FC2ブログ

新シャクリ場

 5月17日。

 ただの平日。
 プレミアへの期待より、とにかく釣果を求めるべき日。
 今日もハンドルのがたつきに起因する振動がシェイクするたびにグリップで増幅されどうにもならなくなるぐらいどうにもならない眠気に対処し、夕刻に貧乏長屋を出る。
 近所にイージーキャッチの魚を求めるなら太い流れと大きな変化のあるところだろう、ということで中野島堰下合流点に向かう。

 既に陽は傾き始めている。
 流芯を攻める釣りとはいえ、総じて水深の浅いクリアウォーターである。光量は落ちていてくれた方が何かと都合が良い。
 盛り土を越えたところで蔡沢を発見。
 礼儀正しい朕は「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」と、伝説三輪式で挨拶した。
 蔡沢のメバルロッドはナマズやコイは釣れているが、まだバスをキャッチにまで至らしめておらず実験は継続中とのこと。蔡沢も伝説式はおろそかにしていない。
 一帯に見えるアユの数は例年に比べると非常に少ない。
 話によれば、今年計測されたアユもきわめて少ないとのこと。
 原因を特定することは出来ないが、晩秋に降臨跡でオチアユの大群を見ることなくなって久しい。産卵が上手く行っていないのだろう。
 種の減少を、他の種による食害とするにはいかにも無理がある。公共工事によって再生産の場が破壊されたことによるものだと思うのだが違うのだろうか。
 アユを狙ってのことかは不明ながら、バスやその他の魚種の捕食が起こることは度々あり、今回はコイをキャッチ出来た。
 ナマズの徘徊する様を確認したうえでナマズをキャッチしたいものだと日没後もキャストは続けられたが、ナマズのキャッチは成らず。
 アタったとかバレたとか、そんな話はしばしばあったが、やがてアタリすら無くなっていく。
 気付けばから水位が下がっている。人工的な下げ止まりというもので、反応すら無くなってしまったのはこのためだろうということで納竿とする。
 釣れるまで粘るというのも釣果を得るための一手といえなくもないが、次の堰操作がいつ行われるのかもわからないところで根性を発揮することはできなかった。

 ※マー語





スポンサーサイト

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

何でお前そのこと知ってんだ!?誰に聞いた?誰にも言うんじゃねえぞ!

 5月15日。

 昨日、伝説三輪氏のような脳内勝ち組ではなく、現実の勝ち組である楽和より釣果写真が送られてくる。
 かつての頻度には及ばぬながらも遠州でしっかりワークをこなしているようだ。

 帰宅後、ハンドルのがたつきに起因する振動がシェイクするたびにグリップで増幅されどうにもならなくなるぐらいどうにもならない眠気に対処し、夕刻手前に起きる。
 公孫戍が今日は登戸に行くとのメールあり。
 先輩史官との雉学議論は楽しいものではあるが、降臨跡にしろ韓流ポイントにしろ朕にとっては難しい場所。
 連続ノーフィッシュは避けたいので、先日ニゴイの回遊が確認されていた堰下狛江側、もうひとつの降臨跡に行ってみることにする。

 ポイントに向かう途中、公孫戍より2匹のスモールマウスをキャッチ出来たとの報が入ってくる。
 早い段階でキャッチ出来るほどだったとのことだが、朕が同じ釣りをしたところで、同じように結果を得るのは難しいだろうということで、予定通りもうひとつの降臨跡対岸で釣ることにする。
 ポイントには先行者。
 淳于髠じゅんうこんだった。
 ここ最近は大作瀬でオイカワを釣っていたとのこと。
 例年ならここでも十分釣れていたのだが、今年は上流域でしゃ釣りにならないという。
 雨の少なさというのもあるが、工事の悪影響が大なのだろう。
 人間の行う河川の整備は、税金を使う側には一時的に好影響を及ぼすが、全ての人間が生きる本を、取り返しのつかないところへ追いやっているのは間違いない。
 消費型社会から循環型社会へ…誰が執った音頭か知らないが、っそべえこいてら、というものである。

 岸際をうろつくコイ、小粒すぎる魚の群れは見えるが、アユはまったく見えない。スモールマウスらしき捕食を見ることはあったが単発。ニゴイの反応も無い。
 日没間際にナマズの徘徊が見られなければ諦めた方が良いのかもしれない。
 やがて日没が迫り、バイトらしき反応が出るようになる。心なしか魚が集まってきたような感触がある。
 と、ここで淳于髠が撤退。
 またしても他流派の達人に新川で鍛えた本気を見せることが出来なかったことが悔やまれる。
 ナマズの徘徊を見ることが無いまま時間は経過していく。しかし、バイトの感触を得る回数が増えだし、遂に重さを伴うバイトが出るようになる。
 ジャンプする魚体を見てバスであることを確信。
 ニゴイでも、というつもりのところへスモールマウスなら上等、と喜び寄せてみれば、スモールマウスよりも嬉しいシーだった。
 バイトが続いたのはごく短い時間の間だけであったが、アタったとかバレたとか、そんな話の末、2匹のキャッチに成功。
 今年も達成者になれた喜びにより、対岸から見てもわかるほどカッコ悪いキャストを見られなかった寂しさを忘れることが出来たのだった。

 一方、公孫戍はその後2匹のスモールマウスを追加できたとのこと。
 雉学議論は出来なかったものの、それぞれが釣り廃人としての務めを果たせた上出来の日になった。

 ※マー語

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

ファッキンビッチドロップシット

 5月13日。

 今日は公孫戍が昼過ぎからなら登戸に行けるとのこと。
 ちょうど起きたときのことだった。
 近所からお囃子の音が聴こえていたので、まだ朝かと思っていたが、時計を見れば既に昼時になっていた。
 真理とか天理とか、世の中には実に様々な理があるものだ。
 感心している場合ではない。
 せっかくの休日にワークを怠るなどあってはならないこと。釣りをしない釣り廃人など、捕食を行わない修羅のようなものだ。

 もうひとつの降臨跡に入る。
 もう一面にアユの姿が見えていてもおかしくない時期に入っているが、魚食魚を寄せる力があるのかも怪しい稚魚の群れしゃベートになるような生き物が見えない。
 コイ以外には、ニゴイ、婚姻色の鮮やかなウグイを見ることが出来た。
 たびたびCD3にニゴイのバイトは出たがアタったとかバレたとか、そんな話に止まる。
 おそらく、えげつないほどに散らし鈎を付けていたなら取れていただろう。どんなにえげつなく見えてもバーブレスフックなら魚に優しいらしいが、これはどうか。
 カエシがあるかないかより、釣れた魚を乾いた地面の上に置いたり、長い間空気中でこねくり回しておいて、釣れた魚を優しく扱う、はないのではなかろうか。
 感情としての優しさを発揮することより、再生産を妨げない処置を考えることの方がキャッチ&リリースに於いて重要だろうと思うのだが。
 果たして今日は対岸から見てもわかるほどカッコ悪いキャストを見ることが出来るのだろうか、とキャストを続けていたところ、公孫戍より「おめえどこ居んだよ!」の伝説三輪式でブチキレつつ釣果を添付する粋なメールが届いてきた。
 ここで粘っても、CD3のフックを改良しない限り、進展は無いだろうということで、これを機に朕は登戸降臨跡へ移動することにした。

 降臨跡。
 かつて修羅が唱えた釣りという低レベルな競争の続くこの地で公孫戍に見える。
 朕が挨拶代わりに「やっぱワームですか…」と、汚ねえ唾を吐いたところ、先ほどの釣果はコアユで得たものだとのこと。
 状況にマッチするベイトはその時々で違うものと考える朕にはワームで釣れようが、トップウォータープラグで釣れようがどうでもいい話だが、伝説三輪氏には男らし~釣り♪と、高い評価をいただけることだろう。
 ここでもトップウォータへの反応は良く、日没近付く頃には「アタったとかバレたとか、そんな話は聞きたくねーんだよ!」と罵り合いながら楽しむことが出来ていた。
 しかし、出るバイトはいずれも遠慮気味にという感じで、結局水面で釣れることは無かった。

 突如水面の割れる音が立て続けにする。
 牛乳宅配ボックスを持った女が橋の上から何かを捨てている。
 この種の人間に権利など不要と考える朕はシャッターを切ったが、残念ながら個人を特定することはできなかった。
 この不届き者は、朕を睨みつけるなり川崎側へと去っていった。

 依然、風は上流側のフラットに吹き続け、いかにも魚がやって来そうな気がしていたが反応は得られず、小バスが居る、とカバーを打ち続けていた公孫戍が夜の釣果を得ていた。
 かくして、ノーフィッシュに終わった朕が「でもよお、公孫さんは新川では釣ったことないよな。大したことねえなあ…オォーイ」と、伝説三輪式で泣きキレ、この日は終了となった。

 ※マー語

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

狸雉

 5月12日。

 聖人の不言の教え、一手間の心。
 昨晩のうちに一手間は済ませていたので、今日は釣場へ行くだけだ。
 日中の気温がここまで上がるなら流芯しゃないだろうということで中野島堰下合流点に向かう。

 さすがに日曜日だけあってこの一帯もなかなかの釣り人。
 下流側の水門周りはいつも通り豊富なベイト。天敵の寄り付かない場所で修羅が捕食できていることを願う。
 先週降臨された伝説三輪氏のことより、今は目先の釣果だ。
 時間を置きながら、決まった範囲でのスモールマウスの捕食が見える。スモールマウスばかりではなく、コイやニゴイと思しき捕食も起こっている。
 目に見えるベイトは貧相だが、案外ベートは豊富なのかもしれない。
 ここで正解だったかと思い続けていたが、ニゴイのアタったとかバレたとか、そんな聞きたくもねー話があるのみ。
 17時の鐘が鳴り、ここを諦め、狛江高校下のシャローフラットへ移動しようとしていたところ、下流側でペンシルベートを投げていた釣り人が40前後のスモールマウスをキャッチしていた。
 聞けば、ペンシルベートに一度バイトが出て、二度目のバイトでキャッチ出来たとのこと。
 エリア選択は間違っていなかったが、やり方に問題があったようだ。

 狛江高校下。
 韓流ポイントに夏侯章が見えていたが、風はこちらのフラットに吹きつけているので、主君への挨拶は電波で済ませ、このポイントで心中することにした。
 降臨跡は驚くほどの人の少なさ。もしかしたら今日も降臨があって、日中のうちに皆食い散らかされてしまったのかもしれない。
 狸島にミュージシャンは居たが、ただのミュージシャンのようだった。
 岸際の激浅箇所にスモールマウスがベートを追い込むのを見ることはあったが、それ以外は何も見えないまま時間が経過。
 20時も迫り、復路のとりあえずのキャストにナマズのバイトは出たが、因果関係を見出せない状況での出来事だっただけに、ただキャストを続けた末の釣果を望まぬ朕はここで諦め納竿とした。

 一方、韓流ポイントで嬴氏ランガンをしていた公孫戍と夏侯章といえば、夏侯章がかろうじてペケニシモのスモールマウスを1匹キャッチ出来ただけだったとのこと。
 我々釣り廃人には残念な一日だったが、修羅には喜ばしい結果に違いない。

 ※マー語


テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

常在伝説

 5月11日。

 ここへ至るまでの間、あの修羅でさえ降臨して来られたというのに、朕は彼の地へ行く機会を逸し続けていた。
 釣り廃人という称号をちょうだいしておきながら、名付け親にその名に恥じぬ行動を見せてやれなかったのは残念としか言いようがない。

 朕はそんな体たらくだったが、合間、サマナたちはしっかりとワークをこなしており、大型連休最終日に公孫戍が、伝説三輪氏には手も足も出なかった登戸でスモールマウス2匹とナマズをキャッチしていた。
 ナマズに至ってはドッグXへのヒットである。
 朕がナマズには使えないと言っていたベイトへのヒットだけに、このことが修羅の知るところとなったら、きっとぐるぐるパンチで襲い掛かってくるに違いない。
 伝説人、雉族にありがちなのは、体験したレアケースをしてそれが全てであるかのように括ってしまうところだ。

 その後日、中野島堰上で公孫戍が5匹のスモールマウスをキャッチしたとの報が入る。
 釣れない言い訳の巧みな人はこれまでに多く見てきたが、実際に釣るのが巧みな人はめったに居ない。
 また、ライトリグを投げている釣り人は多いが、ライトリグが高確率のメソッドであると体現できる者は少ないのが現実である。

 更に、かつては大先生とまで称されていた殺鯨鬼の紅蠍がいつの間にか蝦夷地に渡っており、ネイチブのイトウをキャッチしていた。
 使用ロッドはこの綽号の元となったスコーピオンではなく、ジャクソンのシーバスロッドだったとか。
 たくさん釣れたというわけでもないが、宗谷の川に立ち、かつて元祖伝説人の言っていた「オレはよお、釣れなくてもフィールド立ってルアーキャストしてるだけで満足なんだよ」の境地に至ることが出来たとのこと。
 釣れたベートはリッジとジョイントCDのみだったというので、他のラパラは試したのかと訊いたところ「カウントダウンだってさんざん投げたさ!でも釣れなかったんだよ!」と、伝説三輪式でキレられてしまった。

 釣行可能な日をハンドルのがたつきに起因する振動がシェイクするたびにグリップで増幅されどうにもならなくなるぐらいどうにもならない眠気に冒され潰してしまっていたうえに、他人の釣果を見せつけられからストレスを溜め続け、ようやく迎えたこの日。
 当初は対岸から見てもわかるほどカッコ悪いキャストを探して回るつもりでいたが、出遅れてしまい、あちこちと移動して歩く釣りは取りやめ、登戸エリアに留まる展開となった。

 降臨跡に伝説三輪氏の姿を見ることは無く、ビガロを見るのみ。
 猫肉骨粉劇場は開かれていなかったにもかかわらず、何故か土手に寝そべりオペラ座を窺っている歯抜乞食。
 休日の登戸は今日も変わらぬ賑やかさだったが、釣り人の数は信じられないほど少なかった。四十歳童貞男のいうとおり、立日橋エリアでスイムベイトでも引いて殺されてしまったのか。

 韓流ポイントで公孫戍、夏侯章と合流。
 いつものように先輩史官と雉学論を戦わせ、聖人と被剥問答を行い魂を清める。
 結局、朕はこの日スモールマウスを2匹キャッチ。
 公孫戍は5匹のキャッチに成功していた。
 だけでなく、また夜な釣果も得るという完全ぶり。
 「やっぱワームですか…」な内容ではあったが、そんな唾には「ワームで釣ったのがそんなに不満か?ハードだってさんざん投げたさ!でも釣れなかったんだよ!」と、伝説三輪氏のように泣いて激昂すれば良いだけのことである。
 最後に、この日はアタったとかバレたとか、そんな話のみに終わってしまった夏侯章が「おめえらは一軍、オレは二軍、そういう考えやめねえか。オレたちそもそもそういう付き合いだったか?」と、修羅のように泣いて噛みとぅいてきたところで解散とした。

 ※マー語

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード