fc2ブログ

革のドン・キホーテ


 10月18日。

 好き嫌い別れるバサラだが、とにもかくにもネトウヨ系レイシストでないことがはっきりして安心したこの日、漆園筆頭御皮番の公孫戍より、今日は釣りという低レベルな競争に参加できるとの連絡が入る。
 それならばどちらも行き易い登戸で合流しようということになった。
 例によってハンドルのがたつきに起因する振動がシェイクするたびにグリップで増幅されどうにもならなくなるぐらいどうにもならい眠気を覚えてはいたが、日没の早い今、早めに出ておかなければ視界の利く時間帯のキャスト練習が出来なくなってしまうので帰宅後昼寝をすることなく貧乏長屋を出た。

 修羅のベイトもフィッシュイーターのベイトも見えない降臨跡をやり過ごし、韓流ポイントに入る。
 まずは様子見、と手マン、ケーポップを流していく。
 粒ほどの小魚の群れは多く見られたが、ルアーの大きさに見合う小魚は少なく、ルアーへの反応も無い。
 そして反応も無いのにキャスティングそのものが楽しいというのも事実であった。
 バンディットのクランクベートは泳ぎは優秀でも飛びではDTに及ばない。同じ泳ぎの良いシャロークランクでもバンディットはカバーに強く、DT4は弱い。
 ルアーじゃ釣れないからワームを投げる釣り人というのはただベイトを水に入れてるだけのことで、ワームもルアーであることを知らない。
 ルアーとはシチュエーションベイトなのだから、現状に合った選択が出来なければいかに餌らしく見えるルアー…じゃなくてワームを入れたところでそれは不自然な異物でしかない。
 釣りバカはありでも、バカが釣りをするのは無しだ。
 釣りの醍醐味はキャスティングにあるとは言いながらも、9センチミノー投げてるだけで楽しい!というわけではない。

 草人が薨じた新川河口まで来る。
 風の影響を受けにくい穏やかな水面、手頃な川幅、オーバーハングやポケット、そしてステージまで用意されていた。
 ミラクルキャストの練習にはうってつけのロケーションである。
 ここで釣れれば新川で釣れたことになり、修羅の前で恥じることのないひとかどの釣り師になれようというところだが、ここには小魚しゃへえってきてないし、そもそも練習用のベイトにはフックを付けていない。
 気持ちよくキャストも決まるようになり、人が来てるのも気付かないでばぁんばぁんキャストしていたところ、
 「おめえどこ居んだよ!
 と、公孫戍より連絡が入る。
 ミラクルキャストはここまでとし、来た道を引き返していったところ、ケーポップに公孫戍を発見。
 「ちわ」
 朕はどれほどやり込められても絶対に負けたことにはならないナマズラリーなまず魚釣り式で到着を報せた。

 修羅は当然ながら、新しい覇者も来ない平日に期待できるプレミアは無い。
 かつては歯抜乞食主催の猫肉骨粉劇場が開かれていることもあったが、新たに仲間を作ってはことごとく追放され、せっかくこしらえた新居も日中はいつも他人に占拠されていて寛ぐことが出来ない。
 歯抜乞食は憐れなのかそれとも身から出た錆なのかを論じ合いつつ、人が来てるのも気付かないでばぁんばぁんキャストした結果、朕がシーバスをキャッチする。
 スモールマウス狙いのードではあるが、純淡水域のシーバスにはスモールマウス以上の喜びがある。
 公孫戍は「ああ、そのサイズかあ」と、イイ匂いで朕の功を称えた。
 シーバスがうろつき回っているようでは他の魚は天敵の気配を察した修羅のごとく縮こまっていることだろう。一方でこのシーバスが抜かれたことによって他の魚たちへの抑えは取り払われたという可能性もある。
 ということで改めて人が来てるのも気付かないでばぁんばぁんキャストしてみたが、その後は音沙汰もなく、寒さも堪えるようになってきていたので撤退することにした。

 ※マー語


スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

わだち充

 10月16日。

 君似が御出でになるというのなら、御前で華麗にミラクルキャストを決めておぼえめでられておきたいものだ。
 まずは自転車を直しに行く。
 これは全てが終わっている人生にあって、せめて釣りという低レベルな競争だけは続けられる肉体を維持しようという気持ちの表れである。
 自転車が直り、軽い昼食を済ませたのち貧乏長屋を出る。
 タックルはスピニングより格上のベイト、PEに組んだラインシステムでイイ匂いも漂い、釣果とは関係なく勝っている。

 鉄の自転車は軽快さとは程遠い乗り物であり、自転車のような希少価値も無い。
 何の取りえもない鈍重な自転車ではあるが、肉体に負荷をかけるという意味ではちょうどよいのかもしれない。
 登戸の方角に五色の光彩は見えず。
 或いは曇り空が雲気を見難くしているだけなのか。
 どうにも天子の気を感じないということは、すなわち君似はおかんむりであると思って良いだろう。

 登戸入りしたところ、オペラ座下に公孫戍を発見。
 やはり君似はいらしていない。
 曇天で今にも降り出しそうな空ということもあってか、土曜日でありながら人は多くはなかったが、修羅が捕食を行うには十分な規模のベイトは集まっていた。
 「ちわ」
 伝説っ気の無い今日のような日はナマズラリーなまず魚釣り式に限る。
 そして君子たる者は常に礼に欠くところは無いのである。
 とはいえ、君似がいらっしゃらなければ常日頃から俗人が感じている被剥の謎を解くことは出来ず、加えてこの場所は釣れない言い訳用に持ってきた、こんなの投げてるからなかなか釣れないんですよ系タックルには手狭過ぎる。
 ということで降臨跡の人が捌けるまで伝説以外の登戸の興亡について論じ合って過ごした。
 やがて光量が落ちてくる頃には降臨跡に人が来てるのも気付かないでばぁんばぁんキャストできるだけのスペースが出来ていたことにより、ここで「お疲れえ!」と伝説三輪式を決めてひとまず解散とし、朕は降臨跡に向かった。

 降臨跡のベイトは少ない。
 ここでいうベイトとはアユやオイカワの他、諸々の小型水棲生物のことである。
 ひとまず観察を兼ねてのミラクルキャストの練習だ。
 7フィート、ヘビーアクションのロッドと1/4オンススイムジグの組み合わせでは6フィート台のロッドと練習用ルアーの時のような軽やかな水切りはできなかったが、低弾道でスポットに滑り込ませるキャストは可能だった。
 しかし、キャストを重ねていくうちにトレーラーがずれてしまうのはワーム素材の問題なのか、腕の問題なのかというところだが、間違いなく後者が原因だろう。
 朕は自身が新川で釣ったことのない大したことねえやつであると自覚しているので、これまでに正解はやり尽くしてきたという三輪氏のように、上手く事が運ばぬからといってそのプライドがずたずたにされてしまうこともなく淡々と継続していくことが出来るのである。
 水面の様子を観察しているうちにベートの濃淡も見えるようになってきて、ここに居て機を窺うより、狸島湾口の瀬下を狙った方が良いのではないかと思えてくる。
 朕はリトリーブスピードに関しては状況に応じて適宜変えはするが、ナマズラリーなまず魚釣りのように特に気を遣ってはいない。
 気にするのは魚はどこに居るのか、どこを通るのか、捕食が行われるのはどこか、そこに掛かるプレッシャーはどんなものか、流れと風向きのどちらを有力視すべきか、カバー要素を成すストラクチャーはいずれか、月齢と目前の現在の環境ではどちらが支配的か、相対的に見て上昇・安定・下降のどこにあるのか、といったところであり、リトリーブスピードのことに気を遣うのはこれらの中に確信を得られるものを見つけてからである。

 ポンスキーロードに来たところ自転車はやはり無かった。
 小雨がぱらつくようになってきているので、今日はラリーは開かれないと断言できる。
 狸島ワンドの瀬周りを打てる一帯に道を拓いて進む。
 いつか君似がこのエリアに興味を示されることがあったなら歩かれるのに難儀せぬようにとの配慮である。
 御皮番とは、主君が万事滞りなく事を為すための下地作りを行う尊い役職で、朕は末席を汚しているだけとはいえこの職に就けたことを誇りにしている。
 途中雨に降られながらも人が来てるのも気付かないでばぁんばぁんキャストを続けていたが、結局ナマズだと確信を持てる反応を得られることの無いまま時間が経過してしまったので、肌寒さを感じてきたこともあり撤退することにした。
 早上がりとなってしまったので修羅には「おめえには根性が無え」と罵られてしまいそうなものだが、たとえ根性があったとしても釣れる要素が欠如しているのがわかっているところで続けることなどできようか。
 今、ここでは釣れないと言おうものなら、三輪氏は「おめえ何でそんなことがわかるんだよお」と、泣いて噛みとぅいてくるだろうが、そんなこともわからなかったから「オレはこれまでに正解はやり尽くしてきた」という割には初心者レベルの釣りしかできなかったのだ。

 ポンスキーロードに戻ってみれば、やはり自転車は無いままだった。
 釣り廃人の朕でさえ夏の装いでは耐えきれず逃げるほどの過酷さなのだから、ナマズラリーなまず魚釣りが開かれないのは当然のことなのだ。

 帰宅して、先ほど途中から見られなくなっていた新着のジムチャンネルを見直していたところ、公孫戍よりメールが届く。
 雨が降ってきたことにより撤退したのだが、中野島に来る頃には雨が止んだので、ちょっくら やってみますかな。自転車と中野島堰上に入ってみたところ呆気なくキャッチできたという。
 〇回連続ボーズなし!は途切れることがない。
 新川で釣ったことがない大したことねえやつが多摩川で毎回バスを釣っている。
 新川で鍛えたことを自慢にしていた根っからのバサーは、新川で釣ったことのない格下のバサーの功に対してどんな汚ねえ唾を浴びせるのだろうか。
 想像しただけでわくわくしてくるのだった。

 ※マー語



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

汚物団の多摩川♪

 10月15日。

 平日に釣りをしているところはもうひとつの伝説に見られたくないものだが、今日に限ってはその危険を確実に回避できる。
 というのも、昨日公孫戍がドブで釣果を得ていた折、伍挙ごきょに会い、中野島堰下に魚が溜まっているポイントがあったことと、そこへのエントリー経路を聞いたので、今日はそこへ行ってみようという話になっていたからである。
 あの一帯は完全にもうひとつの伝説の勢力圏外なのだ。
 この日もいつも通り、ハンドルのがたつきに起因する振動がシェイクするたびにグリップで増幅されどうにもならなくなるぐらいどうにもならない眠気に苛まれてはいたが、明日は休日なので少々無理をしても問題なかろうと寝ずに現地を目指すことにした。
 タックルはスピニングより格上のベイトだが、ラインはトライリーン・ビッグゲーム25lbをフルに巻いたラインシステムであるため100%勝っているわけではない。
 但し、今回入る場所は伍挙が推奨したポイントなので、たとえこちらがヘボいがために釣れなかったのが真実であったとしても、この情報を提供した伍挙に対し「おめえが良いって言うから来てみたけどよお…釣れねえじゃねえか!」と伝説三輪ギレすれば己のヘボさ加減をうやむやに出来るのでこれを足りない50%分の担保にすればいい。
 かくして精神勝利法に揺るぎが無くなったところで貧乏長屋を出る。

 中野島到着。
 三沢川河口部には多くはないながらも大型化したアユの姿とオイカワらしき無数の波紋が見えていた。
 スピニングタックルでルアーを投げている者が居たが、何を狙っているのかはわからない。
 ルアーを水に浸けているだけの釣り人や、ルアーじゃ釣れないからワームなんていうような手合いをよく見るのが多摩川淡水域である。
 まずはミラクルキャストの練習から。
 この日は56Mのショートロッドを使っていたのでスキッピング、バックハンドキャストは気持ちよく決まっていたが、相変わらず左手キャストはもうひとつの伝説のキャスティングよりはまし程度にしか出来なかった。
 とはいえ功夫とは薄皮をじっくりと貼り重ねていくことなので焦ることはない。
 ミラクルキャストの練習に一区切りついたところで中洲へ向かう。

 伍挙のいう径とはどれなのだろうか。
 迷いながらも本流岸に辿り着く。
 本流にベイトの濃さは感じられなかったが、コイは方々で見える。
 下流側にある合流点より魚が多いのは確かだ。
 この太い流れの中にバスやナマズは潜んでいるのだろうか。跳ねるアユは時折見えるが、この程度の規模では確信が持てない。
 これからどう進めていくべきか悩んでいたところ、
 「おめえどこ居んだよ!
 と、公孫戍より伝説三輪式で呼び出しがかかる。
 どうやらここより下流の方に来ているらしい。
 数年前にここに通っていた頃はもっと歩き易く、藪に道を通したりもしていたものだが、今はあの頃のような容易さが無いので公孫戍が見えてもなかなかそこに辿り着けない。
 靴の中に入って来る塵芥に堪えながら進む。

 「ちわ」
 朕がナマズラリーなまず魚釣り式を用いたのは先ほどの伝説三輪式に対する返礼である。
 徳うすい聖人君似の側仕えの者たちではあるが、せめて礼だけは弁えておこうと努めているのだ。
 さて、伍挙が推奨したであろうポイントの構成は上流側のポイントと似通っていたが、こちらの方がカバーが多く、アユが多い年であったならば間違いなく流心絡みのカバーに大型のフィッシュイーターが陣取る様相を呈していた。
 川が正常な状態であればバス、ナマズ、ニゴイ、コイの順で功の大きさが異なるのだが、マフィアどもに荒らされた傷痕から回復しきっていない今ならどんな魚でも値千金の価値があるというもの。
 加えて我々は釣れるなら何でもです!ともうひとつの伝説と志を同じくしている。
 とにかく釣りたい一心で人が来てるのも気付かないでばぁんばぁんキャストしたところ、公孫戍がスモールマウスをばらし、朕がナマズをキャッチする。
 朕は最新のテクニックや業界のトレンドのことは知らなくとも、道具の適材適所に関する知識はいささか有しているので、もうひとつの伝説のように「下に投げないとルアー泳がないから」といって何年も釣れない釣りを続ける必要が無い。
 
 陽が落ちて来る。
 対岸の照明が消えないうちに復路を見つけておかねばということで、伍挙のポイントから離脱する。
 中野島堰に戻って解散というつもりでいたが、それでは公孫戍の〇回連続ボーズなし!の伝説三輪式が継続できない。
 そこで「釣るまで帰らん!お前も付き合え!」と伝説三輪式を発動させ、ルアーもラインも外してしまった朕は公孫戍からスピニングタックルを一丁借り、堰上エリアを探っていくことになった。
 朕にとっては苦手なライトリグの釣りではあるが、やりようによっては速い釣りも可能だということで、朕は高比重のエンジンイモをもらい受け、バスがベイトを追い込みそうなところ、生物の波紋が見えたところへ次々とフォールさせていった。
 しかし所詮捉えどころのないままの釣りでは集中力が続かない。早々に飽きてしまい、腹が減ってきたこともあって朕は一足先に撤退することにした。
 明日は聖人君似が登戸まで御出でになられるかもしれないとのことなので、朕は自転車の修理が済み次第行くといって中野島を後にした。

 さて、貧乏長屋に戻り、明日のために聖人君似の不言の教えである一手間の心を実践していたところ、公孫戍よりメールが入って来る。
 〇回連続ボーズなし!を逃してしまっては「釣れないやつの気持ちがわかったか!」と、涙混じりの汚ねえ唾を浴びせられる恐れがあるので、最後はドブに入り新川で鍛えた本気で挑んだところ呆気なく釣れたとのこと。
 朕は、公孫戍の〇回連続ボーズなし!を継続する技量に敬服すると同時に、在野のテクニシャンたちがいかにここで意味の無い超絶テクニックを弄しているのかを知るのであった。



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

暁のバイヤー

 10月11日。

 ミラクルステージを目指すなら、左手でのキャスティングにも熟練しておくべきだろう。
 功夫とは薄皮を貼り重ねていくかの如くという。
 踏み出しは稚拙でも、反復稽古でいずれは様になってくるものだ。
 ということでこの日はASR・トラウトにコンケスト100を載せ、ミラクルキャストの練習をしつつ、釣果も求めてみようと希望の中洲に向かった。

 ポンスキーロードには自転車が無かった。
 まだ16時を少し過ぎたばかりなので当然のことか。
 希望の中洲まで来てみれば網打ち師が二人も浸かっていた。そのインパクトはこの水域のキャパシティを上回るものだと思われるが、浸かるルアーマンには神経質になる朕でも違う世界の住人のことは気にしていない。
 彼らが活動している間はミラクルキャストの練習をするだけのことである。
 かくして人が来てるのも気付かないでばぁんばぁんキャストしていたところ、予期せぬことが起こる。
 何と、コンケストのレベルワインダーのガイドリングが脱落してしまったのだ。これこそまさに、伝説三輪氏言うところのジャネットジャクソン現象である。
 こうなってしまっては手先が高倉健の朕が対処できるはずもなく、面倒ではあるがいちど貧乏長屋に戻り、リールを換えることにした。
 聖人君似の不言の教えはこんな場面でも生きている。

 再びの希望の中洲。
 リールはシマノとダイワしゃ使わない朕だが、どちらかというとシマノ派である。
 これはミラクルジムのファンだった最初のルアーフィッシングの師匠、伝説王倫氏の洗脳効果なのか、単に使用感の好みによるものなのか自分でもわかっていない。
 かくして、エクスセンスDCに載せ替えたタックルで人が来てるのも気付かないでばぁんばぁんキャストする。
 ラインはもちろん、PEに組んだラインシステムでイイ匂い♡も漂うようになっている。
 ASR・トラウトはライトアクションで非常に柔らかいためかミラクルキャストの切れは悪いが、軽いベイトが投げ易かったり、バイトを弾きにくいという長所もある。
 道具の使いこなしが深まっていくのは釣り廃人としての快楽のひとつだが、9センチミノー投げてるだけで楽しい!境地にあっても、ターゲットの気配を感じられなければキャスティングを続けたところでただの徒労でしかない。
 ベイトの規模はナマズを寄せるのに十分に見えるが、点と点を繋ぐ何かが足りないのだ、ということで釣果を諦め納竿することにした。

 ポンスキーロードに戻ったのは20時頃。
 風を切れば肌寒さを感じる夜になってはいるが、まだ寒さが堪えるまでにはなっていない。
 そんな夜であってもまだ自転車は無いままだった。
 或いは、未だかつて経験のない、新しく作られていく「習慣」にも慣れて、ラリー開催の時間帯も変わったのかもしれない。

 ※マー語


テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

殺ーレンソーラス

 10月9日。

 秦明が貧乏長屋の近くまで来たとの連絡が入る。
 準備は万端だ。
 被せるべきか被らざるべきかと迷ったが、気温は高めだったので上衣は被せなかった。
 ホームレス公園では十月でも蚊に刺されることがあったので、念のため蚊取り線香も用意した。

 秦明と合流し、朕は第一声を「バァサラです!」と発した。
 「あいつ、村田大好きだよね」
 受けは上々だった。
 「強烈な愛情の裏返しだとか気持ち悪いこと吐かすバカ、ふざけてんじゃねえぞ」
 と、朕は返した。
 釣り関連のユーチューブ動画では現在バサラがいちばん面白い。
 最初は「コイツ何様やねん?」と思っていたが、今では新着動画を楽しみにするほど中毒している。
 チャンネル登録してやりたいところではあるが、メールアドレスを送ろうものならろくでもない迷惑メールが主催者側からどんどん来るような気がするので躊躇している。
 登録者数が一万を超えることなどあるのだろうか、などなど…。
 車中の会話は伝説のことよりもバサラのことが上回るという信じがたい現象が起きていた。

 かつては修羅を除いては、初心者でも釣れていた川崎ドブ。
 今でもその状況は変わっていないだろうが、当時でも十分世知辛かった都心部の海の世知辛さはまた一段と悪化している。
 多様性などと連中は謳っているが、その実、寛容、柔軟性といった人間社会の美徳は失われていく一方である。
 小島新田に入ってみたところ、ベートフィッシュの規模は十分だったものの、シーバスとはリンクしておらぬかのよう。この人工ワンドにシーバスが入って来ているのかどうかの判定を下すには釣れるかの実験発祥の護岸を見てからにするべきだが、例によって入れず。
 ならばとおめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!発祥の地、ホームレス公園はどうかと移動してみれば、わずかな駐車スペースには大型トラックが鎮座しており入れず。
 もう入れる所は、構成的に魅力乏しくとも大川緑地ぐらいしゃ無いのかとようやく辿り着いた公園入口には釣り禁止の掛札…。

 結局この日はバサラの話をするために時間を費やしていただけのようだ。
 釣り廃人を満喫するなら田舎暮らしの方が良いのだろうが、労働者としてしか生活できないのであれば地方での生活は苦痛の方が多い。金銭的な不自由に縛られている限り、朕にとっては東京暮らしの方が多少は楽なので仕方のないことなのか。
 ドブシーバスの楽しみの一つにラーメンか中華料理というのがかつてはあったが、ナマズラリーなまず魚釣りいうところの、新しく作られていく「習慣」とやらのせいで、夜の飲み食いもままならず「メシなんて食ってられるような状況か?」と修羅のように泣いて帰ることになってしまった。

 ※マー語




テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : ルアーフィッシング シーバスフィッシング

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード