おめえらは一軍、オレは二軍泣き

 4月18日。

 驚くような陽気。
 根性を口にしながら、実はいちばんからっきしな修羅でも楽しめそうな気候である。
 しかし、残念ながら今日は平日。
 ただでさえプレッシャーに敏感になっている大物が出てくることなど望めようか。
 それでも「オレたち今までバスに限らずいろんな魚種狙ってきたよな」と、朕に念押ししてきたことが物語るように、朕と同等、若しくはそれ以上の技量を持っていると思われる節があった修羅である。
 朕程度でもよく釣れているということを見せてあげることが出来れば、降臨を促す効果はあるかもしれない。
 また、ハードベートで釣るのが上、ソフトベイトで釣るのは下、という感覚の人でもあったので、ハードベイトをメインに使う朕が釣果を稼いでいけば再び多摩川にも興を示すだろう。
 新参の釣り人を捕まえては“根っからのバサー”ぶりを謳う登戸名物をまた見てみたいものである。

 伝説三輪氏の降臨など無いと割り切ったうえでの登戸入り。
 平日だけあって、降臨跡に釣り人は少ない。それでも万が一降りてこられても困らない程度にベイトとなる釣り人が居る。やはりこの土地は伝説のための場所なのだと思う。
 南風吹く波立った水面に、朕はマニックやBスイムトリガーを流していったが反応は得られず、ボイルを見ることも無かった。
 下流側に移動しようとしたところ、李立と張良がやって来た。
 張良は先日の土曜日、トップで五匹のキャッチに成功したという。絶対偶然ではない。朕には見えない何かを見ているのは間違いない。
 彼らと同じ魚を狙おうとしても無駄だろう。ここは「オレはおめえと違ってガチじゃねえからよお」と、伝説式負け惜しみを言って逃亡するのが賢明だ。
 そして朕は下流側のポイントでスポットに数回ベイトを通し、反応を得られなかったことで韓流ポイントに移動することにした。

 韓流ポイントにはナマズさんが居た。
 「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」と、挨拶し、スプリットショットリグ、表層系のローテーションで流して過ごす。
 しばらくして「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」の声。
 童威だった。
 更に「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」と続く。
 李立と公孫戍こうそんじゅだった。
 朕が去った降臨跡では張良がボイルうちを成功させ40アップのスモールマウスを釣り、バス狙いでは張良に敵わぬと見た李立は素早く視点を切り替え、ナマズ狙いにシフトし、キャッチに至らしめたという。
 その鮮やかな手際に感心するも、自分を完全に上回った後輩の技量を素直に認められない僻み体質のレジェンドⅡに倣い、朕は「突き落としてやろうか」と泣いた。
 この一事で賑やかな雰囲気になってくるが、釣り自体は不振で、長らくだべくっていた末、公孫戍が李立から借り受けたタックルでようやくペケニシモを一匹キャッチ。
 不振の中の一本であったのでその功は大きい。しかし他人の功は認めないのが伝説の時代以降の作法。
 「何だ、小バスしか釣れねえのか。だらしがねえなあ」と、謗るのが正しい。
 やがて夕刻迫り、ナマズさんと公孫戍は撤退。
 「オレはおめえらと違ってガチじゃねえからよお」
 「何だ、もう帰るのか。おめえには根性が無え」
 お約束のやり取りは欠かさない。

 朕は先日、その数を増やしていたマルタが瀬付きするのかを見るため、堰下エリアに下った。
 陽が傾いて光量も落ちてきてはいるが、最初の瀬に目立った動きは無かった。
 更に下流の瀬か、と下ってみたがこちらはマルタの姿そのものが見えず。
 最初の瀬に戻れば李立と童威が来ていた。
 童威は降臨跡の小バスポイントのことが気になってマルタどころではないという感じだったので、李立に感触を訊いてみる。
 居るには居るし、アタリらしき感触はあるとのこと。ここでいいのだろうか、と疑念を口にするが、しかし、下流側はもっとひどいと話したところ、ならばここで粘るしゃないという結論に至る。
 完全に陽が沈み、釣り人が居なくなると瀬で暴れるマルタが見られるようになった、が、散発かつ小規模過ぎ、どうにも調子が上がらない。
 それでも卵を狙ってつけ回す魚は存在しており、かろうじてという感じで朕がニゴイをキャッチすることができた。
 既に多摩川勝者としての地位を失った魚種ではあるが、とりあえずノーフィッシュを免れ安堵する朕であったが、このことが三輪氏の知ることとなったら「何だ、ニゴイしか釣れねえのか。だらしがねえなあ」と謗られてしまうことだろう。

 ※マー語

スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

降臨元年伝説評議会

 4月16日。

 陽気の日曜日。
 温かい日が安定して続いている。これほどの過ごし易さならば、寒さに怯んだ口先だけの根性を茶化されることも無いだろう。そして岸辺には多くのベイトがやって来るのが目に見えている。
 伝説三輪氏が降臨するなら、今日は絶好の日ではなかろうか。
 
 昨日は江三子、童威がいい感じで釣れていたようで公孫戍こうそんじゅはギルまで釣ったと聞く。
 フィールドは違えど、降臨元年元旦に武松に贈ったシャッドダンサーは新利根で炸裂したという話も聞く。
 景気の良い釣果情報を聞き、からペンションの高まった朕は「新川で鍛えた本気を実釣をもって示す!」と、伝説三輪宣言し、多摩川へ向かった。
 そして、出発前に夏侯章かこうしょうは来るなり白線香でナマズを釣ったとの報が入り、一層期待が高まる。

 現地入り。
 案の定人出は多く、入ろうと思っていたポイントも釣堀のごとくであった。
 初老の紳士が40アップをキャッチしているのが見えた。聞けば、馬の背に絡むブレークを意識しスプリットショットリグでドリフトさせていたとのこと。
 このクラスが回ってきているならば、と朕はボイル発生を待った。
 童威がやってくる。
 早朝から始め、既に五匹キャッチしているとのこと。うち一匹はラージマウスだったというので写真を見せていただく。
 「今日のオレの仕事は終了」と、伝説三輪式余裕をぶちかましていた。
 下野さんもやって来る。
 今日はペケニシモ混じりではあるが五匹釣れたという。
 やはり良い日なのだ。
 ボイルに対する期待がいよいよ強くなるが、見えたのは小型の単発だったり、ネストの魚を釣って得意げに振る舞い、乾いた手でいじり倒す蒙昧な釣り人といった残念な光景だけだった。
 そのうち、下野さんと童威はバギーのおっちゃんいうところの“男らしい釣り”を諦め移動してしまったが、朕は「おめえらは根性が無え」と伝説三輪式で罵り、「もしかしたら釣れるかもしれねえじゃねえかよお!」とレジェンドⅡのようにブチキレ、日没間際まで降臨跡で待つことにした。
 しかし、プレッシャーが掛かりすぎてしまっているのか、望まれたボイルは起こらず、ナイスサイズをキャッチしていたのはボトムをドリフトさせていた釣り人だった。
 この釣り人の話を聞いて、ようやくトップは無理だと諦め、江三子らと合流。

 ナマズさんが通りがかり、韓流ポイントで四匹キャッチできたという。
 朕以外の全員が釣れていることにより、朕は気分を露わにし、半開きの涙目で「オレはよお、おめえらと違ってガチじゃねえからよお」と、伝説三輪式皮肉をぶっ放した。

 陽が落ちてから韓流ポイントに入る。
 「釣れてるやつの真似しねえと見えるものも見えてこねえぞ」という名言に従い、朕もライトリグをしばらくやっていたが、魚が動きやすい水温にあり、光量が落ちればいかにセレクティブなスモールマウスだとてルアーに対する判断力が鈍るはず、と集中力が続かず、結局表層系プラグを引いてみたり、グラスミノーを巻いたりしていた。
 ボーズを逃れたければ堰下のマルタに逃れるという手もあったのだろうが、この頃には既に新たに移動しようという気力も失せていた。
 そして遂に迎える終了の刻。
 ここで釣れていたのは公孫戍。
 ルアーとほぼ同サイズのスモールマウスだという。
 しかもこのベイト、伝説アナザー氏をして「そのワーム、大事に使ったほうがいいよ」と言わしめた、タイニーブラッシュホッグであった。
 
 ※マー語

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

修羅と泪と僻みと三輪

 4月14日。

 この日、伝説の人に無いと非難されていた“冒険心”とやらを発揮してみようと、マルタの様子を見に行くため、プラグでの釣りをメインに仕立てたキャスティングタックルで多摩川に向かった。

 温かい南風のこの日。
 降臨跡のことが気になったりしたが、まずは東名高速下を荒らしていたマフィアが去ってからどうなったのかをこの目で見ておきたい。
 堰下エリアへ向かう途中、李立とナマズさんに会う。
 共に韓流ポイントでブラックを狙うというので「おめえらには冒険心が無え」と、レジェンドⅡ式で罵り、朕は一人堰下エリアに歩いた。

 マルタは流れの筋に沿うような形で帯をなしている。
 しかし、これほどの数がありながらルアーに反応する個体は極めて稀で、ワンダーに一回バイトしてくるのを見るのみだった。
 他に見た魚といえばコイと、Bフォロワーを追うニゴイのみ。
 瀬付きがありそうな雰囲気はあったが、この日は夜から酒宴の予定がえっており、確かめることができない。
 今後はバス、ナマズは失敗しても、しばらくマルタやエッグイーター相手のゲームを楽しむことが出来るだろうということを記憶に留め韓流ポイントに移動。

 李立、ナマズさんの他、下野さんの姿もあった。
 「おめえらばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」と、朕がお約束すれば、
 「何だ、釣れなかったのか。だらしがねえなあ」
 と、李立が伝説式で返す。
 「そういうおめえさんはどうなんだよお?」
 と、朕がバギーのおっちゃんの物真似で問えば、既に三匹キャッチできたとのこと。
 そしてほとんど間を置かず四匹目、五匹目とキャッチしていく。
 「オーエスピーのルアーしか釣れないよ」と豪語する李立に対し、ここに居た一同は「突き落としてやろうか」と、伝説三輪氏のごとく泣いた。

 童威がやって来て、李立と共に降臨跡に移動。
 朕と下野さんは残り、レジェンドⅡには無かった根性を出し、ここで粘ることにした。
 頻度は高くはなかったが、ボイルも起こるようになり、表層系をあれこれ試しているうちに、フェイキードッグにバイトが出る。幸い下野さんは離れたところにいたので「アタったとかバレたとか、そういう話は聞きたくねーんだよ!」とキレられることは無かった。
 しばらくして下野さんがストライクを得る。
 ずいぶんペケニシモな魚だな、と見ればラージマウス。
 他にもこのクラスのスモールマウスが一匹釣れたという。
 まったく釣れていない朕は、釣れない理由をハンドルのがたつきに起因する振動のせいにして己を取り繕い、帰ろうとしていたところ李立が戻ってくる。
 「40アップ釣りましたよ」
 というので写真を見せてもらう。
 ドッグX・コアユでの釣果だ。
 どうやら降臨跡では良型のボイルが発生していたようで、張良はこれより更に大きなスモールマウスを同じくトップウォーターでキャッチしていたとのこと。
 朕は「おめえらこの前までドッグX全否定だったじゃねえか!」と、三輪泣きし、一足先に撤退とした。

 去り際、童威に会う。
 こんなの釣れましたよ、と写真を見せてもらったところ超ペケニシモ。
 完全ボーズの朕は、当然のごとく半開きの涙目で「そこまでして釣りてえか?」と、Ⅰ・Ⅱ共通のレジェンド泣きで讃え、多摩川を後にした。

 ※マー語

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

修羅の弁明

 4月13日。

 「新川では云々」に始まり、「我々は修羅である」「手堅さに走って自分らしさを見失ってると思わねえか」「オレはおめえらと違ってガチじゃねえからよお」「オレらは二軍、おめえらは一軍。そういう考えやめねえかあ。オレたちそもそもそういう付き合いだったか」と変化して行き、「釣れなくても関係ありましぇ~ん」と遂に開き直ったと思えば、「ハンドルのがたつきに起因する振動がシェイクするたびにグリップで増幅されどうにもならなくなった」と、改めて不調の理由を説明。
 殷の紂王は己の非を飾るのが上手く、臣下の諫言を受け付かなかったという。
 紂王は才気ある人だったというからまだしも、身近な伝説でさえも己を飾ることには巧みだった。
 朕にはそんな才気のひとかけらも無く、今は実験ネタとて無い。どうやら今日もまっすぐに多摩川に向かうしかないようだ。

 韓流ポイントからスタートしようと現地入りしてみれば、蔡沢とナマズさんが居た。
 「おめえらばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」と、三輪泣きで吠えてみたが、まだ誰も釣れていないとのこと。とんだ赤っ恥だ。
 温暖な南風の吹くこんな日は、降臨跡が良いのかもしれないが、今やあそこでは集中力が続かない。
 蔡沢とここでよく釣れるベイト、釣れないベイトについてああだこうだと論じ合っているうちに、ナマズさんが一匹釣り上げる。
 根掛りに苦しみながらも、サターンワームのファットタイプでキャッチ。
 これを見て「釣れてるやつのマネしねえと見えるものも見えてこねえぞ」という伝説三輪氏の言葉を思い出し、朕もチキクロウやスピードワームといったボリュームのあるベイトからコンパクトなスティッコーに落としてみた。
 すると、さほど間を置かずキャッチできた。
 連続ノーフィッシュに歯止めはかかったものの、この種のメソッドでしか釣れないのは物足りなさを感じる。
 スクールで来ているのか、と期待が高まる中、蔡沢がアンダーショットリグでキャッチ。
 40以上45未満といったところ。
 朕が釣れた魚より断然大きい。
 せっかく連続ノーフィッシュをナイスサイズで止めることができたというのに、サイズで上回られ面白くない朕は「オレはおめえと違ってガチじゃねえからよお」と、僻んでないふりをした。
 とりあえず魚は来てるのだ、更に追加していこうと一同意気も上がるがここまでだった。
 童威がやってくる。
 「おめえらばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」
 この地での礼法もだいぶん弁えてきた。
 今日は早上がりしなければならないというので、現在反応が途絶えているとありのままを伝えると、早々にどこかへ去って行った。

 陽が沈み、反応の無くなった韓流ポイントを諦め、ウィンディサイドとなる降臨跡に向かった。
 すこし先を見れば侯嬴こうえいらしき人影が見える。
 声を掛けてみたところやはり侯嬴だった。
 「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」と、お約束の挨拶をし、様子を聞いてみたところ、スモールマウスのストライクを二度得、二度ともばらしてしまったという。
 当然「アタったとかバレたとか、そういう話は聞きたくねーんだよ!」と、アナザー式でキレてやった。
 スタート地点は気配が無かったことにより、一帯のポイントやアプローチ方法を案内してもらいながら探っていたが、バス、ナマズどちらも反応が無く、空腹に耐え切れず、まだまだやる気満々の侯嬴に別れを告げ、一足先に撤退とした。
 幸い、侯嬴はアナザー氏は知るも三輪氏は知らぬため「おめえはそれで悔しくねえのか」と罵られずに、すんなり帰ることが出来たのだった。

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

美しいとは白い尻を舐めることと見つけたり

 4月9日。

 黒人の頭蓋骨には隷属性を司る窪みが存在するという。
 カルビン・キャンディの話はデタラメばかりだともいうが、俗世の動勢を見れば、その窪みは日本人にもあるのではないかという気がしてくる。だからこそ同胞に害為す輩との関係強化などと言ってられるのだ。
 今日も他国のジェット戦闘機が我が頭上を飛んでいる。
 嫌でも入って来る世間の雑音で汚れてしまった耳を洗うため、朕は多摩川に向かった。

 雨後の日曜日。
 程よい天候。
 口ばかりの根性の人とて過ごすのに難儀すまい。
 もしかしたらお忍びで降臨されていることもあるかもしれない。
 出発しようと家を出たところ、江南の蛮人となった史進より釣果写真が届く。 
 遠い琵琶湖でのこと。どんなに妬ましくとも突き落としてやることができない。
 こんな時はどう泣けばよいのか思い浮かばぬ朕は、改めて伝説三輪氏の僻みのセンスを思い知る。
 とりあえず「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」と吠えた。

 新川で鍛えた本気を実釣をもって示すべく、韓流ポイントに入ってみれば、何人かの釣り人の中に李俊が居た。
 水中で何かを負うスモールマウスを見ることはできたが、誰も反応は得られない。
 下野さんがやってくる。
 レジェンドⅢ候補者と、紅蠍大先生の知る“大将”と呼ばれる人物が同一人物ではないか、という疑惑が生じてきたので、下野さんにあれこれと訊いてみるが、決定的な確証が得られない。何はともあれ、現在、新たなる伝説誕生の予感がある。
 韓流ポイントは探れる範囲が限られてしまう状況。かといって降臨跡の印象は良くない。
 困ったものだと言い合っているうちに公孫戍こうそんじゅよりメール着信。
 現在、夏侯章、童威と共に降臨跡に居り、公孫戍が釣ったとのこと。
 また、現在は釣り座に不自由するほど釣り人が多くないという。
 それならば、ということで朕と下野さんは降臨跡に移動することにした。

 降臨跡は濁りが残っていて、風もシャローに向かって吹き付けている。
 昨年までなら期待を込めてキャストしているところだが、今年はこの一帯に対する疑念があり、キャスト時のとりあえず感を拭えない。
 しかし、雨が何かを変えたのか、地の力を信じ集中力を保っていた下野さん、公孫戍、童威はそれぞれキャッチに成功していた。
 すべてボトムを引いての釣果。
 遂にこの一帯も力を持つようになったか、と思ったがここまでだった。
 釣り人も増えてきたことにより、韓流ポイントへ移動。

 韓流ポイントには李俊が残っていた。
 我々が去った後、三匹キャッチできたとのこと。
 波立つ水面と少ない光量という状況下にあって、ボトムのスローな釣りなどやってられぬ、と朕はハード、ソフト共に表層寄りのスイミングで通したが何事も起こらず。
 夏侯章は白バレットでナマズを釣ったという話が入って来る。
 そして、朕の隣でノーシンカーリグを引いていた下野さんがバスをキャッチするのだった。
 この日、一切の反応を得られなかった朕は「オレはおめえらと違ってガチじゃねえからよお」と伝説三輪泣きする他なかった。
 連続ノーフィッシュという憂き目に遭っている朕ではあるが、金も無いし、女(詐欺師)との付き合いも無い負け組であるため“釣りという低レベルな競争”から逃亡するわけにもいかないのである。


テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード