FC2ブログ

アフターポンスキー

 6月28日。

 釣りという低レベルな競争を卒業できない釣り廃人として今日も多摩川に向かう。
 平日なので伝説三輪氏の降臨は望むべくもないが、伝説アナザー氏には曜日の法則性が無いので、まったくプレミアを諦めることもない。

 降臨跡を覗いてみたところ、師匠の他に張横も来ていた。
 ここが現在有力なポイントなら「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」と、泣いて一喝するところだが、ルアーで狙うなら外れのポイントであるため、伝説三輪式大人の対応をせずに済んだ。
 
 狸島に入ってみると、先日とは比較にならないほどにアユが増えており、15~20cmの個体群が見えるまでになっていた。
 と、そこへ張良が仲間と共に現れる。
 ここ最近はここから五本松にかけての一帯で、トップウォーターやミノープラグといったハードベイトだけでなく、スイムベイトでも良型のスモールマウスがよく釣れているという。
 流しているうちにニゴイがうろつくのが見えたので手を出してみたが、追いを見るのみ。スモールマウスの捕食もごくたまに起こるが単発。
 流れ、ベート、地形的には申し分なしだが、カバー要素が決定的に不足しているために、スモールマウスが積極的な捕食に出にくいようである。
 雷予報が出ている時間帯に入ったが、雲こそ見えているものの、晴れたままで蒸し暑さは増して行く一方だ。
 張良が「タフってますね…」と漏らす。
 スモールマウスを釣りたければここで機を待った方が良いのかもしれないが、蒸し暑さに耐えられなくなってきた朕は、ニゴイ、コイ、ナマズのいずれかでもというつもりで堰下狛江側に移動することにした。

 狛江側に渡り、乞食風呂のチェックもせず汁を補給。
 ポイントに着いてみれば、対岸から見てもわかるほどカッコ悪いキャストをする釣り人の姿は見えず。
 暑さが厳しすぎるのか。
 流芯周りでシーかスモールマウスかというような捕食は見えるが、遠いうえ、その発生頻度は低かった。
 ニゴイは一匹見えたが、反応は鈍く、エリア全体に活気が無いような感触だった。
 様相が変わったのは17時を過ぎ、光量が落ちてきてから。
 ボイルは岸寄りの流芯周りでも起こるようになり、朕はナマズやニゴイのことは捨て、このスモールマウスかシーと思しき魚を釣ってやろうと狙いどころを流芯周りに絞った。
 キャストを続けていると、完全に陽が落ちる前にストライクを得、セイゴクラスながらシーバスをキャッチすることが出来た。
 移動は吉だったと喜び、次はナマズだと意気込むが、雷が鳴り出すようになる。
 落雷を恐れて2ピースロッドで来たのは正解だったとロッドを分割して担ぎ、貧乏長屋に戻ったところ、ちょうど雨が降り出してきたのだった。

 次回の準備をしていたところ、この日、ちょっとだけ中野島堰上に入っていたという公孫戍より、ウルティモペケニシモ6匹、ペケニシモ3匹とスモールマウスをキャッチ出来たとの報が入る。
 またしても携帯電話が不調に陥ったとのことで写真は撮れなかったとのこと。
 朕はマーさんのように「つっかえねえ」と悪態を吐いたのち「みんな公孫さんは上手い上手いって言うけどよお、あの人そんなに上手えかあ」と、伝説三輪式でフォローした。

スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード