津軽の海よ…

 まったくの話、これからの人生には何の夢も無い。浮世のちまたとは無縁な半分終わったような生きかたを選択したのだが、釣りに関しては夢に満ちていたはずの都落ちだった…が、八郎ではボーズ。近所の野池でもブラック、ナマズともに釣れず、やはり青森はソルトか!?と意気込んでもサイズが伸びず。
 とりあえず、何か掴めるまで一通りやってみるしかない。
 というわけで、今回はミノーイングアイナメ、サーフのヒラメ、コチ。また、今季、低温の続く青森県。ヒラメ、コチ狙いでアメマスの可能性もあるかもしれないってことでロックフィッシュ用のバスタックルと、ヒラメ狙いのシーバスタックルで津軽半島に足を運んだ。

 こんな好天の海沿いの道は、バイクで走りたいが、まだ状況が掴めてないのでそれなりに多目の選択肢が必要。というわけで、しばらく釣り車となるステップワゴンを借用。

 まずは、平舘村のシャローフラットが広がるロックエリアを目に留めて様子を見る。

 数投したら、ラインがぶっちぎれてしまった。先日、PEラインを炙る際、メインラインにまで熱が及んだせいかもしれない。どのみち、ここは陽が沈んでからのアイナメミノーイングポイントだ。

 平館港。帰省の際は必ずここに寄り、様子を見た場所。

 港内、陸奥湾に面したテトラ帯をメタルジグ、極小アームで攻めれば、シェードが絡む場所では釣れるが、メバル、ソイともに小型。良型のアイナメが食いついてくるのが見えたがフッキングはせず。
 先日の魚の反応を見る限りだと、ソイはもう少し温かくならないとダメなのかもしれない。小型とはいえ、ヒットしてくるのはメバルのほうが多い。
 ここでのヒットの記憶を辿ると、釣れるのはほとんどソイだったという記憶がある。

 水はやはりクリアで、ホヤが手の届きそうなところにあるというのが驚きだった。

 上はこの一帯の風景。経済が発展しても、この風景は保ってほしいものだ。

 とりあえず、ここは「ただいま」の挨拶をしようと寄ったようなもの。下らないダジャレの公共施設案内板の写真を撮り、ヒラメ、コチが釣れると『北の海のルアーフィッシング』に記されている与茂内サーフを目指す。


 どの辺が与茂内エリアなのかわからぬまま、とりあえずサーフが広がり、あちこちに小規模流入河川のある場所を打ってみる。
 しかし、岸に寄るベイトがまったく見えず、4,50メートル流して反応が無かった時点で打ち捨てた。
 
 今別川河口。
 じいさんが、河口に突き出た堤防でなにやらやっている。後で、何してるか聞いてみるとして、とりあえず水の中の様子を見る。イワシか、アユか不明だが5センチ前後の細長い小魚の群れが溯っているのが見える。
 堤防の上に、カニの入ったバケツが置いてあった。どうやら、じいさんが狙ってるのはこれのようだ。
 流暢な津軽弁で、じいさんと話す。
 じいさんの津軽弁は、オレの住む青森市より更に奥地の津軽弁なので聞き取った後、訳す必要がある。どうやら、今はカレイが旬の釣り物のようで、ルアーではせいぜいウグイぐらいだろう。とのこと。アメマスは?と聞くと、まだあまり来てないそうだ。河口域で粘っててもいいことなさそうだな。とりあえず、上流側の様子だけでも見ておくか、と歩き始めたら川底を這うカニの姿を発見。けっこういいサイズだったので、じいさんに教えてやった。
 捕まえたカニは横幅20を越える、食いでのありそうなモクズガニだった。

 善行を積んで、いい気分になったオレは上流に向かって歩き始めた。そういや昔、釣りを始めた頃、この辺でアメマスを見つけてもヘボだったので手も足も出ず、悔しい思いをしたもんだな…。ヌマガレイがスプーンを追ってきてたっけ…と昔を思い出しつつ、海ではフローティングのアスリートミノーSPが、シンキングになっていることに気付く。純淡水になったようだ。

 ルアーをシュガーミノーFに換え、流れで少し深くなった岸際のボサ周りをダウンクロスで通す。


 すると、このイワナがチェイスしてきてがっつりバイト。スレてないようで、シーバスロッドでも余裕のランディングだった。
 見ているうちに無性に食いたくなり、しっかり握り、コンクリに頭を打ち付けてやった。二、三発でようやく大人しくなった。しまった、ナイフやクーラーはクルマの中だ!
 じいさんにイワナを見せてやる。
 「めえどぉ~おいしいよ」だって。
 砂まみれになったイワナを洗ってもらい、血抜きをする。
 急いで、氷を買いに行く。少し走ればサークルKがあるが、ここは昔からある地方の雑貨商店で買うのが気分だ。
 さっそく、氷をぶち込み、一安心。
 こんな調子で釣れるんじゃ二匹目のナントカも狙ってみよう、と、さっきヒットしたポイントの対岸側へ。
 逆ワンド場になった、水の止まった場所にもトラウトの姿が見えたのでキャストしてみたら、すぐにチェイス、バイト。しかしこれはバレてしまった。
 本命ポイントの、流れの急な場所。
 Fミノーだと飛び出してしまうようなところだった。手持ちで一番小さい、ビーフリーズ65S…ESGシリーズのサバカラーを、ダウンクロスで引いてきたら手ごたえあり。

 今度はヤマメだった。
 近くに落ちてた石で一発。今度は決まった。
 もう一箇所、こういうポイントがあったが、長靴でも無いとルアーじゃ攻められない。かといって目に付く範囲に、こういうトラウトが付きそうな変化は無い。

 本命はヒラメ、コチ、尺クラスのロックフィッシュだったが、割と満足できる結果が出たことと、まだ夕飯には間に合う時間だったので、これから世話になる親父にお土産として手頃なこの魚を持って帰ろう。
 すんなり納竿。
 都落ちして、五日。ようやくマトモな魚が釣れ、一安心というところ。

※:和歌山県でのソフトプラスチックベイトの呼称
 
スポンサーサイト

テーマ : 暴落に打ち勝つ投資法
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード