ザ・シューター

 7月26日。

 昨晩、李立より釣果写真が送られてきた。
 「釣れました?」「アタリはあるよ!」状態の中、何とか一本キャッチとのこと。
 エリア、ポイント選択に誤りは無くても、何かが足りていないためこういった結果に終わってしまうことが多い。
 ナマズ攻略マニュアル本より、実釣のノウハウを持っていると自負しているが、わからないことだらけというのも現状。

 そして迎えた当日。
 先日の雨の影響はもう期待できないだろうという気象状況。となると、第二ワンドより、中野島堰下エリアの方が良い。
 どちらも岸近くに流芯の絡むシャローフラットがあり、ナマズを狙うのに良好なポイントがあるが、構成的に、より可能性が高いのは上流側の中野島堰下エリアのほうだ。
 現地到着。
 秦明は第二ワンドに向かっているとのこと。
 グランドマスターとの釣行は己のスキルアップにつながる貴重な機会だが、今回は辞去。というのも、こちらのエリアのほうがアユに付くコイを見つけ易く、関東巨鯉倶楽部達成を見込めるからだ。

 叢を抜け、水際に出れば、対岸に見覚えのある姿。向こうもこちらに気付いたようだ。
 張横だった。
 先日、コチ狙いに行き、ハゼのライブベイトでキビレが釣れたとのこと。ライブベイトフィッシングで狙う魚はブラックだけではないようだ。

 しばらくどちらも音沙汰なしの状態が続く。
 今回は波風の発生が、ルアーを見破りスプークするコイ科のモードを変えた。
 まずは朕がニゴイをキャッチ。今回はパーやん引きではなく、普通にスプーンを巻いてのヒット。
 次いで朕はザラで、対岸の張横はソウルシャッドで、コイのダブルヒット。
 関東巨鯉倶楽部達成。
 その後、何度か反応を得るが、コイ科のキャッチはここまで。
 このエリアのコイ科はアユを狙っているので、ルアーに反応してくれるが、だからといって簡単に釣れるかというとそうでもない。これまでどんなルアーフィッシングをしてきたかは問われる。

 やがて光量が落ち、ナマズを窺うべき時が来る。
 このところ関東巨鯉倶楽部にお熱な朕だが、所詮コイ科はコイ科。ゲームフィッシャーマンの朕にとって、多摩川での本命ターゲットといえばナマズである。
 張横の見ているところで二度のストライクを得るが、フッキングにまでは至らず。
 あの釣りウマの前で、朕のシュートフィッシャーぶりを見せ付けたかったが適わず、張横帰宅。
 しかし、朕の“腕に頼らない釣り”の技量はホンモノである。そして、あらゆる意味で魚を見ようとする姿勢と、天象の合致が結果を引き寄せた。
 現在の状況を、現実から逸れないように想像することと、バランスタックルの知識が必要だ。
 まだ続く気配はあったが、翌朝が早いため、本命を得たことに満足し、撤退。

 さて、第二ワンドに入っていた秦明と李立はというと。
 関東巨鯉倶楽部は成らずとも、ナマ師としての務めはしっかりと果たしていた。

 確かに以前より釣り難くなった感じのあるナマズだが、対象を自然現象の一部として捉え、自然の理について考えて追っていけば、まだ十分釣れる魚である。
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード