FC2ブログ

スチャラカ招来

 11月8日。

 相羽リグで苦戦した昨日、夜に降臨跡に入っていた侯嬴こうえいは、修羅にはまるで無かった根性を発揮し、ワッパープロッパーでナマズをキャッチしていた。
 年間ナマズキャッチ数三桁まであとわずか。
 釣り廃人たちの間では、今年三桁行けるのかで盛り上がっているが、バスもろくに釣れない根っからのバサーには「どうせナマズだろ」と一蹴されそうな話でもある。

 迎えた当日。
 この日はこいる師匠こと御老公も来る予定。
 蝦は十分にある。
 気持ち良く釣れる環境が戻り、御老公のこいる節が聞けるようになっていて欲しいものだ。

 韓流ポイント入り。
 濁りは抜け切っていなかったが、小魚の行き交う様子が見えるまでには回復している。昨日より状況は良さそうだ。
 かつては濁り、増水は釣り人の味方になってくれることが多かったが、今や環境を悪化させる敵になることが圧倒的に多い。
 これはウォーターマフィアのたゆまぬ破壊活動の賜物である。

 ナマズさん到着。
 風強く、波立つ水面にどうなることやらと危ぶんだが、シンカーを打って事態に対処。 盛んというほどでもなかったが、ぽつぽつという感じで反応も出ていた。
 こいる師匠もやって来て、夕刻まで相羽リグを楽しむ。
 朕はスモールマウスを10匹、ナマズさんは4匹、御老公は3匹、といずれも40クラスが混じり概ね満足できる内容に、と、ここで終わっていればよかったものを、ナマズさんは40クラスのラージマウス1匹と関東巨鯉倶楽部を二回達成し、朕の二桁釣果をすっかり翳ませてしまってくれた。
 勿論朕は「オレはおめえと違ってガチじゃねえからよお」と、伝説三輪泣きである。

 夕刻に入り、今日一番の釣果を得たナマズさんが撤退。
 御老公は今度買おうとしている電動リールの自慢話を始める。朕がその釣りにはまったく興味が無いことなどお構いなしで、今日もやっぱり絶好調。釣りに関わるすべてが楽しいお年頃なのである。
 こんなにも食いでのあるベイトを根性が無えばかりに捕食できずにいる修羅を憐れむ朕であったが、果たして伝説三輪氏ていどにこいる師匠のような御老公を飲み下せるのだろうか、という疑念も生じるのだった。
 これからキャスティングとタックルベリーを見てくるといって御老公は撤退。

 彼らの撤退後、ルアーでの釣果も得ておきたいものだとワンダー、ファットアルバートイモでしばらくがむばってみたが、今回もルアーではまったく反応を得られず、結局今日消費した分の蝦を補充して終えたのだった。


スポンサーサイト

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

トップトーナメンターへの道

 11月7日。

 昨日はほとんど蝦を使わなかったので、今日は存分に相羽リグが出来る。
 問題は相羽リグが有効になる環境が戻ってきているかだ。

 韓流ポイント入りし、ナマズさんもすぐに現れる。
 濁りは昨日ほどではなかったが、しっかり残っている。
 早速相羽リグ投入。
 もしベストな状況でなかったとしても、蝦なら多少の融通は利くだろう、と反応を待ってみたが…。
 朕はスモールマウス1匹と振るわず、ナマズさんが40クラス含む4匹のスモールマウスとニゴイ1匹をキャッチし善戦。

 ナマズさんの撤退後、ルアーをキャストしてみたもののこちらはまったく反応を得られず。
 明日は御老公が来ることになっている。
 川の状態が回復していれば蝦が不足するなんてこともあるかもしれない。
 そこで、いい塩梅の暗さになってきたところで釣りを止め、明日の相羽リグに備えることにした。

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

ただ一食のために

 11月6日。

 伝説ファンには物足りない週末が続く登戸。
 しかし、水況がすこしでも上向けば釣果を得るのは可能なようで、先日の日曜日には公孫戍が40クラスを含む3匹のスモールマウスをルアーでキャッチしていた。
 川の詳細については伝えられてきたが、登戸名物に関する記述が一切無かったところをみると、この日もまた伝説不在の寂しい休日だったようだ。

 迎えた当日。
 昼は相羽リグでスモールマウス、夜はドブでシーバスというつもりで多摩川に向かった。

 韓流ポイントに入る。
 この日の相羽リグに備えて、昨晩のうちに蝦を仕込んでいたのである。
 このまま雨が降り続き濁りが入れば相羽リグも力を失う。
 開始直後の濁りはまだ軽く、何とか2匹のスモールマウスをキャッチ出来たが、ナマズさんが到着する頃には粒子混じりの白濁りが一帯に広がり、まったく反応を得られなくなってしまっていた。
 もはや続けるだけ無駄だろうということで解散とし、朕はシーバスを求めてケミカル臭漂う海のドブへ向かった。

 海ドブ、実験ワンド。
 開始早々に連続してフッコクラスのバイトがあり、期待生じる。
 瞬く間に日没を迎え、再びフッコクラスのストライクを得るが、これもまたアタったとかバレたとか、そんな話に終わり、キャッチ出来たのは木っ端セイゴだけだった。
 しかし、このポイントでこれだけの反応を得られたのだから、伝説記念公園はフッコ祭りになるのではないかと期待して移動。

 伝説記念公園。
 雨と平日。
 他に釣り人も居らずおめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!状態。
 それにしても伝説三輪氏はあんな場面で泣きキレてしまったのだろう。正解については誰よりも知っていると豪語していたのに…。
 水面にベイトの波紋が見えなかったので少し沈め気味にCDラパラを引いて護岸を往復するが反応は無い。
 ならばということで明暗境界、流れの変わる場所、と打っていくがこちらもまったく反応を得られない。
 結局、先日ここで会ったドブ常連シーバサーの話の正しさを実感し、再び実験ワンドに戻る。

 実験ワンド。
 水位が下がっている。
 訪れた初心者たちは初回のうちにことごとく釣果を得られていたのに、これまでに正解はやり尽くして来たはずの三輪氏は釣るまでに長い期間を要したストレッチが特に力を持つような状況だ。
 晩秋のこのストレッチ、この潮位から下げ止まるまでが朕にとって数少ないスズキチャンスの時。
 時刻はまだ20時を少し過ぎたばかり。ポイントに入れるまでここで無為の時間を過ごすのは辛い。かといって他に釣果を見込めるポイントも思いつかない。そもそも港湾部は進入可能な場所が少なすぎる。
 いらいらしてくるぜ、この街ときたら…と、浅井健一な気分。
 このまま時間を潰した挙句、結局ポイントに入ることが出来なかったなんてこともありうる。
 入れる保証の無いポイントを待つより、今から行けば確実にありつける美味い食事、と思考を切り替え、ここで納竿とした。

 その後、龍盛菜館で美味い晩飯に満足し、人の仕業によってやり切れなかった無念を鎮め、帰路に就くのだった。
 今年のシーバス釣行はこれで最後になりそうな気配である。

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング シーバスフィッシング

三輪風塵

 11月3日。

 相羽リグ封印。
 蝦はよく釣れるから封印なんてダサいことを言うつもりはなく、小悪党の狼藉を怖れての封印である。
 小悪党の来訪を警戒せずともよい平日になれば相羽リグは再開される。

 この日は快楽を得るための一手間を怠らず、一流企業の社員証を偽造してから登戸に向かった。
 実は下働きだろうと、冷遇されていようと、肩書きは人前に出る上で重要なのかもしれない。

 降臨跡。
 師匠、李俊、セニョール、張横といった釣り廃人のほか、二、三名の釣り人。
 二輪車は停まっていたが、改造三輪車は見当たらない。
 今や登戸は名物無く、ただ釣りをするだけの場になってしまった。釣り場なのだから当たり前のことなのだろうが、簡単にはいかない都会の川である。プレミアという慰めぐらいはあったっていい。

 足元にナイスサイズのスモールマウスだけでなく、フッコクラスのシーバスまで見えていたが、ベイトの群れは小規模かつ散り気味。
 流れはあるものの、掻き回せば消えない泡が生じる水質。
 釣れそうもないなとぼやきながらも「もしかしたら釣れるかもしれねえじゃねえじゃよお!」と、伝説三輪泣きのキャストを繰り返す。

 「ちんたらちんたら、お前らやる気あるのか!やる気がねえなら帰れ!」
 後ろのサッカー場からぶち切れる男の声が聞こえてくる。
 これだからスポーツマンシップってやつは嫌いだ。
 朕は怒鳴られた連中が全員帰ってくれることを心から願った。

 たまにボイルが起こることはあったが単発。
 魚が居るのは明らかでありながら手も足も出ない。
 師匠が諦めて撤退する。
 「何だ、もう諦めるのか。おめえには根性が無え
 朕は誰よりも根性が無かった半端者の言葉で送り出してやった。

 公孫戍より1匹釣れたとの報が入ってくる。
 しかし、韓流一帯は釣り人が多く、釣りのしづらい状況であるという。
 だからといって降臨跡で粘ったところで好転は無さそうだ。
 釣果を望めないのなら、せめて主君に挨拶をして忠誠心を示しておくべきだろう。
 また、主君にお目通りできなければ、一手間かけて仕込んできた偽装社員証も無駄になってしまう。
 移動しようとしているところに再びボイル発生し出したが、こんなの相手にしてられない、ということで移動。

 韓流ポイント。
 手マンポイントに三名のルアーマン、ケーポップには複数名の餌釣り師、その奥に夏侯章と公孫戍が居た。
 朕は主君の下へ進み出て、偽造社員証を見せた。
 キャノンを見せた時ほどのインパクトは無かったようだが、主君を笑わすことが出来たので一手間の労は報われたのだった。
 ここでは公孫戍がペケニシモのスモールマウスを1匹追加。

 夕刻に入り冷え込んでくる。
 日没後のあまりの反応の無さを訝しんで水面を照らしてみれば、日中はクリア気味だった水が白濁りに変わっていた。
 ハイプレッシャーだけでなく、自然環境まで敵に回ってしまってはお手上げである。
 完全にやっつけられたという感覚に打ちひしがれていた一同ではあったが、根性の無い様を晒しながらも“オレは負けてねえ”アピールだけは立派だった修羅の心意気に倣い「お疲れえ!」を勇ましく決めての解散とした。

 帰宅後、蝦夷地からの便りが届く。
 関東は岡山と変わらないようだが、関東と北海道は確実に違っている。
 一度は訪ねていきたいものだが、荘周先生同様貧しい朕には無理なことである。

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : ルアーフィッシング 多摩川

多摩川蝦蔵

 11月2日。

 相羽リグの備えは万全だ。
 さて、これまで多摩川連敗の日々を送っていたこいる師匠こと御老公も、前回前々回と連続キャッチ出来たことにより、すっかり相羽リグのとりことなった。
 「こんなのトーナメントで使ってるのバレたら追放だからな」
 と、何故かあのこともご存知である。
 蝦はナマズさんや御老公が存分に使えるだけの数を確保してある。
 どちらかが来るまではルアーで狙ってみることにしよう、と昼寝もせず草庵を出る。

 韓流ポイント到着。
 手マンポイントに師匠が居た。
 「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!
 伝説三輪式は欠かせぬお約束である。
 昨日は降臨跡で李俊が2匹のスモールマウスを釣り上げ、師匠は1匹をばらし、もう1匹をラインブレイクさせてしまったという。
 「アタったとかバレたとか、そんな話は聞きたくねーんだよ!
 師匠の心遣いにより、もうひとつの伝説式を決めることもできた。
 師匠とこの時期に会うことが出来るのは喜ばしいことではあるが、師匠がこの時期まで釣りに来ているということは、今年は満足いく釣りが出来ていないということでもある。
 釣果の落ち込みは川の側溝化が原因であって、合法的な行為が必ずしも正しいわけではないということが示されている。
 そんな話をしているうちにナマズさん到着。
 相羽リグ開始。
 師匠に相羽リグの威力を見せてやりたいところではあったが、この日はきわめて反応が鈍く、釣れたとしても続くことは無かった。
 師匠が撤退し、夕刻に入る手前、こいる師匠ようやく到着。
 朝の段階ではやる気満満だった御老公だったがハンドルのがたつきに起因する振動がシェイクするたびにグリップで増幅されどうにもならなくなるぐらいどうにもならない眠気にやられ、寝過ごしてしまったようである。
 数少ない反応、小さなあたりという中、朕は7匹のスモールマウスとコイ1匹、ナマズさんはニゴイ1匹、御老公はノーフィッシュという結果に終わる。

 夕刻に入り全員納竿。
 この日は思うところがあって蝦の補充はせず。
 更にハンドルのがたつきに起因する振動がシェイクするたびにグリップで増幅されどうにもならなくなるぐらいどうにもならない眠気も押し寄せてきていたので早めの撤退となった。



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード