五本松 狛江ローカル

 10月19日。

 オチアユの時期、五本松のベンド部でコイ狙いの釣り師がナマズを大釣りしたという話を聞いたことがある。
 地形は毎年変わっていくが、概ねの作りは変わっていないはず。というわけで、眠気を押して様子を見に行ってみる。
 現地入りしてみるとアユの姿多数。10~20センチクラスとサイズもまちまち。これだけの魚影ならナマズも刺戟されそうなものである。
 実際のところはどうなのか探ってみなければわからない。一帯を流しながらベイトの動き、変化が重なるところを見ていく。
 南風、陽光、潮汐、ベート…プラス要素、マイナス要因の度合いを勘定しながら釣り進む。
 やがてアユの群れが上ってくる筋らしきものを見つけ、周辺にキャストしてみたところ、呆気なくという感じでストライクを得るが、これはバラし。リーダーにへばりつくぬめりが示すようにナマズである。
 その後も諦めずに視覚情報を頼りにキャストを続けていたところ、すべてのストライクを拾いきれなかったが二尾のキャツチに成功。
 数釣り可能か、という感触だったが、光量が落ち、陽が沈む頃、ぱったりと気配が消えてしまった。
 更に移動を続けているのか、スイッチが切れてしまったのかは不明。
 釣れたという喜びは当然あったが、ナマズの生態に関する疑問の方が喜びを上回ることとなった。
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード