キャプテンウォーカー来たらず

 1月16日。

 世間のほとんどが休日になっているはずであろう土曜日。
 半ば諦めてはいるが、名言製造マシーンの登戸名物が見られやしないかと、今日も多摩川へ向かう。
 例え名物が現れなくとも、名言通り本気を出さねばなるまい。もし本気の割には釣れてないことを突っ込まれても、オレはおめえらと違ってガチじゃねえからよお、という逃げ道だってある。

 登戸入りしたところ、流域の上中下に多数の釣り人。
 これだけの人でにもかかわらず、残念ながら今日もレジェンドの姿は無かった。
 状況は下ったままでの安定。穏やかな日でもある。釣れないから、とイジけてしまうのはいかにも勿体ない。
 キャスト開始。
 少ない機をいかにモノにできるかが勝負どころであり、詰めの部分を掴めていない朕には分が悪いということは承知しているが、レジェンドⅡいうところの「虚仮の一念」やら「もしかしたら釣れるかもしれねえじゃねえかよお」を実践していくしかない。
 最近、殊更にスモールマウスの難しさを痛感しているが、魚は居るのだからとめげずに、近距離をテキサスリグ、中距離以上をキャロライナリグで探っていく。
 上流側のシャローフラットへの通過点となり、深場へ繋がる流れの筋を打てる場所に陣取り、ひたすら魚が通るのを待つ。
 秦明と李立がやってくる。
 下流部に入っていたが反応は得られなかったとのこと。
 状況が落ち着いてきたことにより、拠り所となる場所を離れて動き回っていると見るべきなのか。
 しかし、この場所でも反応は得られていない。とはいえ、ここはジャンクションとなるポイントと考えているので、朕はこの場所にへばりついていた。
 
 「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」と怒鳴りつけられる。遂に伝説降臨か!?というところではあるが声質が違っていた。
 振り向くと張横だった。
 「オレだってちゃんとやってるよ!」と、朕もレジェンド式であいさつを返した。
 上流側でスモールをバラしたが、ニゴイは釣れたとのこと。セニョールも反応を得てはいたがバラしに終わったとのこと。そしてそれは午前中の出来事であり、今に直結できるものではないとの弁。
 「厳しいのう」とレジェンドするしかない。
 とはいえ連日、誰かが釣ったり反応を得ていたりするのだから諦めることもない。

 下野さん、公孫戍こうそんじゅ夏候章かこうしょうの三子が下流側からやって来た。
 現段階では下野さんがバイトを得たのみだという。
 やがて日没の時間帯に入り、岬状のブロックから手前側のショルダーにかけてベイトを通していた朕にバイトが出る。
 呆気なく放されたのはヤマモトのイモではなく、ズームのツインテールグラブだったからか。
 冗談はさておき、ようやく魚が入ってきたか、という感じでいよいよ集中力も高まる。
 と、次のバイトを捉えたのは隣の夏候章だった。
 手前側でのヒット。サイズこそ30クラスだったがマー体型である。
 同じポイントを狙っていただけに「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」と泣くこともできない。
 更に、「オレ、ホッグ使ってるんだけどこれじゃダメかな?」と、冗談を飛ばす秦明もバイトを捉えキャッチに至らしめる。
 これまた朕の隣、同ポイントを打っていての釣果である。40あるか無いかのナイスサイズ。
 己のセンスのなさを嘆いていたところ、秦明より、リトリーブコースを手前側に絞った方が良いかもしれないというアドバイスをいただいた。ただし100%の保証はないとの仰せ。 撤退するというので、朕は「もし釣れなかったらおっちゃんみたいにキレときますんで安心してください」と言って見送った。
 公孫戍がやってきて、上流側に移動した夏候章が48センチを釣ったとのこと。
 「釣れていない我々も、そろそろ“最後のチャンスに賭ける”だな」と、千夜釣行フレーズを放つ…千夜釣行ネタはノーフィッシュを誘う呪詛のよう。

 19時を迎え、帰宅を考えなければならなくなった朕は残留組に「お疲れサマンサ」と別れを告げ、ノーフィッシュのまま撤収。
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード