FC2ブログ

リキパレスに行きたくて

 2月2日。

 先日の発勁シーバスには大いに刺激を受けた。
 平潟湾は年明けの早い段階からシーバスの実績があるエリアだとは知っていたが、仲間内でやってのけた者が出ると「我も!」という気持ちになってしまう。
 しかし、実績ポイントでの再現を狙うのはあまりにも愚かだ。
 平潟湾を追うにしても、フェンウィックのサーモンロッドを手にし、然るべき足を得てから臨まなければ、エリアに入っても、ただ手を束ねているだけ、やりたいことのほとんどが出来ず撃沈ということもあり得る。
 たとえ散ることがあっても、やるべきことやったうえで果てたい。
 追うべきを追えない釣りはつまらないもの。例えそのときは運よく釣れたとしても。

 朕は天然の要因以外で追うことの出来ないフィールド、釣りは好まぬ。
 登戸を基点として考えた場合、多摩川はバスの薄さを知った今、追うのはきわめて難しいフィールドである。
 しかし、水際に入ることに制限を受ける場所がほとんど無いというのは素晴らしい。こちらがその気になれば十分に追うことの出来る、自由なゲームフィールドといえる。
 スモールマウスという魚種にこだわらなければ、ナマズ、シーといった魅力的なゲームフィッシュを追うことができる。
 釣りをするに当たって、そのフィールドの自由度というものは常に考えておかなければならない要素だ。
 自由度が、己のキャパシティを上回っているフィールドが望ましい。面積とは無関係に、手狭に感じられるフィールドには行く価値が無い。

 フィールド論を一席ぶったところで実釣に移る。
 
 温暖な日が連続している。ここまで温暖が続くなら、ナマズも確実に動くだろうという予測の元、せんずり地蔵へ向かう。
 途中、補給のため、コンビニに寄ろうとしたところ、駐車場にバギーを発見。先日見た偽物ではなく、本物のおっちゃんぢょんのバギーだ。
 体調不良はまだ続いているようだが、食欲は旺盛。Gビールスにでも侵されているのだろうか。

 日曜日だけあって、現地には我々の他にも数名のルアーマンが居た。
 ぢょんは前日からの公約通り、アラバマリグを結んでいた。
 場が荒れるとか、魚がスレることをおっちゃんは危惧していたが、投げたいルアーをキャストせずしてルアーフィッシングを堪能出来ているといえようか。
 また、朕にはアラバマリグでの釣果に対する期待は無かったが、コーリングアップされてくる魚が見えるのではないかという期待はあった。
 スモールマウスだろうが、ナマズだろうが、その存在を確認できたうえで、朕の自信のベイト、フィネスワームをプレゼンテーションしてやればいい。
 と、並んで流していくが、共に反応は得られなかった往路。
 復路は手を変え、様々なベイト、リグを試しながら流していく。
 見れば対岸のアングラーが35以上は確実なスモールマウスを得ていた。
 現在予測し得る生息数を考えれば、専門で狙うには覚悟と根気の要る魚。振り回されず、ナマズをメインにという意識で進む。

 やがて、李立、秦明、武松と、ナマ師全員がこの流域に姿を現した。
 誰もが連日の温暖による釣果を期待していたが…

 五人掛かりで得られたのは李立の得られたこの一尾のみ。
 日中に本流の絡むブレークラインを回遊していたと見られるナマズである。

 この日は、釣果を上げて祝い酒を、というつもりでいたが、安肉亭での反省会…のつもりが、武松の車到着後の夢語りになっていた。
 来週以降のメバル。秦明の地元、川崎、平潟湾でのシーバス。富士五湖、霞水系でのバスフィッシング。楽和の元へ乗り込んでのショアジギ…破綻者たちの夢は止まることを知らない。
スポンサーサイト



tag : 多摩川 ルアーフィッシング

吹き荒れよ、アナーキズム

 1月13日。

 早川港でさんざんにやられて帰ってきた多摩川ナマ師たち。
 次回芒碭山巡幸は、シイラを岸から狙える時期になってからになろう。
 それまでに長めの強いアメリカンロッドを入手しておかなければならないだろう。
 候補は既にある。TOURNEY TRAIL/TTSS1006-2という2ピースで2オンスまで背負えるスピニングロッド、約70ドルという価格設定。
 と、ショアジギングに思いを馳せていたこの日、秦明、李立、武松らが、好適には程遠い状況下でのナマズゲームに挑んでいた。
 しかし、秦明がいても届かぬフィールドコンデションだったようで、李立がカナモJr式サーチをかけてもスプークしないナマズに口を使わせていた。

 すなわち、低水温で危険信号を認知できずにいる個体を発見したということである。

 1月14日。

 フィールドワークに出る時間はあったが、状況は昨日より下り気味の気候であったため休業。皆勤賞を逃す。
 月の魔法が魚の動きを支配するのは紛れも無い事実だが、月齢が味方しても低温のあまり動けなくなってしまってはどうにもならない。
 自然界の諸要素が与える影響を読み解くことは、釣法よりも重要なことであり、上手く流れを見極め、乗ることができた時だけ釣法が生きるのだ。
 
 1月16日。
 
 ここ数日の流れの中で、昨日が最低の日に思われた。
 今日は昨日より最高気温が三度高いとの予報。
 最低のポイントは脱けたか。
 期待できるというほどではないが、このわずかな上昇に、動き出す個体があるかもしれない。
 また、その絶対数ゆえほとんど望み薄だが、スモールマウスが通るという偶然を拾えたらラッキーだ。
 勝負は陽が出ている間だろう。
 というわけで、この日は出勤決定。

 せんずり地蔵前。
 まずは陽の当たるカバー周りを探ろうとスプリットショットリグを組んでいたところ、李立到着。
 水際に立つなり、心中にいかりや長介が現れる。
 「ダメだこりゃ」
 目の前の状況を見て、思考力が働く前に、無意識下で脳が情報を処理し、回答してしまったのだ。いわゆる勘というものであろう。
 しかし、去ったところで本命ポイントにはまだ他の釣り師たちがいる。
 朕はとりあえずルアーをキャストしつつ、李立に先日仕入れたザブラミノー11Fとビーフリーズ78SPショートビルのスイムチェックを頼む。

 ショートビルビーフリーズは強い流れのなかでも上々の泳ぎ。トウィッチ、ジャークのアクションも上出来。リップがオリジナルより短いので、レンジ的にも多摩川向き。
 惜しむらくは、これは偶然中古屋で見つけたもので容易に補充できないというところにある。近所の釣具屋を回っても、78サイズのビーフリーズはいずこもソルト仕様のものばかり。ソルトユーザーは、ソルトゲームでも浮いてくれるSPモデルが必要であるということを知らないのだろうか…。

 ザブラミノーはリッジの大型版なのかと期待していたが、凡庸なミノープラグという印象。それでも他のソルト用フローティングミノーに比べれば十分ましな泳ぎといえるレベルにあったが、リッジ90Fやラトル抜きフラッシュミノー110がある今、特に必要なベイトとは思えなかった。円天を積めばルドラだって買うこともできる。
 どうも、ソルト用として売られているフローティングミノーは飛び以外良いところが見られない…。

 やがて釣り座も空き、流していくが見えてくるものは無く、李立が一度バイトを得るが単発。
 やはり、今、魚たちは非常に厳しい環境に晒されていると判断できた。
 こういった時に粘ったところで、徒にルアーロストの確率を増やすだけ。
 

 左が朕のタックル。
 ロッド:シュープリームZ
 リール:シルスター・ピナクルデッドボルト
 ルアー:ゼロファイター

 右が李立のタックル。
 ロッド:コスモプラネット
 リール:シルスター・ピナクルビジョン
 ルアー:Uボート・タイプⅠ

 と、千夜釣行を懐かしんでの撤退となった。

 帰り際、通りがかりのじい様に、何が釣れるのか尋ねられたのでナマズだと答える。
 バスは?というので残念ながらいない、と答えたところ、それは良かった、バスは鮎を食ってしまうから居ないほうがいい、と寝ぼけたことを言う。
 そりゃあんた騙されてるよ、鮎を食うのはむしろナマズなんだと観察者としての真実を言ったところ、このジジイ、何も言わず背を向け去っていく。
 てめえから話しかけておいて、悪人どもに吹き込まれた良識とやらを打ち、こちらの話には耳も傾けず…最低のクズジジイだった。
 朕はこの嘘つきが早々に棺の中に住まわれるよう祈った。
 悪人や嘘つきと折り合いをつけ、ビッチに取り入るなどまっぴらである。

テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

宇奈根せんずり地蔵尊

 12月30日。

 今年最後の釣行。
 昨日、それぞれ別のエリアでフィールドワークを行っていた李立と武松の報告から、水温の安定しているカレントと、それをホールドする水量があり、カバーも十分にある宇奈根エリアが良かろうということで、現地入り。

 昨年は鎮座していただけの地蔵が、今年はチン座しておられた。
 ここはパワースポットとか吐かす場所で、物言わぬ像にエナジーが漲ったということなのか。

 一帯を見て歩いたところ、ベイトは以前見た時より増えたかのような印象。
 水路化の進んだこの一帯ではあるが、著しい気温低下の影響受ける流れの緩いシャローフラットには居られなくなった魚たちが、何はともあれ水量豊富で本流の安定した水温の恩恵を受けられるこの水域に集まってきたということか。
 これが、ナマズ、スモールマウスに直結するかどうかは近頃のしょぼい釣果を見る限り、必ずしもここが好適であるとは断定できないが、自然の摂理に基づいて考えを進めるなら、ベイトフィッシュにとって良い環境はおのずとフィッシュイーターも寄せてくるという図式が成り立ち、必ずや探るべき条件となる。

 開始時は光量も十分にあったので、安定した本流の絡むカバー周りのボトムレンジを打つべしと判断。
 もし生息しているのならスモールマウスが食ってくるだろう。
 朕はフィネスワームをスプリットショットリグに組み、流芯絡みのカバーエリアを流した。
 非常に集中力を要する、ストロークの長い釣りだが、何度目かのドリフト&ドラッギングにバイトの感触を得る。
 トライリーン6lbなら単純な引っ張り合いで負けることはないが、カバーに擦れるのは危険。
 先日は二度のラインブレイクを犯してしまったが、凡庸ではあっても朕はベテランである。カバー周りのファイトができないわけではない。
 この引きの強さ、スモールマウスか!と一瞬思ったが、重量感がスピード感を上回り、ナマズだと判明。
 しかしがっかりするわけでもない。
 多摩川の王道ターゲットであり、ナイスサイズでもあったからだ。

 スモールマウス狙いのゲード外道といえばゲードだが、久々のホーム釣果を喜んだ。
 AVS66MFへの入魂も今年中に間に合った。
 これもまた、メジャークラフト価格で手に入る、国産ハイエンドモデルに優る高性能というロッドだった。
 感度、リフティングパワーともに納得いくパフォーマンス。これもまたプラチナム同様、ASR824Sの不在を補えるロッドとして認定。

 遅れて、李立、武松到着。
 ベイトが浮き、光量が落ちてくれば、カバーに固執することもないだろう。
 ジャークベート、リップレスクランクといった巻きの釣りに切り替え。
 フィネスワーミングから中量級ムービング系に一本のロッドで対応可能なスピニングロッド。
 バスにもシーバスにも対応可能で6,6fというレングス。
 これぞ求めていたロッドというもの。
 朕はノーフィッシュを免れて余裕ぶちかましのポーズだったが、これまでのノーフィッシュの分を取り返さねば、と、ローライトに誘われカバー地帯から離れるであろう回遊フィーディングナマズを求め巻き続けた。
 しかし、誰にも魚信は無く、いい加減諦めがついたところで、やっぱ冬はメバルかねえ、という話になり、マメいじりの快楽が一同の心をくすぐった。

 朕は1月3日、4日と休みだし、武松、バギーのおっちゃんぢょんも正月休み中だ。
 ということで、レンタカーでも借りて鼻水たらしのマメいじりに行こうかという話が持ち上がりこの日は解散となった。

 芒碭山ぼうとうざんからも釣り納めの報あり。

 相変わらずサーフでナイスフィッシュを得ていた。
 朕も来年はサーモンロッドでも買ってサーフゲームに備えようかと思うのであった。

テーマ : 夢へ向かって
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング バスフィッシング

ベン・ヂョンソンの失墜

 12月28日。

 昨晩のヒットには傾向があった。
 豆粒でも豆粒なりのパターンがあった。
 小型で動きの強いグラスミノーSS、沈みが遅くレスポンスの良いリッジMDR、シュガーミノーSにバイトが集中していた。

 ストレート系のルアーで深いバイトを得るにはドラッグの力が必要だった。その薬物とはJBの橋本真也プロデュースの禁止薬物、フレンジーシュリンプパウダーである。
 ただでさえ良く釣れるグラスミノーSSにドラッグを使っていたぢょんは、副作用のためか、この日はダウン。薬物汚染は薬物不使用の李立にも広まったのか、同じくダウン。

 確かに薬物でバイト時間は増える。
 しかし、肝心なのは魚を寄せる動きと存在感であって、フォーミュラの類は付け足し程度の効力である。これを使っても手間が増えるだけで、さしたる利点は無いというのが朕の感想であった。
 そこで朕はカタコト風の標語を思いついた。
 “クスリ、ダメ、ゼッタイ”
 我ながら気持ちの悪いセンスに感心する。
 
 朕と武松は篤い病の痛手のため、薬物の毒も毒とはなり得ず、滞りなくレギュラーワークを行うことができた。

 朕はまず、中野島堰下の水門周辺を目指したが、コイ仕掛けが一帯に林立していたため、探りもままならず登戸へ移動。

 登戸には李俊とピッチングおじさんがいた。
 李俊に今日の様子はと尋ねれば、先ほどまで荒川に行っていたためまだ手探り段階だという。
 荒川はウンコ水門に攻め入り、ブルーギー一枚という結果だったとのこと。ウンコ水門の人出は相変わらず凄まじいらしく、かの県の狂気じみた正義感と狷介さを嘲笑うかのような現象に快哉を叫ぶ朕であった。
 
 この時期となると川原に涌いてくるバカどもも居らず、アングラーの独占状態といってもいいような感じだが、だからといって釣りがし易くなるかといえばそんなこともない。

 朕はそのうち深場の探りを諦め、第一ワンドにナマズの回遊を待つことにした。

 武松も到着。
 光量の落ち込みを待ち水面を睨み続ける。オッサン二人が黙って水面を見つめる様は日本野鳥の会のような滑稽さであろう。

 上空から丸見えというプレッシャーはあっても、その他の条件が良いこのポイントに、今日もナマズは現れた。
 相変わらず口を使わすのは難しい、という状態だったが、この日は武松が決めてくれた…と思いきや、足元のブッシュにラインが巻かれフックアウト。
 ナイスサイズである。
 残念無念…。
 魚は見えているのに釣れないという歯痒さを、この日も味わうこととなってしまった。

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング バスフィッシング

ハナクソみたいなジグヘッドの釣り

 12月25日。

 苦戦続きの多摩川に、朕の心は翌々日に控えたメバルゲームに飛んでいた。
 しかし、この日も結局フィールドに足が向いていた。先日届いた“ブラックボルト”に入魂の一尾を釣らせたいためであった。
 諸要因によって、口を使わせることが難しくなってはいるが、ベイト、水質、水温の点から、ナマズの進入が見込める第一ワンドに李立と共に張り付くことにした。
 
 例によって、第一ワンドは生命感に満ちている。これだけベイトがいれば必ずナマズはやってくる。
 読みはまたしても的中。そしてまたしても反応は得られてもフッキングには至らずノーフィッシュ。
 
 12月27日。

 苦戦続きの多摩川から離れ、釣れる釣りを望む朕にようやく巡ってきたメバル釣りの機会。
 これに鉄のナマ師の面々も加わり、冬の深夜にたんまりお豆ちゃんを味わい尽くそうということになった。
 長潮から若潮に変わるタイミングを狙っての出発となったが、本当にそうなのかどうかは実はかなり曖昧だったりする。

 発勁到着。
 タックルを組むのもまた楽しみのひとつ。
 今回のメバル用にロックフィッシュ用ロッドを仕込んだおっちゃんと、テンリュウのトラウトロッドを仕入れた史進はタックル談義に花を咲かす。
 朕はメバル釣行が決定した段階から準備を済ませていたのですぐさまポイントへ向かった。

 ジグヘッド、プラグは一個のボックスにまとめ、ワームは二袋だけという絞れた装備。
 朕は我先にとこっそり歩みを進め、最初の一尾を釣ってやろうとしていたが、これまたそそくさと準備を済ませた李立が続き、武松もまたメバル釣りの要諦を盗まんと続く。
 ところが、最初の一尾を得たのは遅れてやってきたバギーのおっちゃんだった。
 メバル初挑戦となるぢょんだが、対象は違ってもフィッシュイーターの釣り方など基本は一緒である。おっちゃんが最初の一尾を得ても驚くに値しないことではあるのだが、やはりおっちゃんは只人でなかった。
 

 デカハゼを二本ゲットという怪挙を成し遂げる。

 武松はよっぽど女神様に会いたかったのか、タックルを海中に抛るという暴走行為を行っていた。
 朕は神などこの世界には存在しないと諭し、李立が急遽組んだ空針のテキサスリグでタックルを救出。
 武松は己の気の迷いを大いに恥じていた。
 しかし、これは悪人、嘘つき、ビッチの跋扈する世の中であってみれば無理からぬこと。ありもしない神が、あるように思い込まされてしまう世界に生きているのだから。

 かくして、無情の寒さ、反応は得られてもフッキングにまでは至らず、といった困難に見舞われてはいたが、参加者全員が釣果を得ることができていた。

 史進は数こそ5であったが、一匹というに相応しいサイズを得ていたのはさすがといったところ。

 李立が10粒、朕が7粒、メバル初挑戦の武松は5粒、おっちゃんはメバル4粒、ハゼ2匹という結果。
 なんだかんだで鼻水を垂らしながらのマメいじりを堪能できた。
 しかし、メバル釣りの醍醐味はこんな程度ではない。次回はもっと潮回りのいい日に行こうと誓い、解散となった。

テーマ : スキルアップ
ジャンル : 就職・お仕事

tag : ルアーフィッシング

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード