けつけた。
 シーズンが始まると現れる師匠が姿を見せぬことを心配していたが、どうやら腰を痛めてしばらく休養していたとのこと。
 何はともあれ、師匠との再会を喜ぶ我々であった。

 名も知らぬ遠き島より、椰子の実がひとつ流れ寄る頃を機に、師匠は帰宅、朕と李立は中野島堰下エリアへ向かう。
 対岸にはウォーターマフィアの手下たち。下流側にはベイトを狙う白鷺の群れ。
 あの白鷺たちを守るためにも、天殺星の降臨がいちはやく望まれる。

 まずは関東巨鯉倶楽部、というところだが、今日は反応が鈍い。バス、ナマズ、シーについては何が不調の原因かをある法則から推し測ることができる。しかし、コイ科に関しては未だに法則性を見出せないでいる。
 そして何が何やらわからぬまま、Bフォロワーややパーやん気味のリトリーブにコイがヒット。無駄に暴れるので、スプリットリングを伸ばされ、フックを折られてしまった。

 やがて陽も落ち、ナマズは現れたが「釣れましたか?」「アタリはあるよ」状態。反応はしてくるが食いが浅い。予測されていたこととはいえ、反応が良いだけに尚更悔しい。
 そのような状況にあって李立が一本キャッチ成功。
 長潮前日の小潮だということを考えれば、これでも上等だと見ている。

スポンサーサイト

テーマ : 仕事の話あれこれ♪
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード