Landlocker

 片やヨンゴー組という経済的縛りゆえ。片やスモールマウスバスへの執着ゆえ。共に狛江・登戸エリアに通いこむバスバブル生き残りのバスソ二人…すなわち首領たるオレと、副首領たるぢょん。
 台風通過後「上々颱風」などと言ってははしゃいでいたものだが、良い影響が現れたのはシーバスのみで、我らが容易にアクセスできるエリアでは連敗に次ぐ連敗を重ねていた。
110729lure.jpg

 台風が去り、水勢はあるもののコイ、アユの魚影は極めて濃厚。ファーストムービング系では、アユがスレ掛かってくる。しかし、スモール、ナマズの反応、兆候ともに感じられず。
 増水で流されたか。しかし、現にコイとアユはこれほどに居るのだ。大繁殖しているというのなら、流される個体があるにせよ、すべてが流されてしまうわけでもあるまい。ならばここはフィネスを試みるべきか。
 ショアジギタックルを買ったら儚くなってしまったわずかなペリカをはたき、ヤマモトのセレブワーム、ソアレの鉄板を買い足し、リッジ56Fとエリアススピナーベイト、果てはクラッピーワームセットまで引っ張り出し、回遊する個体がコンタクトするであろう一帯に、フィネスフィッシングを高い次元でこなすフェンウィックで臨む。
110729noborito.jpg

 この日合流することになっていた、副首領のぢょんは先日、フレイムのキャスティングモデルを折ってしまったとのことで、オレは出番のなくなってしまった比較的バーサタイルなキャスティングロッド、デイズを譲ることにした。
 滞りなく合流し、デイズを引き渡すが、ぢょんは大丈夫らしくとんでもない金額をオレに渡そうとしたもののオレは固辞。確かに極貧生活にあって金は欲しいところだが、必要なくなった(というよりもワーム・ジグ用のロッドはフェンウィック、オールスター、ルーミスのいずれかにし、Tmaxかクルマと同時所有し、いずれ完璧なバスソとして復活しようとしているので)ものを売って利を得ようという考えは毛頭無く、ましてや相手は身内のものであり、道具の良し悪しを見極めることができる者。
 まったくただにしてしまっては、ぢょんも居心地が悪かろうということで、ここは梁山泊の流儀にのっとり、十の物は一の値で売るということに。
 共にフィネス、ファーストムービングを織り交ぜつつ一帯を探ったが、やはりスモール、ナマズともに気配が感じられない。
 唯一得た生命反応といえば、アユの転がし仕掛けに引っ掛かったコイの幼魚をレスキューしたぐらいのもの。
 やがて雨も強くなり、今後の展開を憂慮しつつ解散。
20110731_01.jpg 110731_02.jpg

 日が変わり、単独で多摩川へ向かう。
 ベイトを追ったところで、それが正解と言い切れなくなってしまった今…しかし、それしか道筋が無いのが現状。確実に狙って魚を釣るなら下流域へ行きシーバスを狙うのが正解ということをわかっていながら限られたエリアでナマズやスモールを狙うしかないのだ。
 堰下のシャローにはアユが満ちていたが、やはり気配は無く、普段は敬遠する元嫁宅周辺BQNエリアにも探りを入れ、かつての一級ポイントまでも足を伸ばしてみるが…『苦労を押して求めても良い結果は得られない』という我が人生の法則通り…やはりボーズ。
 つまり、苦労とか辛抱ってのは何も見えてないことなんだな。見えてないとこでのあがきってのは結局、無駄な努力であるということを痛感している今。
 とはいえ狛江・登戸エリアにロックされた我が身の上…明日も懲りずに多摩川釣行。
スポンサーサイト
プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード