LIED JAPAN

 “フルボッコ”で新しいネタを我々に提供してくれたことに感謝している。こんな面白いネタ、KEN以来だ。バッカンとか、水門とか、エビも面白かったけど今回はメーカー手ずからだから一層面白い…あ、ネクストワンもメーカーだった。
 叩く連中もいるようだが、しょうがねえじゃん。世の中、経済がすべてだし、悪人と嘘つきになびくビッチで構成されてるんだから、それに乗り遅れまいとして一生懸命やってたら、たまたまイカサマがばれただけのこと。
 そう、これは正しいことなんだ!
 というわけで、オレもいっちょう!
 もちろん、相羽リグを用いて釣果を金盛る気で一杯さ。
110928.jpg

 と、多摩川を見てみれば、本流筋は白濁り。ワンドがやや澄みかけていて、ベイトも結構いる…まだ小さいアユが、かなりの数だ。水位は下がったままだがベイトに寄せられスモールは無理でもナマズが濁りの中で待ち伏せてるんじゃないかと期待したが。
 まるで気配が無い。陽が沈んでも。
 下流のテトラ帯に張り付いてるのか、それとも大きく活動域を変えたか…絞込みの作業は次の機会にするとして…居場所の見当がつかなければ、さしもの相羽リグも無力。釣れなければ金盛ることもできない。
 所詮、悪人でも嘘つきでもないオレには、やつらと同じ結果など出せないのか…。
 まあ、明後日はドブシーバスがある、と、深追いも気落ちもせずカイジ最終回の余韻に浸るのだった。
スポンサーサイト
プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード