ワーク瞬噭刹駆

 3月21日。

 「ワークの実践は楽しいな」という言葉を、某新興宗教団体の冊子で目にしたことがある。
 そして、朕が娑婆の塗炭にあえいでいた時も、サマナたちはワークに励んでいた。

 多摩川でのステージがダントツに高い李立は、難易度の高い瀬付き前のマルタをキャッチ。

 ドブシーバスの醍醐味を知った武松は、ワールドシャウラ、スピニングモデルまで手にし、バスフィッシングの枠を超えていた。


 3月22日。

 小潮。
 しかし、潮位の変動はしっかり描かれている。
 シーバスの捕食ポイントの生きる潮の動きだ。
 月の周回軌道がいい塩梅なのだろう。

 この日は、ゲーム開始の好適時間帯までいくらか時間に余裕があったので、釣具屋を冷やかしに行こうと入ったカースティングでハスキーを発見。
 散財は控えたい心境ではあったが、ハスキーはフラットラップやFシリーズでは補えない力を持っている。
 殊に、大型のベイトが有効な秋のシーバスには効果大で、釣りきったとか、群れが去ったと思われるような状況で一本、二本と搾り出す力があると感じられている。
 13cm、3/8ozというサイズでありながら、飛びは最低という致命的な弱点はあるが…。

 遅い昼食をはさんで現地入り。
 潮は上げ時であり、ベイトが絡めばカバーが生きてくる、ドブの最奥部。
 ベイトは前回来た時より増えてはいたが、必ず釣れると確信させるだけの強さは感じられなかった。
 しかし、武松は開けた水面にベイトの痕跡を追いフッコをキャッチしていた。
 カバーエリアは不発で、ベイトの群れも去ったかのような気配があったため、移動。

 風向きと潮の動きがどん詰まりのシャローフラットに向かうであろう、ホームレス公園はどうか、と移動。
 ディープ側からシャロー側に風と流れの相乗効果を期待したが、それほど力のあるエリアではなかったようだ。
 朕の、ストーム・ワンダーもどきに小型マルタがヒットしたのみ。
 明らかに外している。

 旧ホームへ戻る。
 本日参加予定だったバギーのおっちゃんぢょんが、ようやく合流。
 下げの時間帯に入ったこともあり、一級ポイントへ。
 やはり、この一帯は魚が入ってきていて、朕が木っ端セイゴと30クラスを。武松が40クラスを。
 そしてぢょんが50クラスをキャッチし、一通りの成功を得ての撤退。ナマ師どもが、しばしナマズを忘れシーバスに熱狂する夜であった。

 3月23日。

 昨晩の疲れは心地良い疲れというべきものであった。
 朕は娑婆に囚われの身であったが、サマナたちはきっちりワークを行っていた。
 シャークロッドを手にしたバギーのおっちゃんは、嬉々として振り回していたようだが、勝負を決めたのはボトムルアーだったようだ。
 李立は40クラススモールマウスを。
 ぢょんは30クラスをキャッチ。

 どうやら多摩川スモールマウスも然るべき動きに入っているかのような気配。

 3月24日。

 多摩川スモールは、朕のホームとする一帯では、その生息数の希薄さゆえ、釣ることを諦めていた。
 また、いよいよイージーキャッチのマルタ激釣多摩川二桁釣果のシーズンが始まろうとしていることもあり、興味はこちらに傾いていたが、多摩川ではスモールマウスが大繁殖していて、在来種に深刻な被害を与えているということを思い出す。
 というわけで、この日は大繁殖している希少種を窺いつつ、マルタの状況を確認しようと多摩川へ向かった。
 タックルはボトムレンジのライトワーミングから、1/2ozクラスのプラグを使うためにPZX-664スピニングモデルを持っていくことにした。
 
 現地到着。
 先日のヒットの状況を見る限り、ポイント、魚の動きはある程度予想できる。
 問題はこのポイント一帯にどれだけ魚が集まっているかである。
 そして、このポイントにあるストラクチャーの要所を押さえた李立が40クラスをキャッチ。
 要所に至る経路を探していた朕は不発。
 やはりスモールマウスは希少種だな、と朕がラインシステムをプラグのキャスティングに備え、FGに組んでいたところ、李立、再びキャッチ。
 しかし、どうも様子がおかしい。
 ナマズ?コイ?
 と、寄せてみればラージマウス!
 スモールマウスと同じコース、同じレンジ、同じメソッドでのヒット。スモール狙いのードではあるが価値の高い一尾である。

 バスに関しては、魚影を考えれば十分な釣果だろう、ということで、だいぶその数を増やしてきた遡上マルタ狙いに移行。

 ルアーに積極的に反応してくるような状況ではないということは承知しているが、数が増えればその分、間違いを犯す個体も増える。
 魚の集まる道筋を見つけ、そこに様々なルアーを打ち込んでみたところ、ラパラのミノープラグにしたところ、反応が増える。
 しかし、フッキングは決まらず、何故?を突き詰められるような魚種でもなく、というわけで、適当なところで切り上げ。

 翌日、李立が再びスモールマウスをキャッチしていた。
 40クラスを二本。
 多摩川サマナとしてのステージの違いを見せつけていた。

※マー語
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : シーバスフィッシング 多摩川 ルアーフィッシング

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード