デンジャー薬

 10月27日。

 温暖が続いている。集結するアユの数も夥しく、現に恩恵に授かろうと様々な生き物たちの動きも活発になっている。
 こういった機会に幾度も釣りに出られるのは実にラッキーなことではあるが、実際、ランディング成功率はきわめて低いということに苛まれている。
 どげんかせんといかん、ということで登戸入り。

 ナマズはアユのスクールにつきまとい、ナイスサイズのスモールマウスもテトラ帯の限られた範囲を回遊しているのが見える。スモールマウスのトリガーとなるものは不明のままだったが、ナマズのトリガーは明確だった。
 しかしながら、ナマズもプレッシャーを受けながらの捕食モードにあり、ルアーへのバイト時間は短く、見切られることもあった。
 イージーキャッチはならずとも、施恩が二本のナマズをキャッチ。
 このところすっかりナマ師である。

 夕刻近付く頃、朕は単騎狛江人妻ヶ浜に渡った。
 風は日中の温暖なものから冷たい北風となり、ウインディサイドと流芯のある深場が絡むこの場所が力を持つように思われたためだ。
 光量の落ち込みと共に反応が出だす。
 しかし、波立つ水面、激浅の条件で十分なアピール力を持つ、サイレント仕様のスーパースプークJrをコイに持っていかれてしまった。ドラグは出たが、一瞬にしてぺ0,8号が切れる。
 残る水面系はタイニークレイジークロウラーのみ。この時ばかりは“世界一小さなタックルボックス”が災いした。
 そしてこのベイトでは、反応は出ても食いきらず、アトラクターが弱すぎるという感じ。
 戦術の破綻。

 草庵に帰ればカレーの夕食が待っている。こいつを楽しみに、粘らず納竿とした。
スポンサーサイト

テーマ : プロのお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード