LAST SUPPER

 6月24日。

 昨日の牛久沼大惨敗のことをグランドマスターの秦明に伝えたところ、牛久沼の特色と対処法を教えていただいた。
 完全にこちらの知識不足と準備不足というもので、飛び込み的に行ったところでどうにかなるものでなかった理由を知ることが出来た。
 しかし、新川で鍛えた僭称釣りウマとしては「みんなあの人上手い上手いっていうけどよお、あの人ホントに上手えかあ?」と強がっておくべきだろう。

 遠征でのダメージは多摩川で、という話も今は昔。
 日々の生活がどん底だった時代の頃のようにはいかなくなってきている。
 これも、治水事業で生産の場を破壊してきた賜物といえよう。
 そうはいってもまったく釣れなくなっているというわけでもないので、今日も新川で鍛えた本気を実釣をもって示すしゃない。
 流芯でのバラしを少しでも軽減できれば、と今回はGルーミス・ジャークベートシリーズのMHで臨むことにした。

 調布水門ポイントからスタート。
 日中に、風が水面を波立たせているのはルアーフィッシングにとっては良いことである。視覚の騙しが効かせ易い。
 扇状にBフォロワー、レンジバイブを飛ばし、根掛り必至のカバー周りにスピードワームをドリフトさせる。
 スモールマウス、ナマズは無理にしても魚食ゴイ、ニゴイの反応ぐらいは見られるのでは、と思ったが反応してきたのはウルティモペケニシモのスモールマウスのみ。
 アユが追われている様子も見えなかったことにより、粘らずに五本松に向かうことにした。

 五本松。
 朕は流芯をレンジバイブで通す。
 対岸にはミノープラグを引く者、下流側には餌繊細をやる者が居たが朕を含め誰も釣る者が出ぬまま時間が経過していく。
 気付けば後ろに蔡沢さいたく
 伝説式を用いるべきか躊躇しているうちに、朕に気付かれてしまった。逡巡がザとなったという次第。
 朕が捨てたポイントでアンダーショットリグをやり50センチ程度のコイと25センチ前後のスモールマウスがキャッチできたという。
 そういうことなら泣かずにはおけぬ。
 朕は「まあよお、オレはおめえと違ってガチじゃねえからよお」と、伝説式で答えた。
 結局、五本松では何の手応えも無かったことにより、朕と蔡沢は君子が居るであろう韓流ポイントに向かった。

 韓流ポイント。
 セニョールと李俊が居たので「おめえらばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」と挨拶。
 表層系にペケニシモの反応は出ていたが釣れないとのこと。
 勿論「アタったとかバレたとか、そういう話は聞きたくねーんだよ!」である。
 上流側には公孫戍こうそんじゅ夏侯章かこうしょう
 「あ、これ~?」と、朕はバスプロショップスのキャップを見せつけ、アナザー式を決め、ランカーズ土産のスティッコーを献上した。
 すると、夏侯章は返礼とばかりに村上麗奈のDVDを朕に下賜された。
 朕は君子のこころづくしに恐れ入り、かつ感謝した。この礼もまた、リベラで果たさなければならないだろう。
 リベラは肉は凡庸だが、タレは絶品であるという。

 実釣はというと、やはりここはこの時期の一級場所ではないということが明白で、反応があったとしても10センチ以下の超小型を見るのみ。
 諦めて帰る蔡沢、セニョール、李俊には「何だ、もう諦めるのか。おめえらには根性が無え」と、礼儀正しく送り出し、朕は無為のキャストを続けていた。
 そろそろ僕たちは今、恋をしているコンビニで伝説を語る夕べを催そうではないか、と夏侯章と話していると、公孫戍がやってきて、スティッコーでペケニシモが釣れたと言う。
 写真は?というと、高温のためキャメラが起動できないという表示が出てしまって撮れなかったとのこと。
 ページを飾れる写真が無いというのは残念といわなければならないが「みんな公孫さんは上手い上手いっていうけどよお、あの人ホントに上手えかあ?」と、伝説式で締め括ることはできた。

 僕たちは今、恋をしているコンビニでの話題は、本日のヒットルアーであるスティッコーが中心になった。
 ライトリグは限定的にしかやらない朕はそこに居る魚を何とか釣らずとも、釣り易い魚の居る場所を求めれば良いだけだが、諸事情から大移動のできない公孫戍にとっては、ライトリグをいかに使いこなすかが成否の鍵となっている。
 よって、フィネスフィッシング用のルアーに対する鑑識眼には厳しいものがある。
 センコーと形を同じくしながら働きを異にするスティッコーは、重要な選択肢のひとつであるとの判定が下る。

 伝説もソープオペラも見られなかったけど、楽しかったからいいんじゃない?ということでこの日は解散となった。
 
 ※マー語 
スポンサーサイト

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード