FC2ブログ

パワッチ!

 6月22日。

 長潮。
 嘆いてみたところで、来るものが来てしまったのだから仕方が無い。
 とりあえず、多摩川の水位も落ち着き、透明度も戻っているだろうから、昼から小物釣りでもして夕方には帰ろうと思っていたところ、雨。
 雨はこの時期のプラス要素だが、潮回りが大いにマイナス。
 しかし、大仁田にはプロレスしかないように、朕には釣りしかない。
 「オレにはこれしかないんじゃ!」と、夕刻からのルアー釣りに変更。

 ナマズを釣りたいのは山々だが、現在は見失っている状態。産卵後のナマズの行動は未知のままである。
 一応、オーソドックスからフィネスまでを意識したタックルセッティングで臨む。ビッグベイトを外したぐらいで、普段持ち歩くものと何ら変わっていないのだが。

 現地到着。
 流れは緩んでいたが、登戸エリアの水位は上昇気味。
 これは良い傾向だ。

 第一ワンド。
 ワンド内には濁りが入り、好感触の諸要素に満ちていたが、ナマズからの回答は得られず、スモールマウスの捕食を一度見るのみ。移動決定。

 第二ワンド。
 第一ワンド同様、ナマズが入る条件は備えている。
 但し、今は積極的な捕食態勢の魚を追っても期待はできない状況にあるので、事の成り行きを見守るしかない。
 時折、ニゴイやコイがアユを追うのが見え、やがて光量の落ち込みとともにナマズが入ってくるのも見えた。
 中ナマと小ナマ、二匹は確実に入ってきていた。
 サーブ、ラトル抜きNW03にバイトは出たが、食いは浅い。
 ワンド中央部のハンプは反転流が絡み、ベイトフィッシュが濃く、必ずや打つべきポイントになっていた。ここは潜るルアーでは底をすぐに叩いてしまうので、底を叩いてもベイト本体が常に上にあるBフォロワーが良いだろう。トップに反応しても食いきらぬとき最適のナマズ用ベイトである。
 しかし、Bフォロワーでもボトムを叩けば堆積したゴミを拾ってしまう。
 困ったもんだ、と思っていたが、昨日聞いた“パーやん引き”を思い出す。
 リトリーブ方法のひとつなのだが、パーやんメソッドはロッド角度に美を求める究極のメソッドだ。
 李立が到着した頃、このメソッドにニゴイがヒット。
 パーやん引きの肝について語っていたところ、更に巨ゴイがヒット。
 潮回りの悪い日は、総じてコイ科のヒット率が高いということは、ナマ道を通じて明らかになっている。案の定、その後好転の兆しは現れず、ノーフィッシュじゃなかっただけマシでしょう、ということで撤退。

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード