FC2ブログ

犬で何が悪い?犬だがオレは稼いでる!何事も稼いでこそだ! 『葉問3』より

 9月9日。

 夜間にから雨が降っていたので降臨跡のテトラ帯が生きてくるに違いない。
 今日こそ“PEに組んだラインシステムだからこそ獲れる1匹”を得られるかもしれない。
 実際、そのラインシステムとは一体どんなものだったのかだが、イイ匂いが漂わなくなった今では知る術も無い。そこで、自分なりに考えてスピニングリールに15lbリーダーを長めに結んでみた。
 出掛けようとしていたところ、公孫戍より、降臨跡の護岸が水没しているとの連絡あり。詳細を確かめようとライブキャメラを見れば、確かに護岸まで冠水しているようだ。
 海ドブまで行くことを考える。
 しかし、潮の動きが微妙な感じだし、日本は嬉々として欧米に尻尾を振る国家であるため徒に敵を抱えることになってしまい、港湾部には要らぬ規制が入ってしまっている。
 そう思うと海ドブ行きに二の足を踏んでしまう。
 ドブといえば中野島のドブはどうだろう。
 あそこは朕の苦手な釣りを強いられる場所であり、ナイスサイズは2匹しか居ないとか、PEに組んだラインシステムでわざとルアーをスタックさせてリアクションを狙うとか、逆さ付けしたドライブスティックを落とすとか、ここでの釣果はフォロワーサンがフォロワーサンに調査を依頼した結果虚偽であることが検証されたりとかで、容易ならざるエリアである。
 しかし、港湾部のような不快な縛りが無いのはありがたい。
 ということで、PEに組んだラインシステムは無駄になってしまうが、久しぶりに中野島ドブに行ってみることにした。

 水が減ったと聞いてから寄り付かなくなった場所だが、その後もフォロワーサンやら釣り人やらがちらほらと見られていたという。
 魚の入れ替わりがあったのかに関しては望み薄だが、水位の上昇や濁りで警戒は薄まっているかもしれない。
 プレッシャーにきわめて弱い場所であることは昨年さんざん思い知らされている。ここは慎重の上にも慎重なアプローチを、と最下流部からじわじわと行くつもりだったが、上流から短パンモモヒキが現れ、あっという間にこちらまで踏破してきてしまった。
 回復するのかどうかは不明だが、しばらくここは動きを止めて大人しくしているしゃない。
 フォロワーサンたちはそれほど攻め込んでいなかったのか、草が昨年と比べ物にならないぐらい繁っている。魚はカバーを得やすいだろうが、とにかく釣りのし難い状態である。
 手を束ねていたところに公孫戍が通りがかる。
 帰宅途中で、十分後に来るとのこと。
 公孫戍が来るまでの間にじりじりと上流側に進んでみるが、反応は得られず、すぐに公孫戍がやって来る。
 ダムサイトの様子を見てみようという話になり、その前に、いつも同じ釣り人が来ているという排水口トンネルを打ってみようと公孫戍がキャストしてみたところすぐに反応が出る。
 ここは修羅のように「突き落としてやろうか」と泣いて凄むべき場面であるが、施しの写真を得られたことを喜ぶ朕であった。

 ダムサイトは何度か入ったことがあるものの、どうにも当て所なく、朕の苦手なポイントである。
 しかし、ここでは実際にバス、ギル、ニゴイのみならずオヤニラミまで釣れている。
 今日はどうなのかわからないが、魚を寄せる力を持つポイントなのだ。
 とはいえ、この濁りでは普段以上に当て所なさ過ぎる。
 日没まで過ごしてみたものの、結局何事も起こらなかったことにより改めてドブに入ることにする。

 再びのドブ。
 足元でも捕食が起こるほどナマズが活発に動き回っていたが、ルアーへの反応は無い。この水路に居ついてあらゆる危険を学習してしまった魚なのだろうか。
 「おめえが良いって言うから来てみたけどよお、釣れねえじゃねえか!
 「オレだってちゃんとやってるよ!
 伝説三輪式の応酬を楽しむも、一向に進展が無いことと、公孫戍が蚊の猛攻に苦しめられていたことにより終了とする。
 終始蒸し暑い日であった。
 気分転換のためにコーヒーとジャズでも、という話になるが、残念ながら朕はジャズには興味がないのであった…。
 かくして「お疲れえ!」と、無駄に勇ましい伝説三輪式を決め、解散となった。

 ※マー語

スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

雲散霧消

 9月8日。

 ○回連続ボーズなし!どころか連続ノーフィッシュ。
 釣れるフィールドへ逃れたいところではあるが、金も無ければ女も居ない負け組釣り廃人であるため、多摩川しゃ行きようがない。
 今日は台風で大荒れとの予報が出ていたので撤退の楽な登戸に入ってみることにした。
 日曜日であるが、もはや登戸名物の改造三輪車は見られないだろう。しかし、登戸にはもうひとつほぼ常在の名物がある。

 と、オペラ座前に来てみれば異変。
 何と窟は消失し、歯抜乞食の居住空間は完全に封鎖されていたのだった。
 昨日今日に起こった話でもあるまい。
 今頃歯抜乞食は何処の野天を彷徨っているのだろうか。
 その後を綴ろうとしていた猫肉骨粉劇場はいつの間にか閉幕していた。
 川岸に下り、スピナーや相羽プロップで一流ししてみたものの、小魚が数匹付いてくるのを見るだけで、バスの存在を感じさせるものは見えなかったので、南風の吹きつける降臨跡に移動する。

 降臨跡。
 修羅にとって絶好の捕食ステージであったこの場所も、今はわずか一人の釣り人が居るのみ。
 ボラやアユが見えていたので、表層系のベートを一流ししてみたが追う小バスの姿さえ見えなかったことにより捨てる。
 もしかしたらバスはいるのかもしれないが、何の兆候も見られないなら朕にとっては居ないも同然である、ということで風向きとは逆になるが水塊の大きな韓流ポイントに行ってみることにした。

 韓流入りしたところ、ケーポップに公孫戍。
 「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!
 公孫戍に昨日の話を聞く。
 花火の音で涌き上がるベイト、台風接近による気圧の変調、そういったものが普段口を使わないバスに作用したのではないか、と推察する。
 居ないわけではないのだから、と始めてはみたものの、やはり朕には捉えどころが無く、本当にここで良いのだろうかという疑念が湧いてくる。
 この後所用が控えているという公孫戍は「お疲れえ!」と無駄に勇ましい伝説三輪式を決めて撤退。
 朕は残って続けるが、やはりここではないという印象に加え、実際に反応をまったく得られなかったことにより、いらいらを募らせるばかりになってしまった。
 これならば宇奈根の方が集中力が続くかと移動を考えたりもしたが、途中で雨に降られたら厄介だということで「釣れなくても関係ありまっしぇ~ん」と、修羅泣きしての撤退となってしまった。

 ※マー語

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

張天志のその後が観たい

 9月7日。

 アカメを釣りたいと言って遥か越百の国まで渡った成増花和尚の紅蠍。
 これに比べれば修羅の見せた冒険心などスズメのチンポ汁に等しい。
 かくして冒険心は実を結び、蝦夷地でのイトウに続き、南蛮でアカメという快挙を遂げ、仲間内で大先生と呼ばれていただけの伎倆を見せていた。
 大先生とはどんな人か、については王羽ジミー・ウォン叔父貴の『片腕ドラゴン』を観るべしである。

 昨日は都合により釣りという低レベルな競争を取りやめなければならない事態が発生してしまったが、娑婆から逃れられぬ身である以上、諦めるしゃなかった。
 そして、からストレスを溜めて迎えた当日。
 まずは我が主君と先輩史官が来ているであろう韓流ポイントを目指す。
 修羅はぐれ者もなりを潜め、雉の寄りも悪い現在の登戸。それでも休日にここを訪れる人自体は多いので、野良猫に寄る者も中には居るだろう。その時こそ歯抜乞食の捕食の時だ。
 魚は釣れておらず、群を抜いて面白いものも見られなくなって久しいが、それでも多摩川は相変わらず楽しい場所なのである。
 新参の釣り人が好物の捕食者だったが、実はその大口に反してあまりにもヘボいことが発覚したことにより流された涙と吐かれた唾。
 登戸の面白さの礎は修羅が築いたといっても決して誇張ではないだろう。

 登戸入り。
 韓流に入る前に、もうひとつの登戸名物を。
 猫肉骨粉劇場は、かつて歯抜乞食とババ姫が興し、そこへジャイババやら、ババ姫目当ての猫好きを装った半作オヤジたちが加わり、勢力を拡大していったものである。
 そして半作ばかりだったはずのオヤジの中に、一人全作が紛れ込んでいたところから歪が生じ、ジャイババと歯抜乞食の確執が表面化していくのである。
 ジャイババの躍進にはイイ匂いの存在も外せないだろう。
 かくして全作とババ姫はいい仲になり、それでも半作たちはババ姫を慕い、ジャイババはイイ匂いに浮かれ、という中で歯抜乞食は完全に孤立していく。
 さりとて猫愛好家は後を絶たず、歯抜乞食の捕食は続き、新たに仲間を作って行くも、その度に孤立する様は滑稽そのものだった。
 そもそも、用賀に家があったり、宇奈根に家があったり、中野島の仲良くしている女の子のアパートに寝泊りしていても、猫たちのためにここから離れられないという設定に無理があったのだろう。
 ウォーターマフィアによる流域の分断が起こってからほとんど観賞できなくなってしまった、黒いびらびらを巡る場末のソープオペラの顛末を見てみようとオペラ座に入る。
 と、窟を見てみれば、まったく新しい顔ぶれが窟前に戯れており、猫肉骨粉劇場団員は一人も見えなかった。
 ひとつの時代が終わったのか、今日はたまたまなのか。
 いずれまた詳らかにしていきたい。

 韓流入り。
 手マンからケーポップにかけて歩いてみれば、十分な数の修羅のベイト。近頃では滅多にない捕食の機会を根性が無えばかりにみすみす逃しているのはいかにも勿体ない。
 一帯を歩いているうちに、公孫戍と夏侯章がやって来た。
 「ちわ」
 やっつけられたのにもかかわらず、オレは負けてねえつもりな言葉をもって挨拶とする。
 バスの姿は見えたものの場所を得た感じではないので、朕は主君との被剥問答や、先輩史官と野史の編纂をしながらルアーを水に浸けていた。
 漆園での評価と業界での評価の違いは何故生じるのか、答えは単純だ。
 金銭の絡む利害関係が支配する世界と、ただ徳を重んずる世界では当然のように評価は変わるものだ。
 野史の編纂は順調に進む。
 17時を迎える。
 聖人君似との別離は寂しいことではあるが、これまでに何の兆しも見えなかったことにより、朕は先日チェックしようと思いながらも面倒臭がって行かなかった宇奈根下流側の様子を見るため、移動することにした。

 宇奈根下流側は話に聞いていたより歩き易い状態になっていて一安心。
 ベートフィッシュの規模は申し分なく、地形に関しては、世田谷側からも見てみなければ断定出来るものではないが、今現在の夜のナマズを川崎側から狙うには良好な状態であるといえた。
 調布花火大会の影響が危ぶまれてはいたが、心配するほどには及ばず、日没後にバイトが出るようになる。
 とはいえ勢いを感じるものではない。
 これだけ条件が揃っていながらこの程度なのは月齢のせいか、他にも何か見落としがあってのことか。
 填められない以上、粘るだけ無駄だということで、韓流に残っているであろう先輩史官には「2ロスト、ノーフィッシュ!」と、アタリが出ただけマシと言わんばかりの不遜なアピールをして撤退。

 帰宅後、公孫戍より韓流ポイントでの釣果の報告が届く。
 公孫戍は40クラスを含む4匹、夏侯章が40クラスを1匹とスモールマウスをキャッチ出来たとのこと。
 朕は「やっぱそっちでしたかあ」と、ここは無いと言って韓流を捨てたにもかかわらず囀ってやった。

 ※マー語

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

唾を恐れず、唯だ修羅を怕れる

 9月4日。

 ナマズラリーは今年も絶賛好釣中なのだろうか。
 変わり目に入り、改めて新川で釣ったことのないやつの大したことのなさを思い知らされている。
 急下降というわけではないのだから、優良ポイントさえ見つけられれば普通に釣れる状況にあるはずだ。そこで今日は宇奈根下流側の様子を見に行こうと帰宅。
 ハンドルのがたつきに起因する振動がシェイクするたびにグリップで増幅されどうにもならなくなるぐらいどうにもならない眠気から覚めてみれば、公孫戍からメール着信あり。どうやら携帯が復旧したようだ。これから向かうことを返信しようとしていたところ、殺鯨鬼の紅蠍より「初めての場所は楽しいのう」と、伝説三輪式と共に四国からの写真が送られてくる。
 RCクランクへのヒットだというので「クロダイにクランクベイトはないよ」と、未満人の唾を吐いてやった。
 施しにはならないが、ページを飾る写真を得られたことに安心して貧乏長屋を出る。

 宇奈根に向かう道中、韓流ポイントに入る施恩を発見し合流。
 公孫戍に韓流に居ることを知らせ、韓流ポイントの様子を見てみることにする。
 特に釣果を期待できるものは見られなかったが、手マンで小バスらしき反応を得られたことにより、粘ってみようという気になる。
 公孫戍到着。
 前回、朕はシーバスを、公孫戍はスモールマウスを施恩に食らわされている。そこで我々は「新川で鍛えた本気を実釣をもってさんに示す!」と、集中力を発揮してはみたものの、日没迫る頃にはすっかり惰性のキャストとなっており、兆候も見えず、移動する気力も失い、はぐれ者に見られたなら「おしゃべりしてないで釣りしなよ!」とキレられかねない状態になっていた。
 漆園とその周辺、すなわち卑近な村里の話題に興じているうちに、気付けば20時。
 これ以上粘ることに意味は無いが、誰も釣れなかったではあまりにも寂しい。皆、泣きが入ってはいたが、我々には伝説の遺産がある。
 「釣れなくても関係ありまっしぇ~ん」を唱和しての解散となった。
 こんな有様ではその釣れなさにかけては安定の域に達していた修羅に「お前は釣果にムラがあるのう」と、馬鹿にされてしまうことだろう。




テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

あのペリカンみたいなアゴをへし折ってやるぜ

 9月2日。

 この日、施恩と公孫戍が韓流ポイントで合流するとのこと。
 魚が大きな水塊を求める時期まで朕には攻略不能、というわけで顔だけ出して宇奈根川崎側の様子を見に行くことにする。

 「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!
 韓流ポイントには公孫戍が一人居るのみだった。
 ケーポップにウルティモペケニシモのスモールマウスが見え、他の魚も見えていたが、やはり地ならぬ水の利を得た場所ではないように感じられたので、朕は施恩の到着を待たずして宇奈根の様子を見に行くことにした。

 川の流量自体が減り、水温が低下していく現在。
 水の溜まるところは活気が無く、流れの始まるところは水深が浅く魚が寄りづらいという具合なので、水が集まり流れもあるこの中間的なポイントはどうなのか、と覗いてみた宇奈根上流側。
 ペケニシモのスモールマウス、フッコ、ボラ、コイ、フナ、ナマズを見ることは出来たが、ベートとなるような魚は薄い。
 夕刻まであれこれと試してみるが、ベイトは薄いまま。ここに居ないのなら前の場所に戻っているのだろうか。これが行ったり来たりの時期の難しさだ。
 面倒臭くはあったが、上流域となる堰下狛江側に移動してみることにする。

 堰下のベートフィッシュは濃いとはいえなかったが、韓流、宇奈根に比べれば多い方だといえる程度に居り、光量が落ちると盛期には及ばずながらもその数を増やしていった。
 フィッシュイーターは寄るのかどうかについては微妙な量で、続行か撤退かの判断に悩みだす頃、岸際を徘徊するナマズを発見。ルアーを引いてみたところバイトはするもフッキングには及ばず。
 しかし、フィッシュイーターは来ているということで続行を決定。
 施恩よりメール着信。
 ケーポップ沖へキャロライナリグを飛ばしていたところ40クラスのスモールマウスをキャッチ出来たとのこと。
 「今日のオレの仕事は終了!」と伝説三輪式をかましつつ、次はナマズだ、ということでこちらへ来るという。
 自分が釣るべき魚を横取りされてはたまらない、ということで朕は気になる水面の変化をBフォロワーとスーパースプークJr(消音加工済み)で打っていくが反応は得られない。
 ここへ来るナマズの数自体が少ないようだが、それでもまったく可能性が無いというわけでもないので施恩が来るまで続けてみることにする。

 施恩到着。
 「おめえ何でもっと早く来ねえんだよ!」
 「オレだってちゃんと向かってたよ!」
 修羅ならこんな感じでキレるだろう的応酬をもって挨拶とし、朕が現在に至るまでの状況を語って顎をしゃくろうとしていた矢先、施恩、到着から二投目のキャストで魚を掛ける。
 何と、もう居なくなったよ、としゃくろうとしていたフッコサイズのシーバス。
 公孫戍はスモールマウスを食らわされ、朕はシーバスを食らわされたという次第。
 朕はそれでもオレは負けてねえつもりでいたかったので「施さんとは狙ってる魚が違いますから」と、汚ねえ唾を吐いてやった。
 自分が釣ったわけでもないのに、60を悠に超えるシーバスを見られたことにより、何故か朕も満足してしまい、施恩がナマズを掛け損ねたのを機に納竿することにした。
 きっと修羅の知るところとなったら「おめえはそれで悔しくねえのか」と叱責されるに違いない。



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : ルアーフィッシング 多摩川

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード