中潮、雨、貧困

長潮が去り、中潮がやってきた。
そして、雨による水質の改善。
海へ繰り出したい気分であったが、外は肌寒く感じられるほど。
雨に濡れて二輪で出かけるには辛かろう。あるいは、だいぶ溝の減ったタイヤでのぬれた路面は心配事も多い。
こんな日は車で行くに限る。
しかし、その気になれば、換えのタイヤぐらいは望める環境さえもう無くなってしまった。
自民大敗の喜びも束の間、希望の持てぬ生活はいつまで続くのだろう。
今日の雨は、欝な気分にさせるにじゅうぶんなものだった。
スポンサーサイト
プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード