脳なしベイトと言うのは簡単だが…

 釣らなければならないんだ。
 と、フロイド・プレアスの言葉を拝借したところで、帰宅時飯は炊けておらず思わぬタイムロスとなってしまったが、今日は稽古が無いので17時頃、先日の反省を活かしシーバスタックルを持ち、いつもの多摩川へ向かった。
110330_01.jpg

 さすがにこの時間ともなると、釣り師はほとんどいないようだ。
 まずは光量があるうちに一帯の様子を偏光グラス越しに見て歩く。特にこれといったものは発見できず。
 昨日、シャローにわらわらしていたベイトも見えず、ただコイが見えるのみ。
 光量もさることながら、小波もあって視認できる範囲は昨日より狭かった。どのみち、見えてない状況であったので、ひたすら小型ジャークベイト、スピナーでオープンエリアを探り、ゴミが引っかかるところや、ストレッチの短い場所はフリッツシェイクで、という具合だったがコイのスレアタリがあるのみ。フリッツシイェイクは泳ぎ自体は抜群だが、素材の脆さゆえ、簡単に使い物にならなくなっていく。
 まいっちんぐ、と陽が落ちて再びシャローエリアに戻ってみれば逆光越しに多数のベイトの波紋が見える。ブラックはともかく、このコンデションでナマズが狙ってないはずはないだろう、とアームやらスモールプラグの数々を一帯に投げ込むが無反応。
110330_esko.jpg

 ここに居ないなら、もっと良い条件の場所はどこだ?それとも…かなり歩くが、遠回りして本流のヨレができるワンドの岬状のところまで行ってみるか、とも考えたが、これまでの経験では苦労して行った先でいいことは無かった。掛けた労は報われないのがオレの運命。
 帰ろうかと考えたが、やはりあのベイトの波紋が気になる。
 しかし、そこ攻めてもダメだったし…と、ボックスにエスコを入れてきたことを思い出した。ここは村田基になろう。
 ラパラでダメならお手上げ。あるいは、魚が居ないのだ、と納得して終われる。
 エスコを数投。スレともアタックとも判断しかねるが、明らかにロッドに伝わる生命感が増え、そのうち明確なバイト。寄せてみれば、60クラスのナマズ。
 足場が安定しない場所での取り込みにてこずり、ボガグリップを口にねじ込もうとしたら暴れられ不運にも金具がリーダーと干渉。切られないようにと結んだエックステックスオーシャン8lbだったがラインブレイク。魚だけでなく貴重なエスコも失う。フックはバーブレスなので、そのうち外れてくれるだろうが、このルアーの釣れっぷりが知れ渡るのが怖い。
 炸裂したことは無いが、諦めムードの状況に目の覚めるような魚をもたらしてくれるスグレモノである。また、多摩川での70クラスナマズやブラックを釣ってきたのもこのルアーだ。
 残りはこの一個。
 明日、出撃できるならリーダーはトライリーンにして、大げさでもシーバス用に買った高級ラバーネットを持って行くとしよう。
 長いことボーズが続いているが、ここ3回の出撃では確実に魚のバイトを得ている。そろそろ、ここを賑やかにしてやることが出来るだろう。
スポンサーサイト
プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード