壊れかけのキャメラ

 6月24日。

 昼に雷雨が来る。
 雷が去るのを待ち、増水の影響が期待できる登戸エリアへ向かう。
 前回の増水と産卵から、月齢が一巡りし、産卵直後の真実を知らぬまま、新しいスタートが切られた気配。
 現地到着し、様子を撮影した直後、早くもカメラ機能麻痺。釣果は確実と見込まれる中、記録を残せぬなら、釣れたと言ったところで厳格な鉄のナマ師たちは信じてくれようか…。
 「つっかえねえ」と、マー語が漏れる。

 第一ワンドは増水した水が逆流するほどの増水ぶり。
 泉に本流からの水が流れ込んでいる。泥濁りも入り、濃厚なベイトのスープが出来上がっていた。
 ナマズの姿も見られ、バイトも何度か得られていた。
 ラトル抜きを施したNW03、スピナーベート、フレンチフライをセットしたARジグで反応を得られてはいたが、決定打に掛けていてフッキングにまでは持ち込めず。
 何はともあれ、小ナマから中ナマまでサイズはまちまちだったが、この流域のナマズは通常の生活パターンに戻ったと判断された。
 水面に追われるアユの姿が顕著になり、小魚イメージが正解か、とリッジ90Fを投入したところ、ほどなくして50クラスの中ナマをキャッチ。キャメラに収めようとここ試みるが、やはり作動せず、泣く泣くリリース。
 気を取り直し、光量が落ちきる前に第二ワンドの様子も見ておこうと移動。

 第二ワンドのベートの密度は第一より濃厚だった。急激な増水の恩恵に満たされている。
 到着後、数投のうちにザラに強烈なバイト。乗り切らなかったが、やはりナマズは通常の生活パターンに戻ったことが決定的になる。
 ここでもトップウォーターには乗り切らず、Bフォロワーにチェンジしたところ50クラスの中ナマと写真の小ナマがヒット。
 どうせなら、中ナマの時にキャメラ機能が復活して欲しかったものである。
 光量が落ちてきたのを機に、ルアーをトップウォーターレンジに切り替え、NW03をキャストしたところ巨ゴイがヒット。ここで再び機能停止。
 粘れば追加可能な状況であると思われたが、記録に残せぬことがストレスになるだろうから、ということと、早めに帰って眠りたかったため19時台のうちに納竿。

 青姦覗きという高尚な趣味を持つ、登戸名物、超光学おじさんを一瞥し、多摩川を後にした。
スポンサーサイト

テーマ : 仕事の話あれこれ♪
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード