FC2ブログ

令和二年!ハリボテの街と共に

 1月17日。

 いつまで経っても釣りという低レベルな競争から卒業できる見込みは無い。
 昨日までは施しのために冒険心を発揮させ周辺のポイントをじっくり見ておこうなどと思っていたが、鄒衍すうえんと明日の予定及び、もうひとつの降臨跡の動向について話し合っていたところ、釣り人の少ない平日のうちに、土日では出来ない念入りな探りを行っておくべきだという結論に至り、結局この日ももうひとつの降臨跡に入ることになった。

 現地入りして唖然。
 平日であるにもかかわらず、水門前には5、6人のルアーマン。
 平日でもこれだけの釣り人が来るのだから、土日はフォロワーサンが殺到するに違いない。
 ここは伝説三輪氏が珍しくも、ニゴイ、ナマズ、シーバスを釣ったことのある実績場所である。
 李立は釣りどころではなくなり、施恩も好きな時に釣りに行けない身分になっている現在。あとは朕が控えれば修羅も天敵に怯えず捕食が行えるようになるはずだ。
 そうなれば修羅はぐれ者の遭遇もまったくの夢想ではなくなる。
 今は禍が福に転ずる過渡期なのかもしれない。

 修羅のベイトが多いのは結構なことだが、入れるポイントが下流側に限られてしまったのは痛い。
 餌釣り師の中にも知った顔はおらず、無聊を凌ぐ話し相手もいないので光量が落ちるまで望みの無いキャストをするしゃない。
 流れの強弱をリップレスクランクで探し出し、引っ掛かりがあれば素っ首リグを通す、などとやっていたが「見えてくるものが無いのう」の伝説三輪状態が続く。
 やはり、明るい時間帯に弱風とあってはここは厳しい。
 シャローフラットともいえるこの一帯はカバー要素が弱いため、平穏な気象では魚をアクティブにさせられないのだ。
 護岸の石積みはカバーではあるが、ストラクチャーとの関連性は希薄。流れと共にあるカバーもあるが、そこは魚を停めるには小規模過ぎる。

 陽が傾く頃、鄒衍が現れる。
 餌釣り師たちが撤退を始め、水門前に張り付くフォロワーサンも二人にまで減った。
 そろそろ水門周辺に入れるか、と上流側に向かって移動したところ、恵施が現れる。
 ちょうどフォロワーサンの一人がバスを魚をヒットさせたので見ていると、ドラグをじいじいいわせながら寄せられずにいて、寄ってきたと思えば足元のカバーに潜られている。何のためにドラグを緩めているのか意味不明。
 朕は恵施にあれこそが悪いランディングの例だということを教えてやった。
 それでも何分もかけて取り込み、今度は10分近くも地上でこねくり回していた。
 ようやく水に返すのかと思いきや、まだ浸けたり揚げたりしている。いくら滅多に釣れないからといって、あれではカルホーン先輩や侯嬴こうえいよりも扱いが酷い。
 瀕死になるまで痛めつけてリリースするような連中に比べれば、釣れたものは何でも持ち帰り食おうとする外国人グループの方がずっとましである。
 朕はクランクベートをキャストしながら、何故このベイトを選んだのかを恵施に語っていたが、件のスモールマウスはまだフォロワーサンの手を離れていなかった。
 クランクベートはリップレスではなく、ラパラのDTだ。
 DTもラトル入りだが“魚に強烈にアピールする”タイプのものではないのでここでも安心して使える。また、ラパラのクランクベートはタイト&ハイピッチな動きで流れに負けず、真直ぐに引いて来られるのが魅力である。
 流れの中で使えるクランクベートについて講釈を垂れる朕だったが、本当の目的は、毎度この周辺でナマズを釣っている夏侯章の秘密を探るためであった。
 いくら俗人には無い徳を備えている人のこととはいえ、万象は因果関係の末に起こるもの。毎度のヒットにも必ずや理由があるはずだ。
 そこで、底、及び底寄りをスピーディかつ確実にチェック出来るこのクランクベートを選択したという次第。
 と、解説を交えながらスポットを探しているうちに魚がヒット。
 スモールマウスだった。
 聖人だけが知るナマズの秘密を解くことはできなかったが、「釣れるなら何でもです」と、伝説の人と志を同じくする朕としては十分に嬉しい結果である。
 釣果を得たことによって安堵した朕は、カバーとストラクチャーの違い、ラインの太さとルアーの関係、環境ごとの魚食魚の性向について大いに顎をしゃくってやったが、恵施は「意味がわからない」と素直に言った。
 実を伴わず、どからかの受け売りで顎をしゃくる者はこれまでによく見てきたが、知らないことを知らないといえる者は案外少ない。

 日没と共に鄒衍と恵施が撤退。
 朕はようやく無人になった水門前のカバーに手を出してみるも、今や全域がカバー効果を得ているためか、日中のプレッシャーでポイントが潰れてしまったのか、反応を得られなかったので諦めることにした。
 釣れないこともない程度に釣ることはできても、狙い済ましたうえで確実に釣果を得るのは至難の業。
 やはり新川で釣ったことのないやつは大したことねえのである。

 ※マー語

スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

エバーグリーンを使えとでもいうのか

 1月16日。

 タックルバランスの悪さを指摘したところ、メガバスの悪口と受け取ってしまった修羅の思考回路には参ってしまったが、メバルが釣れないのをリールのせいにできる発想の豊かさもあった。
 懐かしんでばかりもいられない。
 釣り廃人としての務めを果たさなければ、というわけで今日ももうひとつの降臨跡に入ることにした。
 施しのために動かなかったのは、ハンドルのがたつきに起因する振動がシェイクするたびにグリップで増幅されどうにもならなくなくなるぐらいどうにもならない眠気に対処していたので出発が遅くなってしまったためである。

 ポイント入り。
 やはり今日も水門前には何人かのルアーマンが張り付いている。
 カバーの釣りは、上手く通すことが出来ればイージーキャッチ可能なのが魅力だが、入れなさそうだし、日没も近いので、下流側のなだらかな駆け上がり、及び、明確な把握は出来ていないがしっかり存在するチャネルを狙うストラクチャーの釣りをすることにする。
 ワンダー80、レッドアイシャッドのローテーションで、リトリーブスピードには特に気を遣うまでもなく、適宜リトリーブスピードを変えながらの探りを行う。
 単純にこの巻き速度で反応が出たから、釣れたからという理由だけでの速度調整では、結局、ルアーにえげつないほど散らし鈎を付けていても尚、アタリだけだったりばらしてしまうことになる。
 また、他人の釣果の報が入った途端に、突如アタリがあったり、ばらしてしまったりし出す不思議な現象も現れたりしていたものだ。

 この日はバイトであると確信できる反応は一度もなく、また、何故こうなったのかさえも理解できないまま時間が経過していった。
 月齢、前日からの気象の動き、諸々の要因があるのだろうが、今の不調と繋げることが出来ない。
 明日も休日なので、釣れるまで続けることは物理的には可能である。
 しかし、いかに釣果が欲しいとはいえ、魚が何によって釣れるのかを曲がりなりにも理解している者としては、あのバカ釣りの領域にはとても踏み込めないのである。


テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

降臨の群れ

 1月14日。

 昨日、もうひとつの降臨跡の人出は多かったとのこと。
 休日の人出が多いのは、捕食好きの修羅にとっては喜ばしいことだろうが、釣り難い状況の中で釣るのは避けたいところ。
 そんなもうひとつの降臨跡ではあるが、釣れているのは事実で、鄒衍すうえんより、エバーグリーンのペラ付きワンダーでスモールマウスをキャッチしたとの報が入る。
 また、公孫戍がスモールマウスとナマズをキャッチし、多摩川レギュラーターゲット二種目を達成していたことと、夏侯章がナマズをキャッチしていたとの報も併せて伝えられる。
 ポイントが晒されたために人が増えて釣れなくなってしまったのは、その原因がフィッシングプレッシャー以外のところにあると見るべきだろう。
 いうまでもなく多摩川はパブリックウォーターである。先行者が居れば話は別だが、釣りたい人が釣りたい場所に入るのは当然のことであり、自分だけのポイントなるものがあるわけなど無いのが道理だ。

 迎えた当日。
 堰下もかなりフォロワーサンの知るところとなった感がある。
 フォロワーサンや乞食の分散のためにも新しい実績場所を探さなければとは思うが、今日は時間的にも体力的にも、ポイント探索にかけているゆとりは無い。
 結局、もうひとつの降臨跡に入る。
 世間様と休日を同じくしない身分の者を蔑みながらも、平日に目撃されることが多いもうひつの伝説が来ていないとも限らないというのもここを選択した理由のひとつである。

 と、ポイント入りしてみれば、平日とは思えないほどルアーマンが居る。
 ネット上で何かを見つけて、フォロワーサンからフォロワーサンへ、マイミクサンからマイミクサンへ伝播していったのだろう。
 そんな探し方では、今ここで釣れたとしても、ここが潰れた時、他では通用しないというものだ。
 修羅は好んで使っていたが、ネット発祥の俗語はどうも気色が悪くて馴染めない。
 それはともかくとして、現状で朕に釣れる魚は居ないと見て、素っ首リグの調整に専念することにした。

 陽が傾くころ、鄒衍が現れる。
 昨日の詳細を聞きながら人が減るのを待つ。
 上流対岸に淳于髠じゅんうこんが見えたので、上流側が空いたのを機に淳于髠の視界に入るように移動。
 淳于髠はちょうど帰るところで、
 「オレはおめえと違ってガチじゃねえからよお
 と、伝説三輪式のオレは負けてねえアピールで来たので、朕は、
 「何だ、もう帰るのか。おめえには根性が無え
 と、伝説三輪式の慰労で返した。
 道に在る者は礼を欠かさないのである。
 しばらくはカバー及び、スモールマウスを意識したあれこれを行っていたが、日没が迫るのを機に、意識をナマズに切り替える。
 もはやスモールマウスよりナマズの方が見え易くなっているのだ、と、ナマズの通るであろう一帯にキャストを続けていたところストライクを得る。
 寄せてみれば40少々のスモールマウス。
 JCDはナマズを選んで釣ることのできるベイトだと豪語していた朕の説は呆気なく覆されてしまったが、スモールマウスにも有効なのだと知り、ますます手放せないベイトになるのだった。
 ナマズも釣って二種目達成といきたいところではあったが、以降、捉えることが出来ず、やがて集中力も切れる。
 まあ、根っからのバサーに限ってバスどころかナマズさえも釣れないのが現実なのだから十分でしょう、という結論に至り、納竿とした。



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

倭人的功夫世代

 1月12日。

 昨日の昼過ぎのこと。
 鄒衍すうえんより、先日水没したキャメラが救出できたとの報が入る。
 水中撮影可能な完全防水キャメラなので、機能、データ共に無事だろう。朕はこれにより、いずれ主君に我が功績をお見せできることを喜んだ。
 更に同日、スモールマウスとナマズをキャッチし、多摩川レギュラーターゲット二種達成できたとの報も入ってくる。 
 朕は「オレにかまうな、上手い連中と仲良くやってくれ」と、伝説三輪泣きで鄒衍の功を称えた。

 迎えた当日。
 帰宅時、ハンドルのがたつきに起因する振動がシェイクするたびにグリップで増幅されどうにもならなくなるぐらいどうにもならない眠気が押し寄せてきていたが、キャメラ救出の功に応じるため眠気に耐え、鄒衍の到着に合わせて早めに出発できるように備えた。
 時間調整の合間に睡魔に負けてはならぬ、とインターネットを開き、タワーレコードオンラインで『おじいちゃんはデブゴン』を注文。
 サモハン、ラウ・カーウィン、カール・マック、ディーン・セキたちが紡いできたデブゴンシリーズ(本当にシリーズなのかどうかは不明)は、くだらなくて、凄くて、面白い、痛快なエンターテイメントである。
 詳細を知ってから手を出したいところではあるが、映画秘宝は消滅してしまった。
 悔やまれはするものの、赤貧、手狭すぎる住まいに託けて買っていなかった朕にも責任の一端がある。
 明日以降に釣り以外の楽しみが出来たところで多摩川に向かう。

 せせらぎ館到着。
 ちょうど鄒衍も到着。
 キャメラはドブ水で汚れてはいたが、機能は無事で、完全防水の偽りのなさに感心。
 連休中日でもあるので、もしかしたら登戸には伝説三輪氏が降臨しているなんてこともあるかもしれない。
 あるなら拝んでおきたい伝説の人、ではあるが、叩きすぎてルアーを見るなり逃げていくナマズを何度も見てきた経験を活かし、ポイントを休めることにする。
 というわけで、もうひとつの降臨跡に直行。
 餌釣り師の多いポイントだからルアーマンは少ないはず、と安心していたが甘かった。
 実績ポイントに行けば自分も釣れるはず、というところなのだろう。
 仕方がないので、度々顔を合わせるコイ師の爺さんと近況の話をしたり、流れの通り具合を調べながら時間を潰す。

 公孫戍と夏侯章がやって来る。
 まずは主君に二種目達成の写真を見ていただき、お褒めの言葉を賜る。
 朕は今日も素っ首リグの保持に一苦労。
 動きに幅が出ることにより、バスが騙されている時間が長く続くのか、バイトが出た後のフッキング成功率がオフセットフック使用時より高いのが利点だが、脆さが致命的な欠点である。
 せめて一匹釣れるまでは使い倒せないものか、と試行錯誤をしていたが、いずれも上手く行かず、結局オフセットフックに戻すことにした。
 そうこうしているうちに餌釣り師、ルアーマンも次々に撤退し、ポイント選択の幅が広がる。
 ふと夏侯章を見ればロッドをしならせている。
 「釣れちゃった」と言いながら、「釣れるなら何でもです」という人には到底無理な釣果を出し続けているものだから、もうひとつの伝説にとって天敵となってしまうのである。
 えげつないほどに散らし鈎を付けたルアーでのナマズ釣果を誇っていたルアーマンは、奇形ナマズが出てくるのは、バサーがバーブ付きのフックでナマズを釣るからだと嘆いていたが、釣れた魚の扱いが、小バスを熱暑のコンクリートで焼いていたバサーや、五分以上は空気中でねめ回すカルホーン先輩の次ぐらいに酷いやつでもあった。
 魚に優しくしたいのなら釣りをしなければ良いし、リリースするなら、優しさ、労わりといった気遣いをするより、いかにして再生産の妨害を最小限に抑えられるかを考えて行う方が良い。

 夕刻に入り光量が落ちてくる。
 公孫戍と夏侯章は「自分、根っからのバサーなもんで」といって韓流ポイントへ向かい、朕と鄒衍は「釣れるなら何でもです」といってもうひとつの降臨跡に残った。
 日没を迎える頃になると、ほぼ無風になりJCDのキャストに一切の不安が無い状態になっていた。
 「釣れるなら何でもです」と言いながら、意識は完全にナマズである。
 このエリアに通い始めた当初はスモールマウスよりナマズの方が測り難かったが、通い込むうちにナマズの方が測り易くなってきた。
 そして朕がナマズをキャッチ。
 「今日のオレの仕事は終了!」と、即座に伝説三輪式を決めたのは、今後、そのヘボっぷりが露見しても、やるべきことは済ませたので以降はあずかり知らぬことにするためである。
 既にヘボいということは周知されていたのに、更に上塗りを重ねていたのは、大人同士の心の戦いに負けたくなかったからだろう。

 帰りがてら韓流ポイントを覗いてみる。
 幸い、主従はまだ居り、ひとまず主君に先ほどの釣果を奏上。
 お褒めの言葉を賜ったのち、ベッドを釣るためのプラクティスを今からしている釣り人の話や、ネスト職人の話題で過ごす一同だったが、この間魚の反応は無かったので、釣れるまで、引っ掛けるまでいつまでも続けるバカ釣りの領域に踏み込む前に解散することにした。


テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

ヤーバー!(映画『暁に祈れ』より)

 1月10日。

 今日も昨日と同じような天候。
 天気予報の風速は弱いものだったが、街ののぼりをはためかせる程度には吹いている。
 昨日のパターンを踏襲できるかもしれない、ということでラトル入りのリップレスクランクを数個追加してもうひとつの降臨跡に向かう。
 キャメラは首からぶら下げ、絶対に落とさないようにした。

 もうひとつの降臨跡。
 予報では北西の風になっていたが、現地に吹く風は南、或いは南東からのもの。
 波立ちはあったので、いちばんうるさいラトリンバイブで流してみるも無反応。
 ポジションが変わったか、ルアーの問題か。
 まずはベイトのタイプを変えて引いてみたが違ったようだ。
 風向き以外は昨日と変わった点が認められないが、一夜にして魚の動向が変わってしまった気配である。
 こうなっては損耗覚悟の流芯カバーの釣りをするのが無難か。
 多摩川は初めてだというルアーマンに話しかけられる。
 バスを釣りに来たと言うので、朕はスモールマウスの難しさについいて大いに顎をしゃくり、しかし、このエリアに魚が溜まっているのは確かなので、やりようによっては釣れるということもしっかり伝えた。
 素っ首リグの損耗を防ぐための一手間として、今回はズィールのキャッツアイを埋め込んで対処してみたが、大して役には立たなかった。
 風に大きくはらむラインにより、リグがどのような状態にあるのか把握できず難渋していると、先ほどのルアーマンが魚を掛けていた。
 40クラスのスモールマウスである。
 30あるなし程度のサイズなら気にもかけないが、このサイズを釣ったとなると興味が湧く。
 ラッキークラフトのポインターがウィニングルアーになった時の記念モデルだ。
 ゆっくりとただ巻きしていたところ食ってきたという。
 もしや、と思った朕は同じポイントでワンダー60を引いてみたが続かず。
 初挑戦を40クラスで飾ったルアーマンは大喜びである。魚は確実に居るという言葉のおかげで集中力を保てたとのこと。
 しゃくった顎が、己を誇示するための虚飾でなかったことに安心する朕であった。
 魚はきっとあの流芯カバーを通って来たに違いない。
 釣れないのはしっかりカバーコンタクトが出来ていないためである。
 わかっていながら出来ないことのもどかしさ。
 そして、PEに組んだラインシステムだからこそのライントラブルにも見舞われ、リーダーを組み直す羽目に。
 その間にも先ほどのルアーマンがまたしてもストライクを得ていた。
 遠目にもナイスサイズだというのがわかる。
 リーダーを組み終え、どうやって釣ったのか聞いてみたところ、シャロークランクのスロー引きだったとのこと。
 朕は完全に食らわされた恰好である。

 陽が傾くころ、次々に釣り人が撤退。
 今日ももうひとつの降臨は見られず。
 プレミアは無いものと悟り、ナマズ狙いに専念することにする。
 ポイントの大まかな状態は徐々にわかってきて、ここは特に遠投の必要が無い。
 となれば、ベイトはJCDが最適だろう。
 JCDは怪魚ルアー、という風評を聞いて、怪魚ならナマズもあてはまるのではないかと試してみたところ、これが大当たり。
 何故このベイトが良いのか、他の愛用ベイトたちと違って、自分なりに説明することもできないのだが、実際ナマズによく効くので手放せなくなってしまい、今回もナマズのストライクを得ることが出来た。
 ところが足元に寄せてからのラインブレイク。
 リーダーはシーバス用の22LBモノフィラ。ラインに瑕が入り、護岸用の岩に擦られたのは違いないが、こうも呆気なく切れるものかと唖然。
 貴重なJCDを失う。
 これからは予備のリーダーもトライリーンにしておくべきか。
 気を取り直し、消音加工済みの新型レアリスバイブを引く。
 そして程なくしてバイトが出るも、魚の首振りを感じるや軽くなってしまう。
 何でだ?と改めてみれば、フックポイントが甘くなっていた。チェックを怠っていたのである。
 立て続けにへまをやらかしてはしまったが、遂に道筋を捉えた気がしたので、タッチアップを行い、更にはベイトを替え、と続けてみたものの、その後は音沙汰なし。
 捉えたと思ったのは気のせいだったようだ。
 ということで集中力が切れ、納竿とする。
 
 今後JCDを入手することはできるのだろうか。
 まだストックはあるが、今後の安定供給に不安のあるベイトである。
 修羅は剥がれた虚飾のために泣いていたが、朕は失った実のために泣くのだった。

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード