厳寒の至玉

 春もだいぶん進行してきたが、この日は肌寒く感じられていた。しかし、今日は丸一日の休日なのだ。ワークをみっちりこなすに最適だろう。
 登戸は混雑が予測されたし、今のところ朕が狙うべき魚は見えてこない。下手にネストの魚を釣ってしまって、このフィッシングの将来を危機に晒すわけにもいかない。
 よって、この日はなかなか分析が進んでいない宇奈根エリアの様子を見に行くことにした。
120421unane.jpg 120421kitami.jpg

 早くから見えていたスポーニングの動きに、既にアフターに入っている個体を意識して、岸寄りのカバー周りにネイルシンカーを仕込んだフィネスワームを落としていくが反応は得られず。
 近くで小物釣りをしていたおじさんがいたので、様子を聞いてみたところ「急に寒くなったせいか、今日はさっぱりだよ」とのこと。
 急変の気候。こういうときはスピナーベイトがビッグフィッシュを連れてくることが多い。スモールマウスバスにはどうなのか?という疑問もあったが消去法で正解を求めるには一度はしっかり投げてみたほうがいいだろう。
 強い流れの中でしっかりボトムを取ってリトリーブしてくるのは困難だが挑戦を続けながらエリア下流まで流していく。
 するとバサーらしきカップルがひたすら沖に向かってキャストするのが目に付いた。この二人の存在に気付いてしばらく経つのだが、同じキャスティング位置をキープしている。
 もしや沖に大きな、キーとなるようなストラクチャーでもあるのか、と気になり伺ってみた。
 まったくダメだという。去年はこれでよく釣れたのに、と言う。
 季節はいつであったか尋ねると、去年の秋だという…典型的な釣れない症候群の思考にある人だった。
 しかし、魚は釣れなくとも、女はしっかり釣ってキープできてるのだから十分楽しかろう。
 という具合で他のアングラーから有効な情報を得ることも出来ず、小物のタナが深いということだけ心に留め置き、もうひとつ気になるポイントの様子を見に行った。
 強い本流と接する逆ワンド。このワンドの中は超クリアのどシャローと流れ込みからなる構成。コイしか見えないが、ある条件により「ンボいただき」もあり得ようとほくそ笑む。
 ワンドの入り口は適度に水深もあり、探りを入れてみたくはあったが先行の釣り師が何人か入っていたため断念。
 結局、登戸で粘るのが妥当か。

 すでに李俊や李立のほか、何人かの顔見知りは来ていて、一様に不調だという。
 状況が急変により下り坂に入った時はこんなものだろう。
 光量が少なめであったので、ナマ師の味を占めた李立が、ナマズを釣りに行こうと言い出す。
 人が寒さを厳しく感じるコンデションの時は上手くいかないことが多いのだが、100%正しい理論というわけでもない、ということも知る聡明な朕は、再びブレイブメンロードを渡ることにした。
 「バギーのおっちゃんが渡ったら、この橋折れちゃうかもよ」と李立。まったく失礼な話だが、その通り、と笑う寛大な朕。

 ナマズの姿が見えぬ中、スプール内の糸よれを解消する目的で、スピンテールジグを投げていた李立。
 突然のファイト。
 重みのある引きで、最初はコイのスレ掛かりだろう。ルアーだけは失くさないように気をつけなきゃな。何せライトアクションロッドに5lbフロロカーボンという頼りないタックルなんだから。ファイトしながらも、コイだと思っていたので別段気を使う様子もなく、談笑しながらのリーリング。
 しかし、うっすらと魚の姿が見えてからは違った。
 「ナマズか!違う。何だ?とにかく慎重に!」
120421pow.jpg

 そして見えたのはライギョ!
 このエリアではラージマウスバスと同等の価値のある魚。
 李立にとっては人生初のライギョだそうである。その興奮ぶりも半端ではない。から高いペンションになるが…光量が落ちる時間帯になってもナマズが現われることはなく。
 ライギョは偶然釣れたが、それでもやはり人が寒さを厳しく感じるコンデションの時は諦めたほうが良いという持論は正しいと悟り、深追いせず撤退となった。

※マー語
スポンサーサイト

テーマ : 仕事日記
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード