Big biteを追え

 5月28日。

 リアルヒーローに敬意を表して。
 醜悪な外見でありながら、我が心をとらえて離さない類稀なるフィッシングアビリィと魅力を放つ偉人。田辺哲男、ヒロ内藤、ダグ・ハノンとは違った、ミラクルジム、Sカシワギに通ずる偉大な人物だと朕は思っている。

 おおよその正解エリアは見つけた。
 表面的なベイトの姿より、フィールドの根幹を成す水の動きそのものを追ったのがよかった。
 当然この考えが常に正解というわけでもなかろうが、昨日からの流れを見れば、今の正解エリアはここなのだ。というわけで昨日と同じポイントへ。

 場所は得たが「釣れましたか?」「アタリはあるよ」状態。ここから先がいよいよ、ルアー、メソッドだのを駆使するときである。

 この日、朕はビッグベイトをメインに据えたタックルで臨んだ。
 手堅いと思われていたベイトでバイト止まりという事態に手を失っていたというのも理由のひとつだが、まったく投げやりな、奇をてらっただけの策ではないということは明言しておこう。
 意識したのは、季節の進行に伴う代謝機能の活性化と、フィッシュイーターに限らず、動物は徹底した効率主義者であるということだ。エネルギーの消費が早くなっている今、一度の捕食でより多くの栄養を得られる行動に出ていることだろう。また、スポーニングの時期も迫っている。
 ビッグベイトが模するものは魚だけではない。Drマシリトとキャラメルマン2号の関係を思い出して欲しい。使い手側の考え方次第なのだ。

 ポイント到着時はまだ光量十分。
 ナマズがシャローを徘徊する条件は満たされていない。この時間帯は、ポイントに与えるインパクトを抑えるため、流芯のボトム付近に潜む魚を意識してフィンテールバイブを打ち、シャローにフィッシュイーター化したコイはいないかとテラー35を流す。

 李立到着。
 タックルはクランキンロッドにメタニウム、フラットラップ、オリジナルザラスプークをメーンに据えた、多摩川鉄のナマ師オーソッドックススタイルだ。

 やがて光量落ちる頃、ナマズが現れる。
 例によって、「釣れましたか?」「アタリはあるよ」状態だったが、明らかな傾向が見て取れた。
 トップウォータープラグに反応は出るが弱々しい。しかし、レンジは間違っておらず、ザラ、Zプラグには強烈な反応が出る。
 この日、朕はロイヤルフラッシュ、BBZシャッド、Zプラグを用いていたが反応を得られるのはZプラグだけ。
 Zプラグで深いバイトを得ておきながらバラしてしまったのは、朕のフックセット技術にも問題があるだろうが、これまでも深いバイトを得ていながらバラしていたことから、タッチアップしているとはいえノーマルフックの性能にも問題があるのかもしれない。カルティバフックに換装し、再度挑むべきだろう。
 一方、バルサ50、ハトリーズ、RCクランクでは反応のみに終わっていた李立はザラにチェンジし、数度あったストライクのうちのひとつをキャッチ。

 ナマズはアユの動きを追った動きを見せているが、もっと捕食効率の良い栄養豊富なベイトを見つければ、そちらに傾くのだろう。

 今回、Zプラグ、ザラともにカエルイミテートを意識しての使用だった。
スポンサーサイト

テーマ : キャリアを考える
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード